epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

福岡県では、省エネ・省CO2な分散型発電として期待される「コージェネレーション(熱電併給システム)」の普及を図るため、民間事業者を対象とした導入セミナーを開催します。(平成26年度は4回開催予定)
 第3回セミナーでは、「コージェネレーションの特徴」、「最新の技術・導入事例」、「国や県の導入支援制度」などの紹介が行われます。
 福岡県では、電力需給の安定化にも貢献するコージェネレーションに興味のある民間事業者の皆様のご参加を呼び掛けています。
 興味をお持ちの皆様、ご検討してみてはいかがでしょうか。

■日時:12月16日(火)14:00~17:00(受付13:30~)
■場所:久留米市民会館 第1会議室(福岡県久留米市城南町16-1)
■対象:工場、医療施設、福祉施設、商業施設の管理者 等
■参加費:無料
■申込:下記URLからお申込みいただけます(12月12日まで)。
   http://www.f-energy.jp/detail.php?type=event&detail=575
■主催:福岡県
■問合せ先:福岡県 企画・地域振興部 エネルギー政策室 普及支援班
    (電話092-643-3228)

クロツラヘラサギは、主に九州沖縄の河口や干潟で越冬する国際的な絶滅危惧種です。近年、河川等に捨てられた釣り針が嘴に刺さったり、釣り糸に絡まったりして死亡する事故が発生しています。

 環境省では、釣り糸・釣り針やゴミの放置防止を呼びかけるポスター、リーフレット等を作成しました。
 クロツラヘラサギが飛来する関係市町村、学校、各種団体等へ、ポスター、リーフレットを配布して掲示等をお願いするなど、協力を呼びかけて参ります。

 ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

※ 下記URLから、ポスター、リーフレットをダウンロードできます。
  http://kyushu.env.go.jp/to_2014/1121a.html

中央環境審議会 循環型社会部会 水銀廃棄物適正処理検討専門委員会は、「水俣条約を踏まえた今後の水銀廃棄物対策について(案)」を取りまとめました。
 本案について、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、パブリックコメントを実施いたします。

■意見募集対象:
 「水俣条約を踏まえた今後の水銀廃棄物対策について(案)」
■関係する資料の入手方法:
 (1)電子政府の総合窓口
   http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
  (2)窓口での配布:
     環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課(水銀廃棄物担当)
     (東京都千代田区霞ヶ関 1-2-2 中央合同庁舎5号館 26階)
■募集期間:
 平成26年11月20日(木)~平成26年12月19日(金)
■意見の提出方法:
 インターネット(http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public)、
 郵送又はファックスにより提出先まで御提出ください。
■提出先:
(郵送)〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
    環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課(水銀廃棄物担当)
(FAX)03-3593-8264
※ 詳細については、下記をご覧ください(環境省HP)。
  http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=18962

「共に生きる。」と聞くと、何を思い浮かべますか?誰を思い浮かべますか?
どんな場所でしょうか?それは、旅をした遠くの土地ではなく、日頃、私達が行動する「地域」が舞台になっていませんか?
「地域」の強みや弱みが注目される今。
私達が生きる世界である「地域」を一緒に見つめ直し、再創造への希望と夢を持てるお話しをして頂きます。

日程:11月 30日 (日)
場所:熊本市東部交流センター(熊本市東区戸島町2 5 8 8 番地1、電話番号: 096-349-0888)

第一部:「ゆずり葉の風」
 時間:10:30-12:00
 参加費:無料
 内容:地域で活動されている方々のご紹介と交流後、内山節さんより
    総評を頂きます。

第二部:内山節講演会
 講演テーマ「生きる世界の再創造をめざして」
 時間:13:30~16:30
 参加費:1,500円(前売り)2,000円(当日)

主催: 一般社団法人ゆずり葉
後援: 農文協
お申し込み・連絡先:一般社団法人ゆずり葉
 (tel:096-202-4136、FAX:096-202-4055、MAIL:
※参加人数状況を把握する為、事前申し込みをお願い致します。

詳細はこちら:http://yuzuriha.co/

ヨーロッパでは、「農家の収入を上げて安定させるのは再生可能なエネルギー」という認識が当たり前になっています。太陽光、風力、小水力、バイオマス・・・。化石燃料の高騰が大きな課題となっている中、農村でこそポテンシャルの高いこれらの再生可能なエネルギーについて、またそれを利用した付加価値の高い農産物を生産している事例についても学び、経営の改善や安定化について考えるきっかけとしませんか?

期日:平成26年11月23日(日)

時間:13:00~17:15(12:30受付開始)

場所:セカンドサイト・ジャンジャンゴー(熊本市中央区花畑町13-10)

参加費:無料


主催:くまもと農業経営塾 塾生有志

後援:全国ご当地エネルギー協会


お申し込み・お問合せ:事務局 南阿蘇村両併587 090-7926-6895


内容

Ⅰ.パネルディスカッション

「再生可能なエネルギーは農家・農村の未来」
パネリスト:ソーレン・ハーマンセン氏、信夫隆生氏、遠山忠宏氏、小野泰輔副知事 他
ファシリテーター:大津愛梨


Ⅱ.事例発表

「日本における可能性および法的枠組み~再生可能なエネルギーと六次産業化~」
農林水産省 食料産業局産業連携課長 信夫隆生氏


「エネルギー兼業農家のすすめ~新潟における実践例~」
株式会社開成 代表取締役 遠山忠宏氏


「再生可能なエネルギーで農村活性~世界レベルの先進事例~」
サムソ・エネルギー・アカデミー 代表 ソーレン・ハーマンセン氏



Default Image
2020年07月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

令和2年7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年07月31日

環境省…

環境省による、使用済製品や有用金属等を国内で効率良く回収、リユース・リサイクルするための情報プラット…
2020年07月31日

環境省…

環境省による「気候変動×デジタル」プロジェクト検討結果が取りまとめられ公表されました。…
2020年07月31日

【8/26開催】環境省…

環境省は、「新・湯治」に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する取組を行ってい…
2020年07月31日

【後日資料公開】第13回 国立…

環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」にあたり、有識者会議が予定されています。…