epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

日本各地の農山漁村に一年間暮らし、農林業や地域活性化など地域密着型の活動に携わる『緑のふるさと協力隊』。平成27年度隊員を募集します。「地域のために自分を活かしたい」「田舎で自分の力を発揮したい」、そんな方の応募を待っています。経験・スキルは不問。これまで20年間で688名が参加しています。

【対象】4月から1年間通して農山漁村で活動できる心身共に健康な18~40歳までの男女。要運転免許。生活費・住居支給。
【募集説明会】福岡にて開催します。
  日時:11月16日(日)13時半から15時半

  会場:アクロス福岡 6階・会議室605


説明会に参加ご希望の場合は前日までにご連絡ください。当日飛び入り参加ももちろん歓迎!OBOG体験談も聞けます。
上記の他、東京・大阪でも開催しています。詳しくはHPをご覧ください。

【締切】平成26年12月17日(水)
【主催】特定非営利活動法人 地球緑化センター(担当:橋本・香林) Tel:03-3241-6450
「緑のふるさと協力隊」HP:http://www.n-gec.org/activities/furusato.html

九州経済産業局では、霧島市と共催で「クリーンビジネスセミナー~新分野への挑戦でビジネスチャンスをつかめ~」を開催いたします。本セミナーは、環境・リサイクル分野及び一次産業分野の事業者の皆様が、新たなビジネスに挑戦する上で参考となるような内容となっております。
是非、ご参加ください。

[日時] 平成26年11月12日(水)14:00~17:15(交流会:17:30~19:00)
[場所] 国分シビックセンター多目的ホール(鹿児島県霧島市)
[参加費] 無料(交流会参加の場合は3,000円)

 

 

プログラム

基調講演:

演題:スポーツに学ぶアイディアと実行力
~新分野への挑戦で金メダルを目指せ!~
講師:国立大学法人鹿屋体育大学体育学部教授 田口 信教 氏

九州の企業による取組事例紹介:

・農業生産法人源気ファーム株式会社 専務取締役 重森 幸一 氏

・株式会社ジェム 代表取締役 新留 奈津希 氏

・ユニバーサリー電工株式会社 代表取締役 中川 博文 氏

 

お申し込み方法:
下記ページより、チラシ兼参加申込書をダウンロードし、必要事項を記載のうえ、平成26年11月5日(水)までに、FAXにて環境対策課(092-482-5554)あてにお申し込みください


詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.kyushu.meti.go.jp/press/1410/141002_1.html

九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)及び九州経済産業局では環境ビジネスの創出、ビジネスマッチング、人脈形成を目的として、毎月1回環境ビジネスに特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。先進的取り組みを行っている企業が自慢の製品・サービスを紹介します。皆様ふるってご参加ください。

【日 時】平成26年11月5日(水)
     講演会:17時00分~18時30分
     交流会:18時30分~19時30分

【場 所】福岡合同庁舎本館 1階 九経交流プラザ
 
【参加費】無料(交流会出席の方は500円/人) 
 
【詳細・申込】
 下記URLから「ご案内&申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上FAX及びメールにてお申し込み下さい。
https://www.k-rip.gr.jp/news/?p=4207
 
【お申し込み・お問合せ先】
▼九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ  担当:嶋田・中尾  
   TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609  
▼九州経済産業局 環境対策課  担当:秦・栢田 TEL:092-482-5499

 毎年恒例の作品コンクール「漫湖みんなでミュージアム」の作品募集がスタートしました!!
 今年も沖縄県内にお住いの3歳児~高校生までを対象に、漫湖の自然や生きもの、観察会やイベントに参加した思い出などを自由に表現した絵画・作文・写真を募集します!!
 今年も素敵な作品に出会えるのを楽しみに、たくさんのご応募お待ちしております!!

■募集期間:平成26年9月2日(金)~11月16日(日)
■主  催:漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会

□ 漫湖みんなでミュージアム2014関連企画『しぜんとああと -描く×写す×綴る-』


 この企画は、自然の中での遊びや多様な表現との触れ合い通して、こどもたちの“生きる力”を伸ばす新たな教育プログラムです。

①「親子写真教室 交換日記」
 漫湖の自然の中で自分だけの写真を撮ろう。写真部で活躍している高校生のお兄さん、お姉さんたちににカメラの使い方や撮影時の補助などをしていただき、撮影する時のコツを教えていただきます。
 撮った写真を通して親子で「交換日記」にチャレンジしよう!!

