epohedimg001

josei title bu

林野庁による地域住民や森林所有者が協働で行う、保全管理や森林資源利活用を支援する交付金事業が募集されています。

ご関心のある方は、支援を受けるための要件をご確認の上、各地域協議会にお問合せください。

 


 

森林・山村多面的機能発揮対策交付金

 

tamenteki 782

 

1.概要

背景・課題

森林の有する多面的機能を発揮するためには、適切な森林整備や計画的な森林資源の利用が不可欠ですが、林業の不振、山村地域の過疎化・高齢化により森林の手入れを行う地域住民が減少し、適切な森林整備等が行われていない箇所が見られます。
そのため、地域住民等による森林の手入れ等の共同活動への支援を行うことが必要です。

 

事業内容

森林の有する多面的機能の発揮に向け、地域住民等による森林の保全管理活動等の取組を、市町村等の協力を得て支援します。なお、交付金の申請に当たっては、都道府県単位に設立されている地域協議会に申込みをしてください。

(1)メインメニュー

ア.地域環境保全タイプ
   ・集落周辺の美しい里山林を維持するための景観保全・整備活動、松林の健全性を維持するための保全活動、風倒木や枯損木の除去、集積、処理
   ・高密に侵入したモウソウチク等の侵入竹の伐採・除去や利用に向けた取組
イ.森林資源利用タイプ
   ・集落周辺の里山林に賦存する広葉樹等の森林資源を木質バイオマス、炭焼き、しいたけ原木等及び伝統工芸品原料に活用することを目的とした樹木の伐採、玉伐り、搬出等

 

(2)サイドメニュー(メインメニューと組み合わせることにより実施が可能)

 

ア.森林機能強化タイプ
   ・事業の円滑な実施や森林の多面的機能の維持・発揮に必要な路網や歩道の補修・機能強化、鳥獣被害防止施設の改良・補修活動
 
イ.機材及び資材の整備
   ・上記(1)のア、イ及び(2)のアの活動の実施に必要な機材及び資材の整備

 

事業説明資料、問合せ先となる地域協議会は下記よりご確認ください。

 

森林・山村多面的機能発揮対策交付金:林野庁

rinya tamentekikouhu 2020

Tags:

農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより、地域の活性化、所得向上に取り組む事例を農林水産省が選定、発信を通じて横展開を図る「ディスカバー農山漁村の宝(むらのたから)」の募集が行われています。

選定されると、選定証の授与、特設Webサイトでの活動の紹介などを通じ全国的な情報発信が行われます。

 

【参考】

選定地区事例集 ディスカバー農山漁村の宝:農林水産省

https://www.discovermuranotakara.com/sentei/jirei/

 

第6回選定地区一覧 ディスカバー農山漁村の宝:農林水産省

https://www.discovermuranotakara.com/sentei/select6/

 


 

「ディスカバー農⼭漁村の宝」(第7回選定)応募要領

 

1.「ディスカバー農⼭漁村の宝」とは

「ディスカバー農⼭む漁村らの宝」とは、「強い農林⽔産業」、「美しく活⼒ある農⼭漁村」の実現のため、農⼭漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良な事例を選定し、全国への発信を通じて他地域への横展開を図るものです。
このため、他の地域の参考となるような優れた地域活性化の取組を募集します。選定された地区に対しては、選定証の授与を⾏うとともに、「ディスカバー農⼭漁村の宝」特設Web サイトでの活動の紹介などを通じて、全国的な情報発信を⾏います。

【「ディスカバー農⼭漁村の宝」特設Web サイト】https://www.discovermuranotakara.com/

 

2.応募について

(1)応募の対象となる取組
地域において、新たな需要の発掘・創造や埋もれていた地域資源の活⽤を⾏うことにより、農林⽔産業・地域の活⼒創造につながる、次の①から③のいずれかに該当する取組とします。

 

① 美しく伝統ある農⼭漁村を次世代へ継承する取組

(例︓歴史的景観、伝統、⾃然等の保全・活⽤を契機とした農⼭漁村活性化を図る取組、消費者や住⺠のニーズを踏まえた都市農業の振興に関する取組 など)

② 幅広い分野・地域との連携により農林⽔産業・農⼭漁村を再⽣する取組

(例︓6次産業化、農福連携、震災復興、都市と農⼭漁村の共⽣・対流を推進する取組、⼥性・⾼齢者の活躍する取組 など)

③ 国内外の新たな需要に即した農林⽔産業を実現する取組

(例︓農泊を推進するためにインバウンドを含めた旅⾏者等を農⼭漁村に呼び込む取組、農林⽔産物の輸出に向けた取組、ジビエの普及啓発や需要拡⼤を推進する取組 など)

