epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.232, Tue Nov 30,2021

九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする

EPOねっと九州」vol.232


□□EPO九州/九州ESDセンターから

11月30日、環境省は令和元年度の我が国の食品ロス発生量推計値について公表しました。
今回の発表で令和元年度の食品ロスの発生量はおよそ570万トンと推計されました。前年度(平成30年度)より30万トン(約5%)減少しました。
これにより4年連続の減少となっていますが、2000年比の半減である2030年度目標489万トンに向けて注視していく必要があります。
皆さんも「手前どり」や食材の保存方法の工夫など、できることから食品ロス削減を意識してみてください。

我が国の食品ロスの発生量の推計値(令和元年度)の公表について
https://www.env.go.jp/press/110247.html


それでは最新号をご覧ください。


【目次】

□□EPO九州から

□□九州・沖縄地域 SDGsピックアップ

□□助成金に関する情報

□□地域の環境パートナーシップに関する情報

□□持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報

 □地域ESD拠点情報

 □資料公開

 □開催・募集

□□新型コロナウイルス感染症に関する情報

□□地域循環共生圏推進の取組み

 ◎まずはここから!地域循環共生圏

 □資料提供等

 □関連公募等

□□環境省・九州地方環境事務所からのご案内

 □情報の提供

 □開催等

 □公募・募集等



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■九州・沖縄各県の環境政策情報(11月下旬)

令和3年11月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。
ぜひ御覧ください。

※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
※公開が終了している場合があります。
※表示順、日程は前後する場合があります。
※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

[その一部をピックアップ!]

□福岡県
「次期福岡県生物多様性戦略(案)」への意見を募集します
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/f-seibutsutayousei-3rd-pub.html

□佐賀県
九州新幹線西九州ルートに関する「幅広い協議」を行いました
https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00383600/index.html

□長崎県
【受講者募集】第1回「NPO×地域」協働のまちづくりセミナー
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kurashi-kankyo/kankyohozen-ondankataisaku/oshirase-kansei/526631.html

□熊本県
熊本県景観条例施行規則の一部改正案に関する意見募集の結果について
https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/103/117093.html

□大分県
【参加者募集】おおいたNPO・県民フォーラム2021「SDGsでつなぐ新たな暮らし~地域創生はパートナーシップから~」
https://www.pref.oita.jp/soshiki/13100/npohulo-ramu2021.html

□宮崎県
「宮崎県過疎地域持続的発展計画」の策定について
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/chusankan-chiiki/kense/kekaku/20211118104310.html

□鹿児島県
令和3年度河川・海岸愛護運動の優良団体に対する知事表彰を行います。
http://www.pref.kagoshima.jp/ah07/infra/kasen-sabo/kasennkaigannaigo/r3aigohyousyou.html

□沖縄県
沖縄県への軽石大量漂着・漂流について
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kankyo/seibi/karuishihyoutyaku.html

その他の情報は下記より御覧ください。
九州・沖縄各県の環境政策情報(11月下旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2599-11-10.html

________________________________________________________

■開所時間の変更について

令和3年4月1日よりEPO九州の開所時間が変更となっています
何卒宜しくお願い申し上げます。

変更前 10:00-19:00
変更後 10:00-18:00

住  所:〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2階
E-mail:info@epo-kyushu.jp
TEL/FAX Tel:096-312-1884  Fax:096-312-1894
業務時間 10:00~18:00(火~土曜日)
休 業 日:日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

(臨時閉所する場合もあります。)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州・沖縄地域 SDGsピックアップ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【12/8締切】沖縄県・軽石の利活用に関するアイディア募集について

沖縄県は、現在県内沿岸に漂着している軽石の利活用方法について、民間団体や企業から意見を募集しています。
応募者が実施可能なアイディアに限るようですが、軽石の利活用について意見をお持ちの事業者・団体の皆さまはぜひご応募ください

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2596-12-8.html
________________________________________________________

■【12/24締切】霧島錦江湾国立公園霧島地区ボランティアの募集について

九州地方環境事務所は、霧島錦江湾国立公園霧島地区における自然解説や美化清掃、動植物の保全などの活動を行うボランティアを募集しています。
ご関心のある方は、まずは後述の事前説明会(12/4開催)にご参加してみてください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2589-12-24.html
________________________________________________________

■九州・沖縄地域SDGs未来都市情報(11月下旬)

九州・沖縄地域では、多数のSDGs未来都市が選定されています
SDGs関する自治体発信情報を下記の通りまとめて掲載しました

【選定状況については下記より】
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2600-sdgs-16.html


[その一部をピックアップ!]

