epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

福岡県では、省エネ・省CO2な分散型発電として期待される「コージェネレーション(熱電併給システム)」の普及を図るため、民間事業者を対象とした導入セミナーを開催します(平成26年度は4回開催予定)。
 第2回は、10月8日(水)に「再生可能エネルギー先端技術展2014」内で開催します。
 工場、医療施設、福祉施設、商業施設の管理者の方々等、興味・関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。
 下記URLから、当日までお申込みいただけます(参加無料。要事前申込)。
 http://www.f-energy.jp/detail.php?type=event&detail=550

■開催日時:10月8日(水)13:00~
■会場:西日本総合展示場(北九州市小倉北区)
■プログラム:
 (基調講演)コージェネレーションの可能性と将来展望
   東京工業大学特命教授/東京都市大学教授/コージェネ財団理事長
   柏木孝夫 氏
  上記のほか、国の取組、最新の導入事例などに関する講演を予定

■お問合せ:福岡県 企画・地域振興部 総合政策課エネルギー政策室
       TEL:092-643-3228
       E-mail:

日本初の国立公園「雲仙」は、3月に指定後80周年を迎え、また、国立公園を核として設置された島原半島世界ジオパークは、本年8月に認定5周年を迎えました。
 これを記念して、標題のフォトコンテストを行っており、この度、8月に受け付けた94作品から月間賞2作品等を選考委員会にて決定しました。
 葛飾北斎の富嶽百景になぞらえ、応募作品を基に観光PR用の電子写真集“雲仙岳百景”を作成予定です。この機にぜひ、あなたの好きな雲仙岳の表情を発見し、デジタル写真を応募しませんか?
 本フォトコンテストは、来年1月末まで実施し、毎月月間賞を選定します。
 素敵な作品のご応募をお待ちしています!

■ご応募状況:
 現在、長崎県外からのご応募がまだまだ数少ない状況です。
 熊本県(天草や宇土半島、八代、熊本市内、阿蘇、玉名、荒尾など)や、福岡県(大牟田、柳川など)、佐賀県(佐賀空港、多良岳、竹崎など)からは、各方面ならではの雲仙岳の姿が有明海越しに眺望できますので、ぜひぜひ雲仙岳を“発見”の上、写真をご応募ください!!

■8月間賞作品等:
 http://kyushu.env.go.jp/pre_2014/0919a.html (九州地方環境事務所)

■募集要領:
 http://kyushu.env.go.jp/pre_2014/0611a.html (同上)

家庭部門の温室効果ガス排出量は、1990年度比で約6割も増加しており、居住者の住まい方が排出量削減のための大きな要素の一つとなっています。
 そこで、環境省では、各家庭の実情に合わせて実行性の高い省CO2、省エネ提案、アドバイスを行う「うちエコ診断」を行っています。
 利用者の方からは、「すぐ実行できるエコ対策が聞けた。次の対策がはっきりと見えてきた」などご満足の声をいただいています。お気軽にご利用ください!

【内容】
■ うちエコ診断
  ご家庭のエネルギー消費状況などを「見える化」し、地球温暖化や省エネなどに関する幅広い知識を持った診断士が具体的な対策の提案を行います。
  http://www.uchieco-shindan.go.jp/2014/katei/

■ 二酸化炭素排出量を簡単にチェックできる「簡単チェック!ワンポイントアドバイスツール」もご利用いただけます。
  http://www.uchieco-shindan.go.jp/2014/jushin/advise.php

九州地方環境事務所では、10月に開催される次のイベントおいて、ブース出展を行います。出展の内容について、ご案内いたします。

■エコテクノ2014
 日程:10月8日(水)~10日(金)
 会場:西日本総合展示場 新館 (北九州市小倉北区)
 内容:九州・沖縄地方における地球温暖化対策、
    再生可能エネルギー・新エネルギー等の様々な取組をご紹介します。
 イベント詳細:http://www.eco-t.net/

■地球温暖化による影響とその適応策セミナー
  ※ エコテクノ2014において開催するセミナーです。
 日程:10月10日(金)13時~16時30分
 会場:西日本総合展示場 新館 セミナー会場A(北九州市小倉北区)
 内容: 私たちは地球温暖化対策としてこれまで様々な「緩和策」を実施してきました。しかしながら気候の変化は止まらず、今後は新たな環境状況に合わせた「適応策」が必要となってきます。本セミナーではこの適応策の取組み等について事例を含めてご紹介します。
     今回は農作物での適応対策にテーマを絞った内容で行います。
 定員:100名(無料)
 お申込み:http://www.eco-t.net/reserve_seminar/?form_id=25
     ※ 当日参加も可能ですが、出来るだけ事前登録をお願いします。