 

(2)応募資格
①「(1)応募の対象となる取組」に該当する取組を⾏っている団体及び個⼈とし、⾃薦、他薦は問いません。
②団体を対象とした「コミュニティ部⾨」及び「ビジネス部⾨」、個⼈を対象とした「個⼈部⾨」の3 部⾨を各々募集します。
③「コミュニティ部⾨」及び「ビジネス部⾨」の重複応募は出来ませんが、「コミュニティ部⾨」と「個⼈部⾨」、「ビジネス部⾨」と「個⼈部⾨」の重複応募は可能です。また、「個⼈部⾨」のみの応募も可能です。
④過去に「ディスカバー農⼭ む漁村らの宝」に選定された団体は、「コミュニティ部⾨」及び「ビジ
ネス部⾨」には応募出来ませんが、「個⼈部⾨」には応募可能です。

 

(3)応募⽅法
以下のURL(「ディスカバー農⼭漁村の宝」特設Web サイト内)より、
①応募⽤紙を以下のURLよりダウンロードし、必要事項を記⼊してください。
https://www.discovermuranotakara.com/sentei/
※応募⽤紙(団体⽤及び個⼈⽤)の記⼊⽅法は、別添の応募⽤紙(記⼊例)をご覧ください。
②上記URLの応募フォームに必要事項を⼊⼒いただいたうえで、必要事項を記⼊した応募⽤紙を添付し、送信してください。
※応募⽅法にご不明な点がある場合は、6.問合わせ先までご連絡ください。
③応募⽤紙の記⼊に当たっては、ビジネス部⾨(事業化を通じて所得向上や雇⽤を⽣み出す取組等)、コミュニティ部⾨(関係者の連携による活動で地域に活⼒をもたらす取組等)、個⼈部⾨(地域でリーダー的な活躍をしている者等)それぞれの特性を踏まえた内容として下さい。

 

(4)選定⽅法

応募資料をもとに、有識者懇談会において総合的に審査し、優良事例を選定します。

 

① 団体部⾨(「コミュニティ部⾨」及び「ビジネス部⾨」)

応募状況に応じて、応募の中から両部⾨計30 地区程度を「ディスカバー農⼭む漁村らの宝」の優良事例として選定し、両部⾨の中から最優良地区を「グランプリ」、グランプリ以外で各部⾨での優良地区を「準グランプリ(各部⾨)」として選定し、表彰します。

② 個⼈部⾨

応募状況に応じて、応募の中から5~10 名程度を「ディスカバー農⼭む漁村らの宝」の優良事
例として選定し、その中から優良者を「個⼈賞」として選定し、表彰します。

 
(5)応募期間

令和2年7⽉1⽇(⽔)から令和2年9⽉4⽇(⾦)まで

 

3.選定結果及び選定証の授与

選定結果については、10 ⽉頃に「ディスカバー農⼭漁村の宝」特設Web サイト等で公表します。
また、選定証については、公表後に都内で開催する選定証授与式において授与する予定です。

 

4.「地⽅版ディスカバー農⼭漁村の宝」について

・応募された取組は、「地⽅版ディスカバー農⼭漁村の宝」として、応募者の所在地を所管する各地⽅農政局等においても、審査・選定を⾏います。
・選定結果については、各地⽅農政局等による審査・選定の後、農林⽔産省のホームページ等において、公表を⾏います。
・地⽅版「ディスカバー農⼭漁村の宝」に選定された地区については、後⽇、各地⽅農政局等より、選定証を授与します。
※各地⽅農政局等が所管する都道府県は6.問合せ先を御覧ください。

 

5.その他

(1)提出された資料については、後⽇、担当窓⼝から内容等の問い合わせを⾏う場合がありま
す。
(2)選定された団体の取組は、全国へ優良事例として紹介していくため、広報・PR 活動、各種イ
ベント等への御協⼒をお願いする場合がありますので、あらかじめ御了承ください。
(3)選定審査にあたり応募資料に虚偽⼜は選定後に優良事例としてふさわしくない⾏為があった
と認められた場合には、選定を取り消し、選定証を返納していただくこととなります。

 

6.問合せ先(問合わせ時間10:00〜17:00 ※平⽇のみ)

①応募者の所在地︓北海道

農林⽔産省 農村振興局 農村政策部 都市農村交流課 活性化推進班<事務局>
〒100-8950 東京都千代⽥区霞が関1-2-1
TEL︓03-3502-5948 FAX︓03-3595-6340

②応募者の所在地︓⻘森県、岩⼿県、宮城県、秋⽥県、⼭形県、福島県

東北農政局 農村振興部 農村計画課
〒980-0014 宮城県仙台市⻘葉区本町3-3-1 仙台合同庁舎
TEL︓022-261-6734 ⼜は022-263-1111(内線4445、4185) FAX︓022-216-4287