□大牟田市
地域防災啓発訓練を実施しました!
https://www.city.omuta.lg.jp/shoubou/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=16042

□大崎町
リサイクル未来創生奨学金制度について
http://www.town.kagoshima-osaki.lg.jp/kk_gakkoukanri/syogakukin/recycle.html

□福津市
「第16回環境フォーラム in ふくつ」を開催します
https://www.city.fukutsu.lg.jp/soshiki/umigame/kankyo/2/2/9256.html


その他の情報は下記より御覧ください。
九州・沖縄地域SDGs未来都市情報(11月下旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2600-sdgs-16.html
________________________________________________________


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃助成金、助成制度に関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【12/31締切】「SDGs貢献プロジェクト」助成事業の募集について

SDGs貢献プロジェクトは、JTがコミュニティインベストメントの重点領域として位置付けている、「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」に取り組む様々な団体の事業を助成により支援するものです。
12月より募集が始まりますので、申請をご検討されるかたは早めのご準備をお願いいたします。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2591-12-31-sdgs.html
________________________________________________________

■【1/5締切】自然保護助成基金・協力型助成のお知らせ

自然保護助成基金の協力型助成は、助成金を提供するにとどまらず、独自の視点やネットワークを生かし、継続的な連携も視野に入れ、採択団体とともにプロジェクトの目標達成を目指していく助成プログラムです。
「国際NGO助成」「学協会助成」「国際的プログラムに関する助成」の3つのカテゴリーがありますので、それぞれ募集要項をご確認のう、お申込みください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/19/shizenhogo_kyouryokugata/
________________________________________________________

■【1/7締切】第13期「ユネスコスクール SDGsアシストプロジェクト」助成金の募集について

2021年12月1日より、第13期(2021年度)「ユネスコスクール SDGsアシストプロジェクト」助成金の募集が始まります。
「ユネスコスクール SDGsアシストプロジェクト」は、ユネスコスクールにおけるESDに関する取組に対して助成を行うものです。
ユネスコスクール加盟校に関わる皆さまは、ぜひ本助成金をご活用ください。
2022年1月7日が締切ですので、お早めに申請のご準備をお願い致します。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/24/unesco_school_sdgs_2021/
________________________________________________________


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃地域の環境パートナーシップに関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【12/15締切】つなぐ棚田遺産の募集について

「つなぐ棚田遺産」は、農林水産省が貴重な地域の財産である優良な棚田を認定する取組です。
「農産物の供給の促進」や「国土の保全、水源の涵養」、「自然環境の保全」、「良好な景観の形成」、「伝統文化の継承」、「棚田を核とした棚田地域の振興」等の視点で評価された棚田を認定し、
農林水産大臣名の認定証を授与するとともに、農林水産省ホームページにおいて公表されます。
市町村の推薦による応募となりますので、自治体関係者の皆さまはぜひ積極的にご応募ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2593-12-15.html
________________________________________________________

■大分県・J-クレジット制度に関する相談受付

大分県では、J-クレジットの活用に関するあらゆる相談を受け付けています。
 J-クレジット制度とは、省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの活用によるCO2等の排出削減量や適切な森林管理によるCO2等の吸収量をクレジットとして国が認証する制度で、
クレジットの活用により低炭素投資を促進し日本の温室効果ガス排出削減量の拡大につながります。
大分県内でJ-クレジットの創出・購入をご検討されるかたは、ぜひ一度ご相談ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2592-j.html
________________________________________________________


