epohedimg001

環境省では、私たちの生きる基盤である森里川海とそれぞれのつながりをとりもどし、その恵みを持続可能な形で引き出し、未来の世代につなげていくことを目的に、平成26年12月に「つなげよう、支よう森里川海」プロジェクトをスタートしました。
 今般、本プロジェクトの一環として、全国において展開されている取組同士をつなぎ、個々の活動を全国的な取組として発信していくことを目的に、「つなげよう、支よう森里川海」アクションを募集致します。
 本プロジェクトの主旨に沿ったもので、皆さまが取り組まれている活動内容をお寄せ下さい。
 また、本プロジェクトの公式フェイスブックを開設しましたので、併せてお知らせします。

■公式フェイスブック
 https://www.facebook.com/morisatokawaumi/

■報道発表資料
 http://www.env.go.jp/press/101890.html

里地里山は、国土の約4割を占めており、特有な生物の生息環境としてだけではなく、食料や木材等自然資源の供給、国土の保全、良好な景観、文化の伝承等の観点からも重要な役割を担っています。
 この度、環境省では、「生物多様性保全上重要な里地里山」を選定しましたのでお知らせします。

■報道発表資料
 http://www.env.go.jp/press/101784.html

環境省は、小学校高学年以上を対象として、「こども環境白書2016」を作成しました。本年度は、絵本「くまのがっこう」シリーズのキャラクターが誌面に登場し、子供たちが環境問題を分かりやすく学べる内容となっております。

 本冊子は、全国の小学校等に1冊ずつ配布するほか、環境省ウェブサイトで電子データ(PDF形式)を公開します。また、「こども環境白書2016」を冊子として購読・活用等される方へ向けて、実費頒布も行います。

■詳細については、こちらをご覧ください。
 http://www.env.go.jp/press/101665.html

我が国の気候変動の影響に関する評価結果を踏まえ、様々な分野における気候変動の影響に対し、政府全体として整合のとれた取組を総合的かつ計画的に推進するため、本年9月11日に開催された第1回気候変動の影響への適応に関する関係府省庁連絡会議(以下「連絡会議」という。)において、「気候変動の影響への適応計画」について検討を行い、取りまとめることとしました。
 これを受けて、本日第2回連絡会議において、「気候変動の影響への適応計画(案)」が取りまとめられました。
 本計画案について、広く国民の皆様から御意見を募集するため、平成27年10月23日(金)から平成27年11月6日(金)までの間、意見の募集(パブリックコメント)を行います。


■意見募集期間
 平成27年10月23日(金)から11月6日(金)


■報道発表資料
http://www.env.go.jp/press/101591-print.html

■その他のパブリックコメント
 http://www.env.go.jp/info/iken/index.html

環境省では、家庭部門での地球温暖化対策を推進するため、各家庭のライフスタイルに合わせた省エネ、省CO2対策を提案するサービスである「家庭エコ診断」を進めています。
 この度、家庭エコ診断制度に関する説明会を開催しますので、お知らせします。(会場:東京、大阪)

■報道発表資料
 http://www.env.go.jp/press/101574.html
kumamoto pc20210219
2021年02月19日

【3/5締切】熊本連携中枢都市圏地球温暖…

熊本市環境政策課は熊本連携中枢都市圏地球温暖化対策実行計画(素案)に関するパブリックコメントを募集しています。…
2021年02月19日

【3/13開催】第27期…

特定非営利活動法人…
2021年02月17日

【3/13開催】「令和2年度ロ…

環境省が実施しているローカルSDGs実現に取り組むリーダー育成プログラム"migakiba(ミガキバ…
2021年02月17日

【3/11開催】サプライチェー…

環境省は脱炭素に向けた社会的機運を受け、サプライチェーン全体でのネットゼロを求める動きに対応した企業…
2021年02月17日

【3/9開催】CDP水セキュリ…

環境省は、環境分野に取り組む国際NGOであるCDPと「CDP水セキュリティレポート2020報告会×W…