③応募者の所在地︓茨城県、栃⽊県、群⾺県、埼⽟県、千葉県、東京都、神奈川県、⼭梨県、⻑野県、静岡県

関東農政局 農村振興部 農村計画課
〒330-9722 埼⽟県さいたま市中央区新都⼼2-1 さいたま新都⼼合同庁舎2 号館
TEL︓048-740-0480 FAX︓048-740-0082

④応募者の所在地︓新潟県、富⼭県、⽯川県、福井県

北陸農政局 農村振興部 農村計画課
〒920-8566 ⽯川県⾦沢市広坂2-2-60 ⾦沢広坂合同庁舎
TEL︓076-232-4531 FAX︓076-263-0256

⑤応募者の所在地︓岐⾩県、愛知県、三重県

東海農政局 農村振興部 農村計画課
〒460-8516 愛知県名古屋市中区三の丸1-2-2
TEL︓052-223-4629 FAX︓052-220-1681

⑥応募者の所在地︓滋賀県、京都府、⼤阪府、兵庫県、奈良県、和歌⼭県

近畿農政局 農村振興部 農村計画課
〒602-8054 京都府京都市上京区⻄洞院通下⻑者町下る丁⼦⾵呂町
TEL︓075-414-9051 FAX︓075-451-3965

⑦応募者の所在地︓⿃取県、島根県、岡⼭県、広島県、⼭⼝県、徳島県、⾹川県、愛媛県、⾼知県

中国四国農政局 農村振興部 農村計画課
〒700-8532 岡⼭県岡⼭市北区下⽯井1-4-1 岡⼭第2 合同庁舎
TEL︓086-224-9416 FAX︓086-227-6659

⑧応募者の所在地︓福岡県、佐賀県、⻑崎県、熊本県、⼤分県、宮崎県、⿅児島県

九州農政局 農村振興部 農村計画課
〒860-8527 熊本県熊本市⻄区春⽇2-10-1 熊本地⽅合同庁舎
TEL︓096-211-9111(内線4613) FAX︓096-211-9812

⑨応募者の所在地︓沖縄県

沖縄総合事務局 農林⽔産部 農村振興課
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち2-1-1 那覇第2地⽅合同庁舎2号館
TEL︓098-866-1652 FAX︓098-860-1194

 

ディスカバー農山漁村の宝:農林水産省
https://www.discovermuranotakara.com/sentei/

discover muranotakara2020

Tags:

日本水大賞委員会と国土交通省による「第23回日本水大賞」の募集が始まりました。
水循環の健全化に向けた諸活動を広く顕彰、支援するために創設され、水防災、水資源分野などで活動する個人、団体などが募集対象です。

九州、沖縄地域からも多くの受賞者、受賞団体がこれまで顕彰、支援を受けています。

 

【参考】

「日本水大賞」http://www.japanriver.or.jp/taisyo/

「これまでの受賞活動」http://www.japanriver.or.jp/taisyo/oubo_jyusyou/oubo_jyusyou_frame.htm

 


 

第23回日本水大賞の募集を開始 ~水に関わる優れた活動を表彰~

 

mlit mizutaisho2020

 

日本水大賞委員会(名誉総裁 秋篠宮皇嗣殿下、委員長 日本科学未来館館長 毛利衛)と国土交通省は、令和2年7月7日から第23回日本水大賞の募集を開始します。

日本水大賞は、水循環の健全化に向けた諸活動を広く顕彰し、活動を支援するために創設されました。

水防災、水資源分野などで活動する個人、団体などが募集対象です。

 

1. 応募の対象範囲


(1)対象となる活動分野:水防災、水資源、水環境、水文化、復興

(2)対象となる活動主体:学校、企業、団体、個人、行政

2. 応募方法


応募用紙(3枚)に応募活動の概要、活動のアピールポイント等、必要事項を記入の上、下記送付先にE-mailまたは郵送等で応募してください。

(1)応募要項の取得 
(2)送付先 公益社団法人 日本河川協会
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3階
E-mail:
(3)募集期間 令和2年7月7日~10月31日(郵送の場合は当日消印有効)

 

3. 日本水大賞の内容


応募頂いた活動の中から、優れたものに対して以下の賞を授与します。

[1]大賞

[2]大臣賞(国土交通大臣賞、環境大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞)

[3]市民活動賞

[4]国際貢献賞

[5]未来開拓賞

[6]審査部会特別賞


添付資料

https://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo03_hh_001029.html

 