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□地域ESD拠点 関連情報

■【12/15締切】長崎県・令和3年度環境教育セミナー「保育の中のSDGs」を開催します

長崎県は、幼稚園・保育園・認定こども園の先生を対象に、保育・幼児教育の現場でのSDGsについて学べるセミナーを開催します
このセミナーでは、忙しい園のなかでできるSDGsの取組のほか、子どもの興味が膨らむような保育環境の整備方法や、声掛け方法について学ぶことができます。
大村市での現地参加と、オンラインによる配信での参加が可能ですので、ぜひご関心のある方はご参加ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/16/nagasaki_hoiku_sdgs/
________________________________________________________

■【教材紹介】環境教育ワークブック「みどりのノート」のご紹介

北九州市は、市のホームページにおいて小学生向け環境教育ワークブック「みどりのノート」を公開しています。
「みどりのノート」は、小学校各学年の学習に関連させながら体系的に作られており、低炭素社会や新エネルギーなどの話題にも焦点を当てた内容となっています。
学校教育でも、校外の学習でも使用できるワークブックですので、ぜひ積極的にご活用ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/25/kitakyushu_midorino_note/
________________________________________________________


■新規拠点登録について

今年度に入り、下記の3団体の皆様に、地域ESD活動推進拠点にご登録いただきました。

 【福岡県】一般社団法人まほろば自然学校
  https://esdcenter.jp/kyoten_mahorobashizengakko/

 【宮崎県】学校法人宮崎学園
  https://esdcenter.jp/kyoten_miyazakigakuen/

 【沖縄県】特定非営利活動法人 Okinawa Hands-On NPO
  https://esdcenter.jp/kyoten_okiinawa-hands-on-npo/

各拠点の皆様のご活動についてはリンク先をご確認ください。

現在九州、沖縄地域から25団体、全国では149団体に
ご登録いただき、ネットワークが拡大しております。
今後も当センターでは拠点としてESD活動に取り組まれる
皆様の支援を行ってまいります。
________________________________________________________

■地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、
「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
ご関心をお持ちの方、まずは下記へご連絡ください。

〈お問合せ〉九州地方ESD活動支援センター
TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
E-mail:contact@kyushu-esdcenter.jp
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )


□ESD資料公開等

■【教材紹介】日本ジオパークネットワーク「おうちでジオパーク」のご紹介

トヨタ自動車株式会社は、「トヨタ環境こどもプログラム」を提供しており、学童保育への出張教室を行っております。
環境子どもプログラムの「トンボ編」は、近な存在であるトンボを題材に「推理クイズ」や「3コママンガ」などを通じて環境について考る内容となっており、プログラムの冊子は無料で提供されています。
子ども向け「プログラム冊子」のほか、大人向け指導ガイド「進行シート」も付いているため、学童などの放課後現場でも気軽に環境問題に取り組めます。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/16/geopark_in_home/
________________________________________________________

■【SDGs教材】NHKで「みんなで作ろうSDGsかるた」毎月募集中!

NHK教育(Eテレ)では、SDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」を放送しており、番組内でSDGsに関する行動を川柳と絵にした「かるた」を募集しています。
応募された作品はすべてHPにて公開されており、特にユニークな作品は番組内で紹介されています。2月末まで募集しており、毎月一回月間賞も発表されています。
ぜひ学校、ご家庭などで「SDGsかるた」を考てみてください

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/19/sdgs_carta_nhk/
________________________________________________________


□ESD関連の開催・募集

■【12/27締切】SDGsエネルギー学習に関わる教師によるコンテンツの作成公募について

経済産業省資源エネルギー庁は、SDGsに係るエネルギー教育について教師が作成する学習コンテンツを募集し、作成に関する必要経費の補助を行っています。
「SDGsエネルギー学習に関わる教師によるコンテンツの作成公募」の募集内容は大きく2つです。
?SDGsエネルギー学習を推進するデジタルコンテンツなどの繰り返し活用可能なコンテンツ制作の提案
?既存の動画やコンテンツを活用した教材の作成や授業手法の提案
ぜひこの機会にご活用をご検討ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/30/teacher_sdgsenergy/
________________________________________________________

