epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

ヨーロッパでは、「農家の収入を上げて安定させるのは再生可能なエネルギー」という認識が当たり前になっています。太陽光、風力、小水力、バイオマス・・・。化石燃料の高騰が大きな課題となっている中、農村でこそポテンシャルの高いこれらの再生可能なエネルギーについて、またそれを利用した付加価値の高い農産物を生産している事例についても学び、経営の改善や安定化について考えるきっかけとしませんか?

期日:平成26年11月23日(日)

時間:13:00~17:15(12:30受付開始)

場所:セカンドサイト・ジャンジャンゴー(熊本市中央区花畑町13-10)

参加費:無料


主催:くまもと農業経営塾 塾生有志

後援:全国ご当地エネルギー協会


お申し込み・お問合せ:事務局 南阿蘇村両併587 090-7926-6895


内容

Ⅰ.パネルディスカッション

「再生可能なエネルギーは農家・農村の未来」
パネリスト:ソーレン・ハーマンセン氏、信夫隆生氏、遠山忠宏氏、小野泰輔副知事 他
ファシリテーター:大津愛梨


Ⅱ.事例発表

「日本における可能性および法的枠組み~再生可能なエネルギーと六次産業化~」
農林水産省 食料産業局産業連携課長 信夫隆生氏


「エネルギー兼業農家のすすめ~新潟における実践例~」
株式会社開成 代表取締役 遠山忠宏氏


「再生可能なエネルギーで農村活性~世界レベルの先進事例~」
サムソ・エネルギー・アカデミー 代表 ソーレン・ハーマンセン氏



本基金は、人類が健康で豊かな生活を継続できる地球環境の保全に寄与することを目的としており、オゾン層保護、地球温暖化防止等のためのフロン類の大気排出抑制等に関する各種活動に対して助成を行うものです。

■対象団体:フロン類の大気排出抑制等に関する活動(市民への情報・知識の普及・啓発活動等)を行う国内の民間団体
■対象活動:オゾン層保護、地球温暖化防止等のためのフロン類の大気排出抑制等に関する各種活動
    (1) シンポジウム、フォーラム等の開催(開催費用を助成)
    (2) 教材の作成、配布等の活動(教材作成費、配布費用などを助成)
    (3) 環境教育活動(イベント開催費用を助成)
    (4) 海外における、フロン回収に関する情報・知識等の普及活動
    (5) その他
■募集要項 (三井住友信託銀行ホームページ):
http://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html#NaturalEnvironment
■応募締切:平成27年1月16日(金)

本基金は、人類が健康で豊かな生活を継続できる地球環境の保全に寄与することを目的としており、オゾン層保護、地球温暖化防止等のためのフロン類の大気排出抑制等に関する各種活動に対して助成を行うものです。

■対象団体:フロン類の大気排出抑制等に関する活動(市民への情報・知識の普及・啓発活動等)を行う国内の民間団体
■対象活動:オゾン層保護、地球温暖化防止等のためのフロン類の大気排出抑制等に関する各種活動
    (1) シンポジウム、フォーラム等の開催(開催費用を助成)
    (2) 教材の作成、配布等の活動(教材作成費、配布費用などを助成)
    (3) 環境教育活動(イベント開催費用を助成)
    (4) 海外における、フロン回収に関する情報・知識等の普及活動
    (5) その他
■募集要項 (三井住友信託銀行ホームページ):
http://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html#NaturalEnvironment
■応募締切:平成27年1月16日(金)

環境省は地域で企画立案される再生可能エネルギー事業の導入促進を目的とした人材育成のための研修会を開催します。
 再生可能エネルギーの導入に当たっては、地域や地点によって適合性が大きく異なることから、地域の実情を十分考慮する必要があり、地域住民や事業者など様々な関係者との合意形成を図る上で地方公共団体の関わりは重要性を増しています。
 当研修会により再生可能エネルギー事業の導入人材育成を支援します。ご参加をお待ちしています。

■日時:11月25日(火)13:00~11月26日(水)16:00
■場所:TKPガーデンシティ博多アネックス ネプチューン
   (博多区博多駅前4-11-18 ホテルサンライン福岡博多駅前2F)
■対象:地方公共団体の職員、及び、地域主導型再生可能エネルギー事業を実施しようとしている方
■定員:100人
■費用:無料
■申込:事前登録制です。
   参加を希望される方は、11月15日までに(開催日の10日前まで)申込ウェブサイトに参加理由、習得したい知識・スキルを記載の上、御登録ください。
       http://www.murc.jp/sp/1409/saiene/apply.html
■その他:当研修会は、環境省が事業者に運営委託して開催するものです。 (委託先 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株))

また、福岡会場を含め、全国6箇所で開催中です。
■詳細(九州地方環境事務所):http://kyushu.env.go.jp/pre_2014/1023a.html

日本各地の農山漁村に一年間暮らし、農林業や地域活性化など地域密着型の活動に携わる『緑のふるさと協力隊』。平成27年度隊員を募集します。「地域のために自分を活かしたい」「田舎で自分の力を発揮したい」、そんな方の応募を待っています。経験・スキルは不問。これまで20年間で688名が参加しています。

【対象】4月から1年間通して農山漁村で活動できる心身共に健康な18~40歳までの男女。要運転免許。生活費・住居支給。
【募集説明会】福岡にて開催します。
  日時:11月16日(日)13時半から15時半

  会場:アクロス福岡 6階・会議室605


説明会に参加ご希望の場合は前日までにご連絡ください。当日飛び入り参加ももちろん歓迎!OBOG体験談も聞けます。
上記の他、東京・大阪でも開催しています。詳しくはHPをご覧ください。

【締切】平成26年12月17日(水)
【主催】特定非営利活動法人 地球緑化センター(担当:橋本・香林) Tel:03-3241-6450
「緑のふるさと協力隊」HP:http://www.n-gec.org/activities/furusato.html

midorino furusato
2021年09月22日

「緑のふるさと協力隊」参加者募集のお知ら…

地球緑化センターは、1年間農山村に居住して地域づくりに取り組む「緑のふるさと協力隊」の募集を開始しました。「緑のふるさと協力隊」は、過疎化・少子化に悩みながらも地域を元気にしたい地方自治体と、農山村で…
2021年09月22日

【10/20開催】サプライチェ…

サプライチェーンとは、事業者自らの排出だけでなく、事業活動に関係するあらゆる排出を合計した排出量を指…
2021年09月22日

【9/30締切】「第18回ふく…

福岡県は、県内の水環境・水資源や森林にかかわる活動を行う団体の交流を目的とするイベント「ふくおか水も…
2021年09月21日

【参加企業公開】金融機関向けポ…

環境省は、金融機関による脱炭素に向けた企業行動の変革促進取組について、支援事業を実施します。その対象…
2021年09月18日

【参加企業公開】TCFD提言に…

環境省は、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)への賛同を表明(または、表明を予定)している…