epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

環境省では、多くの人々が自然に親しみ自然への理解を深めることを目的として、各種行事を実施しています。
 今回は霧島錦江湾国立公園霧島地域の御池及び御池野鳥の森において、講師の自然解説をうけながらイチイガシやカヤなどが生える森の散策とカモの仲間やジョウビタキなどの冬鳥の観察を行います。

■日時 平成27年2月8日(日) 9時30分~14時00分(9:15から受付開始)
■場所 宮崎県高原町 御池及び御池野鳥の森
■講師 霧島地区パークボランティア
■募集人員 20名
■申込方法 事前に電話でお申し込み下さい。
      申し込み:(一財)自然公園財団えびの支部 TEL0984-33-3002
      問合わせ:環境省えびの自然保護官事務所 TEL0984-33-1108
■参加費用 1人300円(保険料等)
■主催 九州地方環境事務所
    http://kyushu.env.go.jp/pre_2015/post_6.html

環境省は、1月16 日、長崎県で実施予定の「宇久島風力発電事業」(グリーンパワー株式会社、風力開発株式会社)に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出しました(※)。
 本事業は、長崎県佐世保市宇久町(宇久島、寺島)において、総出力100,000kWの風力発電設備を設置するものです。
 環境大臣意見では、近隣住民の生活環境、動植物及び主要な眺望点からの景観に対する影響が強く懸念される風力発電設備及び取付道路について、次のことを求めています。
・ 配置の変更又は設置の取りやめを求めること
・ その上で騒音等の影響を回避・低減するため低騒音型の風力発電設備の採用や稼働時間の調整等の適切な環境保全措置を講ずること

(※)環境影響評価法及び電気事業法では、出力10,000kw以上の風力発電所の設置又は変更の工事を対象事業とされており、環境大臣は、事業者から提出された環境影響評価準備書について、経済産業大臣からの照会に対して経済産業大臣に意見を言うことができるとされています。

森林の中に埋もれている未利用材を活かし、化石燃料に頼らないエコな社会に向けて小型木質ボイラーの勉強会を開催します。

薪や木質チップを活用したボイラーには、風呂などの給湯設備にとどまらず、一般家庭や事業所での暖房利用や農業用ハウスの加温など様々な可能性があります。

講師の皆さんからの様々な導入事例のお話しや現地視察を通じ、皆さんと一緒に地域に根差した小型木質バイオマスについて考えたいと思います。
どなたでも参加できます。お気軽にお申込みください。

□日程:2/18(水)13:30(13:00受付)
     ~19(木)11:00

□初日の集合場所:農林業体験交流施設「四季菜館」
    八女市黒木町笠原641 TEL0943-42-2722

※宿泊は、山村塾事務局のある笠原東交流センター「えがおの森」
(八女市黒木町笠原9836-1)にて

□スケジュール・内容
〇2/18(水) 13:00~受付

第一部 話題提供と意見交換会@四季菜館
13:30~14:00 見学会「四季菜館のウッドボイラーと手作り床暖房」
14:00~15:30 話題提供
 話題1「ウッド(薪)ボイラーのいろいろな活用方法(仮題)」
  吉川昌作さん(エーテーオー株式会社)
  (参考)http://www.ato-nagoya.com/index.html
 話題2「八女市におけるバイオマスの現状と有効利用」
  平島隆夫さん(八女市林業振興課長)
 (参考)http://www.city.yame.fukuoka.jp/sec/k22/nougyouriyou.html
 話題3「補助金、カーボン・オフセットに係る情報提供」
  山村公人さん(ビーツーサポート株式会社代表、
    一般社団法人カーボンオフセット協会専務理事)
(15:30~15:40休憩)
15:40~16:30 意見交換会「地域に根差した小型木質バイオマスについて」
 進行:小森耕太(山村塾事務局長)

第二部 見学会と懇親会@えがおの森
16:40四季菜館を出発し、えがおの森へ
17:00見学会「えがおの森のボイラーと暖房システム、五右衛門風呂も」
18:30懇親会@えがおの森

