epohedimg001

josei title bu

つないでみよう! あなたの活動と生物多様性。

生物多様性という言葉には、ちょっと難しいイメージがありますが、5つのアクションを切り口にすれば、誰もがもっと参加しやすくなるのではないでしょうか。

たとえば、地産地消で旬の食材を使う食堂(たべよう)、海や川、山での自然体験(ふれよう)、美しい自然や生きものの姿を写真で表現(つたえよう)、地域に残る伝統文化の保存(まもろう)、環境に配慮した商品開発(えらぼう)など。

ほかにもユニークな視点で生物多様性保全につながる活動がたくさんあるでしょう。ぜひ、あなたの活動を「生物多様性」とつないで、応募してみてください。ほかの誰かのアクションのきっかけにもつながるはずです。

概要

「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が推進している「MY行動宣言 5つのアクション」を参考に、5つのアクションに即した活動を表彰する「生物多様性アクション大賞」を設置します。本賞は、全国各地で行われている5つのアクションに貢献する団体・個人の取組みを表彰し、積極的な広報を行うことにより、生物多様性の主流化を目指すものです。活動規模の大小を問わず、あらゆるセクターに「生物多様性の自分ごと化」を促し、「国連 生物多様性の10年」の広報・教育・ 普及啓発(CEPA)活動の一つとして、またCOP10で採択された「愛知目標」達成の一助として実施します。

具体的には、全国各地で行われている生物多様性の保全や持続可能な利用につながる活動を募り、「たべよう部門」、「ふれよう部門」、「つたえよう部門」、 「まもろう部門」、「えらぼう部門」の5部門で「優秀賞」を選定し、さらに「優秀賞」受賞者によるプレゼンテーションを経て「大賞」を選定します。

募集期間:2014年5月22日(木)から9月1日(月)まで

応募要項をご確認の上、2014年9月1日(月)までに、下記ウェブサイトの「エントリーする」にて応募してください。

http://5actions.jp/award/index.html

※同8件は、地域のみの違いのため、共通事項はまとめています。

【目的】
 環境保全に取り組む民間団体(NGO・NPO 等)のスタッフを対象とした、資金獲得、人材育成、
 広報戦略、プロジェクト管理等をテーマとした研修を開催し、組織運営における課題を解決へ
 導くために必要な各員の知識・技能向上を目的とします。また、研修を通じ、受講者同士、
 中間支援組織、専門家・行政・地域住民等のステークホルダーとのネットワーク構築を図ると
 ともに、NGO・NPOの組織運営力や活動推進力の向上と、地域における環境分野の課題
 解決への取り組みの促進を目指します。

【研修テーマ】
 資金獲得、人材育成、広報戦略、プロジェクト管理のうち1つ以上を取り上げ、研修
 テーマを設定

【業務実施期間】】(複数年契約:2年間)
 契約締結の日から平成28年2月26日(金)まで

【研修形態】
 1年目:基礎研修【本講座、他機関での現場体験・実習、ヒアリング・アドバイス、フォローアップ講座】
 2年目:基礎研修【本講座、他機関での現場体験・実習、ヒアリング・アドバイス、フォローアップ講座】※
     応用研修【本講座、他機関での現場体験・実習、ヒアリング・アドバイス、フォローアップ講座】
 ※2年目の基礎研修は、基本的に1 年目の内容と同じ内容で実施

【開催地域】
 各研修は、ブロックの以下ⅰ)、ⅱ)の2地域で開催することとします。

 ⅰ)大都市圏(政令指定都市、中核市)
 ⅱ)地方都市(大都市圏以外の都市)

【対象者】
 環境保全に取り組む民間団体での活動従事経験が3年以上、もしくは
 プロジェクトマネージャー経験者など同等の実績・経験等を有し、
 現在、組織運営等について課題意識をもっている方

【定員】
 基礎研修:1地域10名
 応用研修:1地域20名


【入札説明書の交付期間】
本公告の日から平成26年5月30日(金)の平日10:00~17:00の時間帯 (ただし12:00~13:00を除く)
※電子メールによる入札説明書の交付を受けようとする時は、平成26年5月27日(火)の17:00まで