■【12/27締切】わたしたちのくらしとエネルギー『かべ新聞コンテスト』の二次募集について

経済産業省・資源エネルギー庁は、小学校高学年を対象とした、エネルギーを題材とする壁新聞のコンテストを開催しています。
応募作品は1月中旬の審査を経て、3月に表彰されます。最優秀賞は朝日小学生新聞に掲載される予定です。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/30/energy_newspaper/
________________________________________________________

■【12/10開催】令和3年度「体験の機会の場」と連携した環境教育の研修の開催について(第四弾)

環境省は、環境教育やESDによる人づくりに取り組む意義やノウハウ等を学ぶための研修を開催します。
この研修では、質の高い体験プログラムを提供する体験活動の場である「体験の機会の場」を取り入れた環境教育について、企画や実施のポイントを学ぶことができます。
山梨県での開催となりますが、体験の機会の場を取り入れた教育に携わる方はぜひご参加をご検討ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/24/taiken_kikai_yamanashi/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃新型コロナウイルス感染症に関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策

環境省ホームページでは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、同感染症への対応に係る情報発信の重点化を行っております。
環境省関連の対応状況取りまとめ情報の他、事業者向け情報、国立公園・国民公園等における取組等が紹介されています。ぜひ御覧ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1548-2020-04-24-09-46-18.html
________________________________________________________

■文部科学省 学校・子供応援サポーター人材バンクの開設について

文部科学省では、学校再開後、各地域において、学校をサポートしていただける人材が必要となる機会も多くなるため、教育委員会等が必要な人材をすぐに探すことができるよう、人材バンクを開設しました。
休校明けの学校は、子供たちの学習指導や心のケア、感染症対策等、沢山の大人たちのサポートが必要になります。
この人材バンク登録には教育免許は不要で、退職教員、教員免許取得を目指す方、大学生、塾講師、NPOなどの教育関係者だけでなく、ICTサポートや事務作業、消毒サポートなど幅広い人材が募集されています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/06/11/mext_covic19_jinzaibank/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃地域循環共生圏推進の取組み
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎まずはここから!地域循環共生圏

□地域循環共生圏について
環境省は、2018年4月に閣議決定した第五次環境基本計画において、「SDGs」や「パリ協定」といった世界を巻き込む国際な潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏ま
複数の課題の統合的な解決というSDGsの考方も活用した「地域循環共生圏」を提唱しました。
「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考方です。
「地域循環共生圏」は、農山漁村も都市も活かす、我が国の地域の活力を最大限に発揮する構想であり、その創造によりSDGsやSociety5.0の実現にもつながるものです。
「地域循環共生圏」の創造による持続可能な地域づくりを通じて、環境で地方を元気にするとともに、持続可能な循環共生型の社会を構築していきます。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2.html


■「環境省ローカルSDGs」ポータルサイト
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1525-sdgs.html
________________________________________________________

■地域循環共生圏づくり プラットフォーム活動団体
http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/chiiki_ichiran_r1/ 
________________________________________________________

■【登録募集】「環境省ローカルSDGs」実践地域等登録制度
http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/
_______________________________________________________

■【機能追加】環境省ローカルSDGs公式サイト パートナー検索機能の追加
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1974-sdgs-2.html
_______________________________________________________

■【登録募集】環境省 地域循環共生圏づくりプラットフォームにおける「企業等登録制度
http://chiikijunkan.env.go.jp/deau/kigyo_list/


●九州、沖縄地域の選定団体一覧●

令和3年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体について、全36団体の選定結果が公表されました。
環境省は、地域循環共生圏の構築に向け今回選定された活動団体と連携、環境整備等に取り組み、人材育成、情報集約、マッチング支援など「地域循環共生圏づくりプラットフォーム」の構築を行います。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2255-2021-04-06-09-44-25.html
_______________________________________________________

