epohedimg001

環境省からのお知らせです。

平成30年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査の結果(確報値)について

平成30年度CO2排出

 環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度から「家庭部門のCO2排出実態統計調査」を本格調査として実施しています。
 今般、確報値※としては、2回目となる平成30年度調査の結果を取りまとめました。
この調査は、各世帯の世帯構成、住宅の建て方、電気、ガス等のエネルギー消費量や家電製品別の使用状況等、延べ496項目にわたって詳細に調査しています。
 調査結果の1つである世帯あたりの年間CO2排出量は、2.90 t-CO2であり、前年度から9.4%減少しました。この要因を分析すると、電気のCO2排出係数の改善や冬季の気温が高かったこと、省エネの進展等が挙げられます。
 この調査結果について、地方公共団体、大学をはじめ様々な主体に活用いただくことを期待しています。あわせて、環境省では、この調査を継続するとともに、対策強化の検討など、調査結果の更なる活用を進めていきます。

※速報値(令和元年9月30日公表)と確報値の差異は、主に使用した電気のCO2排出係数を更新したことです。詳細は「7.速報値との差異について」を御参照ください。

 

★詳細は下記ページをご確認ください。
https://www.env.go.jp/press/107858.html

 

環境省からのお知らせです。

「レッドリスト作成の手引」の公表及び次期レッドリストの作成について

環境省は、我が国の絶滅のおそれのある野生生物の目録であるレッドリストを作成するための手引として、「レッドリスト作成の手引」を作成しました。今後、環境省と水産庁は、本手引に基づいて次期レッドリストの作成を進めていきます。また、環境省では、次期レッドリストから、これまで陸域・海域で分かれていた検討体制を統合し、陸域・海域を統合したレッドリストを作成することとしました。

 

1.手引作成の経緯について

 環境省では、我が国の絶滅のおそれのある野生生物の目録として、平成3年より陸域の野生生物を対象としたレッドリスト(環境省レッドリスト)を公表し、これまでに3回の見直しを行ってきました。また、環境省と水産庁は、平成20年に閣議決定された海洋基本計画や平成23年に策定された海洋生物多様性保全戦略等を受け、これまで十分に評価されていなかった我が国の海洋に生息・生育する野生生物を対象とした海洋生物レッドリストを平成29年に公表しました。その一方、環境省レッドリストと海洋生物レッドリストはそれぞれに作成の基準が作成され、レッドリスト作成作業全体に係る基準が整理されていなかったため、このたび、次期のレッドリスト作成に向けて、環境省の「絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会」において、「レッドリスト作成の手引」を作成しました。

2.手引の内容

 本手引は、これまでの環境省レッドリストで作成されてきた評価対象、評価方法等の資料や、平成25年に海洋生物レッドリスト作成のために策定された「海洋生物の希少性評価における評価の基本的事項」、「海洋生物の希少性評価における基準適用手引」及びIUCNが作成した最新の基準適用ガイドラインを基にして、陸域及び海域のレッドリスト作成作業全体に適用できる基準となるよう内容を整理・見直ししたものです。
 主な基準の見直しとしては、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリスト評価と同様に定量評価を前提とすることや、準絶滅危惧(NT)及び情報不足(DD)の評価方法の明確化等が挙げられます。
 定量評価を前提とし、基準の適用の仕方を明確化することにより、定性評価を行っていた一部の対象種等について過去のレッドリストと異なる評価結果となる可能性もあります。

3.今後のレッドリストの作業体制について

 本手引に記載したとおり、今後選定・評価を行っていくレッドリスト(第5次環境省レッドリスト)は、本手引を基準として令和6年度(2024年度)以降の公表を目指して作業を実施していきます。
 その際、評価対象種のうち、水産庁が資源評価を行っている種又は多くの知見を有する種(鯨類を含む海棲ほ乳類、魚類、甲殻類、軟体動物等。海洋生物の希少性評価における基本的事項で定めた種を基本としつつ、水産庁が最新の情勢を踏まえて別途整理・決定の上、水産庁ウェブサイト上に掲載予定)については、水産庁において、既に行われている資源評価を活用した評価体制を検討し、評価対象種を決定した上で、評価及び公表を行います。
 また、これ以外の野生生物については、環境省において、検討会と分類群別の分科会からなる体制により評価対象種を決定した上で評価を実施し、第5次環境省レッドリストを作成及び公表を行います。
 また、環境省では、第5次環境省レッドリストより、これまで陸域・海域で分かれていた検討体制を統合し、陸域・海域を統合したレッドリストを作成します。

レッドリスト

 

★本手引きの作成に関する資料等のダウンロードは下記ページより、お願いいたします。
https://www.env.go.jp/press/107872.html

 

連絡先

環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室

  • 代表03‐3581‐3351
  • 直通03‐5521‐8353
  • 室長堀内 洋(内線 6677)
  • 室長補佐中山 直樹(内線 6685)
  • 係長田中 里奈(内線 6687)
  • 係長杉山 昇司(内線 7474)

 

ガールスカウト日本連盟からのお知らせです。
※本アワードは「コロナウィルス感染症対策の基本方針」を受け、活動が制限されることに配慮し、募集締切日を【2020年5月6日】に延長しました。