■総ぐるみくまもと環境フェア2014
 日程:10月11(土)、12日(日) 10時~17時
 会場:グランメッセ熊本(熊本県益城町)
 内容:主に小学生と保護者の方を対象として、環境をテーマとしたクイズとわなげ、風力発電で車を走らせる体験を行います。

■環境フェスティバルふくおか2014
 日程:10月18日(土)、19日(日)10時~16時
 会場:福岡市役所ふれあい広場(福岡市中央区)
 内容:再生可能エネルギーや稀少生物・外来生物などを紹介するパネル展示とビデオ上映を行っています。手回し発電機などの体験もできます。
 イベント詳細:http://www.eco-fukuoka2014.com/about/

農山漁村での体験交流活動-ニッポンの“グリーンツーリズム”を世界へ。グリーンツーリズムの先進事例と海外旅行者の動向をもとに、効果的なインバウンド受け入れ体制をつくり、元気なニッポンを世界に発信する、プロジェクトを九州で開催します。

開催概要

【日 時】2014年10月9日(木)10:00〜17:00

【スケジュール】

 9:30  開場・受付開始
10:00 基調講演
 「九州における外国人向けのグリーンツーリズムの可能性について(仮)」
 養父信夫氏(九州ムラたび応援団団長、「九州のムラ」編集長)
11:00 実践報告
 ①「国際交流・協力事業とグリーンツーリズム事業 ―九州とアジアを結ぶ!! (仮)」
 大野博之氏(認定NPO法人地球市民の会(TPA)専務理事)

 ②「阿蘇における外国人向け滞在・交流型観光とグリーンツーリーズムの可能性(仮)」
 吉澤寿康氏(ゲスト・ハウス「阿蘇び心」主宰)

 ③「南阿蘇で農業者が実践する国際交流とグリーンツーリズム(仮)」
 大津愛梨氏(O2Farm、NPO法人田舎のヒロインズ理事長)

12:00 昼休憩
13:00 フォーラムその1.
 <テーマ>九州でのグリーンツーリズムの魅力を海外へ売る!!
 各実践者らがパネリストとなり、課題やインバウンド導入に向けての展望について話します。
 パネラー:養父氏、大野氏、吉澤氏、大津氏、梅崎靖志(日本エコツーリズムセンター)
 コーディネーター:浜本奈鼓氏(NPO法人くすの木自然館代表理事)

14:00 ワークショップ
 各パネリストごとに参加者がグループに分かれ分科会形式で。

15:00 フォーラムその2.
 各ディスカッションをまとめ、九州GTとインバウンドの展望を見据えます。

16:00 外国人受入グリーン・ツーリズム実践相談会
 個別に、地域での状況や課題について、専門家・実践者へ直接相談できます。

 


【会 場】 国立阿蘇青少年交流の家本館 2F 大研修室
熊本県阿蘇市一の宮町宮地6029−1

【参加費】無料(定員・先着100名)

【セミナーの対象者】
 ◎グリーンツーリズムに取り組む自治体、地域協議会、観光協会
 ◎宿泊施設・体験施設、NPO団体
 ◎田舎で働き隊員、地域おこし協力隊員
 など、現在グリーンツーリズムに関わる事業を企画・実施・コーディネートし、現在または今後、インバウンド受け入れを行ないたい団体・個人の皆さまです。

【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-5834-7966 Fax:03-5834-7972

【お申込み】下記のお申込みフォームから、お名前、住所、性別、住所、ご連絡先電話番号、所属・肩書き、メールアドレスを入力の上、お申込ください。
 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/sympo_gt2014kyushu

このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進計画 (広域ネットワーク推進対策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。

Tags:
moe gvc pf
2021年01月22日

【資料公表】環境省…

環境省は、脱炭素経営に関する情報プラットフォームを開設し、温室効果ガスのサプライチェーン排出量算定(Scope1,Scope2,Scope3)、またSBT(Sience Based…
2021年01月22日

【資料公表】環境省…

環境省は1月29日(金)まで、「日本・インドネシア環境ウィーク」を展開しており、両国の環境分野協力に…
2021年01月22日

【1/27開催】環境省…

環境省は、脱炭素経営の動向を共有、脱炭素社会の実現に向けた実践・行動を促すこと目的に、「脱炭素経営フ…
2021年01月22日

【2/9開催】国土交通省…

国土交通省は、農林水産省・環境省と共同で、生態系ネットワークに関する全国フォーラムをオンラインで開催…
2021年01月22日

【2/9開催】環境省…

環境省は、先月公表された「気候変動影響評価報告書」について概要を紹介し、適応策の一層推進について議論…