■選定団体 キックオフミーティング資料の公開

令和3年度「環境で地方を元気にする地域循環共生圏づくりプラットフォーム事業」活動団体の情報交換会(キックオフミーティング)発表資料が公開されました。

http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/#torikumi-reiwa3


□地域循環共生圏 資料提供等

■地域再エネ活用の検討に関するヘルプデスクのご紹介

環境省は、再生可能エネルギー利活用を主体とする自治体職員や企業担当者を対象に、再エネ活用の方向性や事業の進め方について相談ができるヘルプデスクを設置しました。
全国どこからでもオンラインで相談できる窓口になっていますので、再生可能エネルギーの導入や活用にお悩みのご担当者様は、ぜひご利用ください。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2477-2021-09-09-05-59-14.html
________________________________________________________

■【動画公開】環境省・地域循環共生圏づくりプラットフォームの講義動画公開について

環境省は、ローカルSDGs(地域循環共生圏)についてともに学び、繋がり合う機会として『寺子屋ローカルSDGs』という場を設け、セミナー・シンポジウムを開催しています。
2021年7月下旬に開催された第1回の動画とレポートが公開されていますので、ぜひ地域循環共生圏づくりに携わる方はご参考にしていただければ幸いです。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2476-sdgs-2021.html


□地域循環共生圏 関連公募等

■【12/6開催】シンポジウム「グリーン×デジタルが先導する豊かな地域循環共生圏づくり」の開催について

環境省は、グリーンとデジタルをキーワードに、地域循環共生圏の創造を目指すシンポジウムを開催します。
事例紹介では、海外における脱炭素の先進事例を紹介するほか、ICTを活用したコミュニケーションの事例を取り上げます。
事前申込先着順の定員制ですので、ご関心のある方はぜひお早めにお申し込みください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2579-12-6.html
________________________________________________________

■IPCCシンポジウム/気候講演会 『気候変動を知る~最新報告書が示すこれまでとこれから~』の開催について

環境省と文部科学省・気象庁が共同で開催するシンポジウム「気候変動を知る~最新報告書が示すこれまでとこれから~」では、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)から公表された最新の報告書の内容や気候変動に関する最新の知見を紹介します。
Youtubeのライブ配信で参加費無料・事前登録不要で行われるイベントですので、ぜひ積極的にご参加ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2572-ipcc-3.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃環境省・九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□開催情報

■「第9回グッドライフアワード」環境大臣賞最優秀賞等の決定について

グッドライフアワードは、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取組を募集して紹介、表彰し、活動や社会を活性化するための情報交換などを支援していくプロジェクトです。
この度、2021年に募集した第9回グッドライフアワードの最優秀賞・優秀賞・部門賞が決定しましたのでお知らせいたします。
12月4日には表彰式も開催されますので、以下内容をご確認ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2595-2021-11-24-08-14-33.html
________________________________________________________

■【12/6開催】宮崎県「地球温暖化防止パネル展2021」の開催

宮崎県は、12月6日にイオンモール宮崎にて「地球温暖化防止パネル展2021」を開催します。
このイベントは、宮崎県民に広く地球温暖化防止のための生活や活動を実践していただくきっかけとして、宮崎県地球温暖化防止活動推進センター、環境みやざき推進協議会、宮崎県が共同で主催するものです。
参加料無料のイベントですので、宮崎の皆さまはぜひご来場ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2594-12-6-2021.html
________________________________________________________

■【12/8締切】熊本県「ふるさと熊本の樹木出前講座」の募集について

熊本県は、故郷の自然を大切にする意識の醸成や自然保護意識の普及啓発のため、県民を対象とした熊本県の樹木に関する出前講座を開催します。
今回は八代市鏡の「印にゃく神社の楠」を取り上げ、現地での講座開催となりますので、ご関心のあるかたはぜひこの機会にお申し込みください。
開催日時は12月18日(土)で、お申し込み締め切りは12月8日(水)となります。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2598-12-9.html
________________________________________________________


□情報提供・公表

■【資料公開】令和元年度大気汚染に係る環境保健サーベイランス調査結果について

環境省は、大気汚染物質濃度と、3歳児、6歳児の健康状態、喘息等の病症との関連性について定期的な観察・研究を行っています。
今般、令和元年度の調査結果が取りまとめられましたのでお知らせします。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2587-2021-11-16-07-55-19.html
________________________________________________________

■【資料公開】国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)、京都議定書第16回締約国会合(CMP16)及びパリ協定第3回締約国会合(CMA3)の結果について