お問い合わせ先

水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室課長補佐  中元(なかもと)
TEL:03-5253-8111 (内線35375) 直通 03-5253-8446 FAX:03-5253-1602

水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室係長 高橋
TEL:03-5253-8111 (内線35345) 直通 03-5253-8446 FAX:03-5253-1602

 

Tags: ,

環境省では事業場・工場を対象に、エネルギー起源二酸化炭素排出抑制のための先進的で高効率な低炭素機器の導入を支援する「先進対策の効率的実施による二酸化炭素排出量大幅削減設備補助事業」(ASSET事業)を実施しており、対象事業者の2次募集が行われています。

【参考】環境省_ASSET ウェブサイト : 制度概要 : L2-Techとは
https://www.asset.go.jp/outline/bat

 


 

令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(先進対策の効率的実施による二酸化炭素排出量大幅削減設備補助事業)に係る対象事業者の二次公募について

環境省では、業務部門・産業部門における温室効果ガス排出量の大幅削減のため、平成24年度より、事業場・工場を対象に、エネルギー起源二酸化炭素排出抑制のための先進的で高効率な低炭素機器等の導入を支援する「先進対策の効率的実施による二酸化炭素排出量大幅削減設備補助事業」(ASSET事業)を実施しております。
この度、本年度の対象事業者の二次公募を開始いたしますのでお知らせします。多くの事業者の方々の御応募をお待ちしております。


1.公募について

(1)事業概要
 本事業は、高効率な低炭素機器(L2-Tech認証製品等)の導入により、CO2排出削減目標を掲げ、その目標達成を約し、本事業の参加者全体において排出枠の調整を行い、事業全体として確実な排出削減を目的とし、それら低炭素機器の導入を支援するものです。

※L2-Tech:先導的 (Leading) な低炭素技術 (Low-carbon Technology)

(http://www.env.go.jp/earth/l2_tech_japan/index.html)

(2)公募期間 (二次公募)
令和2年7月13日(月)~同年8月20日(木) 12時必着

(3)公募要領
詳細はASSET事業ウェブサイト(https://www.asset.go.jp/rule/index/2020)を御覧ください。

2.公募説明会の中止について

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、公募説明会は中止とし説明資料をウェブサイトに公開します。詳細はASSET事業ウェブサイト(https://www.asset.go.jp/rule/index/2020)を御覧ください。

3.公募に関する問合せ先

一般社団法人温室効果ガス審査協会ASSET事業運営センター事業部

E-mail:

※お問合せの際は電子メールを利用してください。


連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8354

環境省は、廃棄物処理施設において、高効率な廃熱利用と大幅な省エネが可能な設備の導入により得られるエネルギーを有効活用することで、エネルギー起源のCO2の排出抑制を図りつつ、当該施設を中心とした自立・分散型の「地域エネルギーセンター」の整備を進めることによる低炭素化の取り組みを支援することを目的として、「廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業」を実施しています。

この事業について下記の3件について事業公募が行われております。

公募期間はいずれも令和2年7月13日(月)から同年7月31日(金)までとなっています。

 

 

環境省_令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業)電線、変圧器等廃棄物発電により生じた電力を利活用するための設備又はこれらの設備を運転制御するために必要な通信・制御設備等を導入する事業の二次公募について
https://www.env.go.jp/press/108203.html
 
環境省_令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業)熱導管等廃棄物の処理により生じた熱を利活用するための設備又はこれらの設備を運転制御するために必要な通信・制御設備等を導入する事業の二次公募について
https://www.env.go.jp/press/108204.html
 
環境省_令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業)廃棄物処理施設からの余熱や発電した電気を地域において有効利用するために余熱見込量や事業採算性の検討等を行い事業としての実現可能性を調査する事業の二次公募について
https://www.env.go.jp/press/108205.html

 

 

問合せ先

一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会 補助事業担当 
  〒143-0016 東京都大田区大森北4丁目8-1ユアサ大森ビル6階
  E-mail 

 

連絡先

環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-9273
taisei shizen rekishi2021
2021年05月06日

【7/30必着】公益信託…

公益信託 大成建設自然・歴史環境基金は、自然・歴史環境の保全活動や研究を行う非営利団体への助成を行っています。 今年度の募集は令和3年5月11日に要項が基金のWebサイトへ情報掲載予定です。…
2021年05月01日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和3年4月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2021年05月01日

【8/31締切】環境生活文化機…

公益社団法人…
2021年05月01日

【結果公表】環境省…

環境省では、エコツーリズムを活用した地域活性化を推進する活動に対して「エコツーリズム地域活性化支援事…
2021年05月01日

【資料公表】環境省…

農林水産省と環境省は、令和2年度の「コロナ後の経済社会の再設計(Redesign)に向けた「農林水産…