■開催日時:平成26年10月11日(土)10:00~15:00
■開催場所:漫湖水鳥・湿地センター(沖縄県豊見城市)
■主  催:漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会
■定  員:5組 10名
■対  象:小学生以上の親子
■講  師:金城幸彦 氏(沖縄県写真協会会長)
■ボランティア:浦添工業高等学校の写真部のみなさん

②「ワークショップ ヒトカメラとカメラマン」
 ボクがカメラになりきって、キミがカメラマンになって自然の写真を撮ろう!自然の写真は絵にして現像するよ。大学生のお兄さんやお姉さんたちが参加者とペアになり、カメラやカメラマンの役を通して、絵を描くことの楽しさを教えてくれます。

■開催日時:平成26年10月12日(日)10:00-12:00
■開催場所:漫湖水鳥・湿地センター(沖縄県豊見城市)
■主  催:漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会
■対  象:中学生
■定  員:10名(要申込み)
■講  師:永津禎三 氏(琉球大学教育学部教授)
■ボランティア:琉球大学の学生のみなさん

③「ワークショップ おとことば・さまことば・おのまとぺ」
 耳を澄ますと聞こえてくる自然の出す音を自分だけの言葉にして表現してみよう!どんな音が聞こえてくるかな。新しく発見したした言葉を集めて「漫湖のことば辞典」をつくろう!!大学生のお兄さん、お姉さんたちがきみのお手伝いをしてくれるよ。

■開催日時:平成26年10月13日(月・祝)10:00-12:00
■開催場所:漫湖水鳥・湿地センター(沖縄県豊見城市)
■主  催:漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会
■対  象:小学生以上
■定  員:15名(要申込み)
■講  師:玉城きみ子 氏(琉球大学教育学部准教授)
■ボランティア:琉球大学の学生のみなさん


□ 漫湖水鳥・湿地センターでのイベント情報

 漫湖水鳥・湿地センターでは、下記イベントについても開催を予定しています。詳細については決定次第、漫湖水鳥・湿地センターウェブサイトにてお知らせいたします。
 皆さんのご参加お待ちしております。

■野鳥観察会 日程調整中

■フライデーナイト 大人の自由研究~鳥のブローチ作り~
  開催日時:10月24日(金)及び31日(金)予定

 

 

【お問合せ】
※イベントの日時や内容につきましては変更になることもあります。
イベントの内容、詳細、お申し込み方法等は、下記のウェブサイト、もしくは漫湖水鳥・湿地センターまでお問い合わせください。

■ホームページ: http://www.manko-mizudori.net/
■漫湖水鳥・湿地センターtel:098-840-5121

やんばるの森を通る大国林道をゆっくり歩きながら、鳥の声や生きものの様子を観察します。
季節ごとに変化していく生き物の様子を見ながら、ゆったり秋を感じてみませんか?

■開催日時:平成26年10月26日(日)8:30-10:30
■集合場所:やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
     (沖縄県国頭村)
■開催場所:大国林道(国頭村内、長尾橋付近)
■主  催:やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
■対  象:となたでも(小学生以下保護者同伴)
■定  員:20名(要申込み)
■参 加 費:100円(保険料として)
■持 ち 物:帽子、飲み物、虫除け、雨具(小雨決行)
    (あれば双眼鏡、ルーペ)

※イベントの詳細やお申し込みについては、ウフギー自然館までお問い合わせください。

■ホームページ: http://www.ufugi-yambaru.com/
■やんばる野生生物保護センターtel:0980-50-1025
moe gvc pf
2021年01月22日

【資料公表】環境省…

環境省は、脱炭素経営に関する情報プラットフォームを開設し、温室効果ガスのサプライチェーン排出量算定(Scope1,Scope2,Scope3)、またSBT(Sience Based…
2021年01月22日

【資料公表】環境省…

環境省は1月29日(金)まで、「日本・インドネシア環境ウィーク」を展開しており、両国の環境分野協力に…
2021年01月22日

【1/27開催】環境省…

環境省は、脱炭素経営の動向を共有、脱炭素社会の実現に向けた実践・行動を促すこと目的に、「脱炭素経営フ…
2021年01月22日

【2/9開催】国土交通省…

国土交通省は、農林水産省・環境省と共同で、生態系ネットワークに関する全国フォーラムをオンラインで開催…
2021年01月22日

【2/9開催】環境省…

環境省は、先月公表された「気候変動影響評価報告書」について概要を紹介し、適応策の一層推進について議論…