10月31日から11月13日までイギリス・グラスゴーで開催されていた国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)
京都議定書第16回締約国会合(CMP16)、パリ協定第3回締約国会合(CMA3)について、日本政府代表団から結果概要が報告されました。
2週間にわたる協議・交渉によって、主にパリ協定の実施指針が採択されたパリルールブックの完成や、
自国が決定する貢献(NDC))としての温室効果ガス削減目標2025年に2035年目標、2030年に2040年目標を通報(以降、5年毎に同様)することを奨励する決定などが述べられています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2588-26-cop26-16-cmp16-3-cma3.html
________________________________________________________

■「みんなでおうち快適化チャレンジ」2021年冬キャンペーン開始について

環境省は、「COOL CHOICE」取組の一環として、「みんなでおうち快適化チャレンジ」キャンペーンを展開しています。
これから冬を迎寒くなり、家庭でのエネルギー消費の大きくなるタイミングを捉、「在宅生活」に焦点を当てて、エコ住宅・断熱リフォームと省エネ家電への買換を通じて、
脱炭素で「快適、健康、お得な新しいライフスタイル」にチャレンジしよう!という内容です。
「子育て世代」の女優・タレントの篠田麻里子さんと「若年層世代」の女優の平祐奈さんらをアンバサダーとし、「環境にやさしい理想のおうち」等について発信されます。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2590-2021-2.html
________________________________________________________


□公募・募集

■【12/17締切】「瀬戸内海環境保全基本計画(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について

環境省は、「瀬戸内海環境保全基本計画(案)」についてパブリックコメントを実施します。
九州の一部地域も対象地域となっていますので、沿岸地域で環境・生物多様性・海洋資源保全などに携わる皆さまはぜひご意見をお寄せください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2597-12-17.html
________________________________________________________

■【12/10開催】令和3年度「体験の機会の場」と連携した環境教育の研修の開催について(第四弾)

環境省は、環境教育やESDによる人づくりに取り組む意義やノウハウ等を学ぶための研修を開催します。
この研修では、質の高い体験プログラムを提供する体験活動の場である「体験の機会の場」を取り入れた環境教育について、企画や実施のポイントを学ぶことができます。
山梨県での開催となりますが、体験の機会の場を取り入れた教育に携わる方はぜひご参加をご検討ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/11/24/taiken_kikai_yamanashi/
________________________________________________________



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】
九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
https://epo-kyushu.jp  E-mail:info@epo-kyushu.jp

九州地方ESD活動支援センター
https://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:contact@kyushu-esdcenter.jp

EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
https://www.facebook.com/EPOkyushu

〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開所日 火~土曜日(10:00~18:00)
休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。


【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
沖縄奄美自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/okinawa/
国立公園 http://www.env.go.jp/park/
地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html
地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/
環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/
九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/
平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/
雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/
長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/
阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/
南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/
びのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/
重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/
対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/
やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/
西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/
さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録・退会は、大変お手数でございますが
https://epo-kyushu.jp/contact.html
のフォームからご連絡をお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
Tags:
foodloss award r04
2022年07月02日

【8/12締切】令和4年度食品ロス削減推…

食品ロスの削減については「持続可能な開発目標」(SDGs)のターゲットの一つとされているなど、国際的にも重要な課題となっています。そのなかで、環境省及び消費者庁が連携して、食品ロス削減の取組を広く国民…
2022年07月02日

令和3年度における家電リサイク…

環境省は、令和3年度の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル実績について公表しました。令和3年度の廃…
2022年07月01日

【7/21締切】令和4年度ロー…

環境省は、海洋ごみ対策について自治体と企業が連携したモデル事業の二次募集を開始しました。令和3年度の…
2022年07月01日

【7/13締切】令和4年度「令…

環境省は、閉鎖性海域での里海づくりを推進するモデル事業を実施する団体の公募を行っています。閉鎖性海域…
2022年06月30日

【参加募集】地球緑化センター…

特定非営利活動法人地球緑化センターは、4泊5日の短期農山村ボランティアプログラム「若葉のふるさと協力…