2/19(木)
〇第三部 現地視察(2ヶ所)
8:30えがおの森出発
8:40見学会「車ラジエターを活用した籾乾燥機と堀ゴタツ」
   @お茶の大幸園(大橋製材所)
9:20八女市納楚付近へ移動
10:00見学会「八女市の小型木質バイオマスボイラ農業施設実証事業」
11:00 現地にて解散


□参加費 500円(資料代、運営費 ※二日間共通)
※別途、懇親会費1500円、宿泊と朝食代1600円(参加希望の方のみ)

□申し込み方法
以下をご記入の上、事務局までお申込みください。定員15名になり次第〆切ます。
1)お名前
2)連絡先
3)同行者のお名前(学生、子供の方は学年または年も)
4)黒木バス停からの送迎の必要をお知らせください。
5)参加スケジュール(以下に〇印をご記入ください。)
( )一日目プログラム
( )懇親会 ※1500円
( )宿泊・朝食 ※1100円
( )二日目プログラム

※えがおの森は、元小学校を活用した交流施設です。
 宿泊される方は、タオル、着替え、寝巻き、洗面用具
(石鹸、シャンプーはあります)等が必要です。

□申し込み・お問い合わせ 山村塾事務局 小森耕太
 〒834-1222
 福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
 TEL・FAX 0943-42-4300
 事務局携帯080-8562-4558
 メール 
 山村塾HP http://sansonjuku.com/

県では、環境を守り育て、次の時代に引き継ぐため環境にやさしい取組を行っている個人、団体、学校、企業などを毎年、知事表彰しています。
 今回も「くまもと環境賞 部門賞」として、「くまもとストップ温暖化賞」、「くまもと循環型社会賞」、「くまもと自然共生賞」、「くまもと水の国賞」、「くまもと環境教育賞」の5部門で受賞候補者の募集を行います。自薦、他薦は問いません。
 地域や職場で、省エネ、3Rの推進、豊かな自然の保全、地下水涵養、環境教育の推進など、くまもとの環境を良くするために頑張っていらっしゃる方は、是非ご応募ください。また、そうした方を御存知の場合は、推薦をお願いします。

募集期間平成27年1月21日(水)~平成27年2月27日(金)

推薦調書のダウンロードはこちらから
http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/48/kumamotokankyousyou.html

九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)及び九州経済産業局では環境ビジネスの創出、ビジネスマッチング、人脈形成を目的として、毎月1回環境ビジネスに特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。
 平成27年の1回目は、一次産業でも活用できるエコな技術のご紹介です。また交流会(酒類含む)では、新年に向けた活発な意見・情報交換が出来ます。是非ご参加ください。
 
■日 時:平成27年1月15日(木)
      講演会:17時00分~18時30分
      交流会:18時30分~19時30分
■場 所:福岡合同庁舎本館 6階 第2・3会議室(福岡市博多区) 
■参加費:講演会:無料
      交流会:2000円程度(新年会につきお酒有) 
■内 容 
◆K-RIP取組紹介
◆プレゼンテーション1
 テーマ :船舶用省エネ装置「YOSACONシリーズ」のご紹介
 講演者 :山川造船鉄工 株式会社

◆プレゼンテーション2
 テーマ :多種燃料利用可能 バイオマスバーナーを利用するゼロ・エミッション
 講演者 :株式会社 エム・アイ・エス

◆プレゼンテーション3(調整中)

■お申込み
 下記URLから「ご案内&申込書」をダウンロードし、に必要事項をご記入の上FAX及びメールにてお申し込み下さい。
  https://www.k-rip.gr.jp/news/?p=4396
 
■お申込み・お問合せ先
▼九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ  担当:嶋田・中尾  
   TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609  
▼九州経済産業局 環境対策課  担当:秦・栢田 TEL:092-482-5499
Default Image
2020年07月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

令和2年7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年07月31日

環境省…

環境省による、使用済製品や有用金属等を国内で効率良く回収、リユース・リサイクルするための情報プラット…
2020年07月31日

環境省…

環境省による「気候変動×デジタル」プロジェクト検討結果が取りまとめられ公表されました。…
2020年07月31日

【8/26開催】環境省…

環境省は、「新・湯治」に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する取組を行ってい…
2020年07月31日

【後日資料公開】第13回 国立…

環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」にあたり、有識者会議が予定されています。…