epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

この秋から始まる、メディア連携事業の一環で訪問することになっている長洲町の工業団体内にあるメガソーラー施設に行ってきました。

3.7メガの出力を持つ「ソーラー林」は圧巻です。

町役場の方にご案内いただき、沿岸部の工業団地の一角をソーラーパネルが埋め尽くします。

p1070997.jpg

近づくとかなりの迫力です。

p1070998.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで発電される電力は、隣接するLIXILのアルミ工場にて活用されるそうです。

この施設の見学と運営企業の取組について学習会が開催されます。長洲町では、見学受付を行っています。

是非、学校や活動グループで見学されてはいかがでしょうか?



そして、長洲町で忘れてはいけないのが金魚。役場の玄関脇でお出迎えしてくれました。

 p1070991.jpg

 【活動地域】沖縄県
【EPO九州との主な連携事業】 生物多様性交流フェア(2010) 

国頭ツーリズム協会は、豊かな地域の資源(自然環境や歴史、文化、人材 など)を適正に利活用し、次世代へ責任を持って継承していくことを目的に活動しています。 さらに、持続可能なかたちで活かしていくツーリズムを地域の人々とともに学び、 伝えることで、環境教育の拠点づくりとあわせて、地域の発展の実現に結びつく活動を展開しています。 【特定非営利活動法人 国頭ツーリズム協会 】 

【活動地域】福岡県

【EPO九州との主な連携事業】生物多様性交流フェア(2010) 
特定非営利活動法人 里山を考える会では、「持続可能なライフスタイルを里山的暮らしのデザインで!」 をコンセプトに、環境や社会に負荷をかけない、都市での里山的な暮らしの在り方や 実践を行うとともに、持続可能なライフスタイルの地域づくり街づくり を目指した活動を 行っています。

2月に開催された九州環境ボランティア会議 の企画ふりかえりがありました。
主催団体となる九州環境サポートセンターNPO法人くまもと温暖化対策センター
NPO法人環境ネットワークくまもと 、EPO九州の担当者が、それぞれの立場から
企画についてふりかえりをしました。

九州の環境活動を底上げしてく企画趣旨をふまえながら、それぞれの専門性や
ネットワークにどうつなげていくか、意見交換し、今年度の活動につながるしかけや
企画案を積極的に持ち寄っていくことが確認されました。
EPO九州も、今年度の事業や企画をとおしてこれらの団体と連携した取組を
模索していきます。





有八シンポ2019チラシ最終 191017サイズ調整 page 0001
2019年11月21日

【熊本】シンポジウム「水環境が支える熊本…

河川流域の抱える多くの問題に取り組んでいる、熊本大学の「くまもと水循環・減災研究教育センター」。 今回、河川流域に関するシンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり」を開催されます。…
2019年11月20日

【11/24〆】生物多様性ユー…

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年九州水フォー…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…