~COMMUNITY ACTION CHALLENGE 100 AWARDS~

1906CAC100 01 page 0001

少女と女性にとって、よりよい社会にするために変化を起こした活動を応募してください!
ガールスカウトは「少女と女性にとって、よりよい社会にすること」に注目し、社会がSDGsに近づくように活動を続けています。私たちは、国連が掲げた「持続可能な開発目標SDGsの達成にむけて、青少年たちが問題意識を持ち社会をリードする力を身につけ、行動していくことに期待しています。
少女と女性の視点に立ち、社会に対してよりよい変化をもたらした活動をご応募ください。
コミュニティアクション チャレンジ100アワードに応募を検討している方は、以下の募集要項を確認し「応募する」から応募してください。

募集要項

  1. 目的
    社会的課題に対し、「少女と女性の視点」に立って、よりよい社会の構築に貢献すべく活動したプロジェクトを広く募集し、その取り組みを社会に発信するとともに、称える機会とする。
  2. 主催
    公益社団法人ガールスカウト日本連盟
  3. 後援
    文部科学省、環境省、内閣府
    特定非営利活動法人 持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)
    ESD活動支援センター
  4. 応募期間
    2019年4月1日~2020年5月6日
  5. 応募資格
    ・応募の時点(~2020年5月6日 )で終了している取り組みであること
    ・応募者の年齢、性別は問いません
    ・個人、グループは問いません
  6. 審査基準
    ・プロジェクト実施者自身が考え、行動を起こしているか
    ・少女と女性の視点に立った活動であるか
    ・活動したことによって、少女と女性にとってよりよい社会になったか
    ・成果が得られるように取り組んだか
    ・コミュニティに変化をもたらすことができたか

 

★お申込方法などの詳細は下記ページをご確認ください。
https://www.girlscout.or.jp/cac100/top/application/

 

<問い合わせ先>
ガールスカウト日本連盟 事務局 CAC100担当
TEL:03-3460-0701
Email:

 

Tags: ,

福岡市環境局からのお知らせです。

令和2年度 エコ発する事業補助金 

~皆さんの環境活動を支援します~

R2reaflet page 0001 1

福岡市では,市民団体,NPO法人等の皆さんが自主的に行う環境活動を支援します。
 団体の経験や構成に応じて,「ステップアップコース」,「ビギナーコース」,「U-30コース」の3つのコースに分かれており,財政面・広報面から皆さんの環境活動を支援しています。
 令和元年度は,地域と共働の花植え・清掃活動,環境活動を担う人材の育成,子ども達を対象とした川での自然観察会などの活動に対して補助金を交付しました。

 

対象団体

 5人以上で組織された市民団体・NPO法人等で,市内で活動している団体

対象事業

 市民参加型の事業で次のいずれかのもの
 【1】ごみ減量・リサイクル,【2】環境学習・啓発,【3】環境保全,【4】環境美化

団体要件

 【ステップアップ】環境活動の経験が概ね4年以上の団体 
 【ビギナー】   環境活動の経験が3年以下の団体
 【U-30】   構成員の4分の3以上を30歳以下の者が占める団体

補助金額

 【ステップアップ】対象となる経費の4分の3以内(上限額:50万円)
 【ビギナー】   対象となる経費の4分の3以内(上限額:10万円)
 【U-30】   対象となる経費の5分の4以内(上限額:10万円)

補助期間

 3年以内 ※ステップアップ・U-30は期間の延長が可能

申請期間

 【ステップアップ】4月1日(水曜日)~4月17日(金曜日)
 【ビギナー】   4月1日(水曜日)~7月31日(金曜日) 
 【U-30】   4月1日(水曜日)~7月31日(金曜日) 

<お問い合わせ先>
部署: 環境局 環境政策部 環境政策課
住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-733-5381
FAX番号: 092-733-5592
E-mail:


Tags: , ,

WWFジャパン(世界自然保護基金ジャパン)からのお知らせです。

~WWF EARTH HOUR 2020~

tokyoEHB2posterFIXpdf page 0001

「EARTH HOUR(アースアワー)」とは、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意志を示す、世界最大の環境アクション。2007年にWWFオーストラリアの地球温暖化防止キャンペーンとして始まったものが世界中に広がり、2019年には188の国と地域が参加し、東京スカイツリー(日本)、エッフェル塔(フランス)、ロンドンアイ(英国)、アクロポリス(ギリシャ)など世界各地を代表するモニュメントが消灯しました。日付変更線に近い南太平洋諸国からEARTH HOURは始まり、現地時間の20:30を迎えた地域から順次消灯を行い、消灯リレーが地球をぐるりと1周します。
2020年のEARTH HOURは、3月28日(土)20:30からの60分。
EARTH HOURのアクションは、電気を消すこと。どなたでも簡単にご参加いただけます。
「電気を消す」ために消灯するのではなく、一緒に「環境保全への意志を示す」ために消灯しませんか?

 

実施日時:3月28日(土) 20:30~21:30

★詳細は下記ページからご確認ください。
https://www.wwf.or.jp/campaign/earthhour/

 

<お問合せ>
WWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)
Email:

yasuman2 1 1000
2020年04月01日

【長崎】平戸のしょくぶつ博士と登る 世界…

長崎県佐世保市の九十九島ビジターセンターから5月のイベントのご案内が届きました。 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録されている安満岳を訪れます。ぜひご参加ください。…
2020年03月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

3月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…
2020年03月27日

【助成金】子どもたちの環境学習…

公益財団法人 高原環境財団からのお知らせです。 子どもたちの環境学習活動に対する助成事業 (1)…
2020年03月26日

【助成金】令和2年度…

一般財団法人みなと総合研究財団からのお知らせです。 ~令和2年度…
2020年03月26日

【募集】第31回緑の環境プラン…

公益財団法人都市緑化機構からのお知らせです。 ~都市の緑3表彰 緑の環境プラン大賞~…