【契約条項を示す場所、入札説明書の交付場所及び問い合わせ先等】
独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部 基金管理課
TEL: 044-520-9606 FAX:044-520-2190 E-mail:

【入札説明会の日時及び場所】
日時:平成26年5月16日(金)13:30~
場所:独立行政法人環境再生保全機構 8階 第1会議室
※説明会の参加は任意です(8ブロック合同)

【総合評価のために必要な書類の提出期限および場所】
期限:平成26年6月2日(月)17:00まで
場所:〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー8F
   独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部 基金管理課
※提案書・入札書等一式を同時に提出していただきます。書類締切後、必要に応じて別途連絡いたします。
※郵送する場合には期限までに当機構に必着。書留郵便等の配達の記録が残るものに限ります。

【総合評価のために必要な書類に関するヒアリング】
日程:平成26年6月5日(木)~10日(火)の間で実施(土日を除く)
場所:独立行政法人環境再生保全機構 8階 第3会議室
※提案内容に関するプレゼンテーションを予定しております。
※詳しい時間は平成26年6月3日(火)までに該当者にご連絡いたします。

【仕様書、講座内容に関する問合せ先】
独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部 地球環境基金課 本城・長田・常盤
TEL: 044-520-9505 FAX:044-520-2190 E-mail:
URL: http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

1 趣旨

市民、事業者、市民活動団体と行政による協働と参画のもと、第3次熊本市環境総合計画の目指すべき都市像である「未来へつなぎ、世界に誇れる環境文化都市」を実現するために、環境保全に取り組む市民活動団体の活動に対する補助を行います。

 

2 対象者

環境保全に取り組む市民活動団体で、次のいずれにも該当する団体であること。

(1)市内で活動を行う団体であること
(2)5人以上の会員で組織していること
(3)特定の政党若しくは宗教又は公職の選挙の候補者の支持に関係のある団体でないこと
(4)営利を目的とした団体でないこと
(5)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する団体でないこと。
(6)その他助成を行うことが不適当と認められる団体でないこと

 ※市民活動団体…社会的な使命を目的とした民間非営利組織(NPO法人、ボランティア団体、地縁による団体 等)

3 対象事業

第3次熊本市環境総合計画の推進に寄与し、次の(1)(2)のいずれにも該当する事業。ただし、同事業について、当該補助金以外の補助金、交付金、助成金等を交付されていないこと。

(1)次に掲げるいずれかに該当する事業

(ア) 自然環境保全に関すること。
(イ) 地下水の保全に関すること。
(ウ) ごみ減量及びリサイクルに関すること。
(エ) 地球温暖化防止に関すること。
(オ) 生活環境改善及び公害防止に関すること。
(カ) 環境学習及び普及啓発に関すること。
(キ) その他、環境活動支援事業選定審査会で計画の推進に寄与すると判断されたもの

(2)地域の環境課題の解決に向けた、独自のユニークな取り組みであること。

4 補助金の対象となる事業期間

補助の対象となる事業期間は、平成26年4月1日から平成27年2月28日までとする。

5 募集期間

平成26年4月1日(火)~平成26年5月9日(金)


 詳細は以下の熊本市ホームページをご覧ください。
 <アドレス>
 http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=3378&class_set_id=2&class_id=120

 

1.助成対象案件

地球環境問題の解決と持続可能な社会構築に貢献する活動。
東日本大震災(長野県北部地震を含む)に関わる、地球環境に配慮した復興支援活動を含みます。

<対象課題>
A. 地球環境、B. 資源循環 C. 生態系・共生社会、D. 人間と社会のつながり

 

2.助成対象団体

日本国内に拠点をもつNPO 法人、公益法人、特例民法法人、大学、高等専門学校。

 

3.助成期間

2014 年10 月から最長3 年

 

4.選定方法

選定基準に基づき、社外専門家および当社社員による1 次審査、ならびに社外有識者による
案件選定会議による審査、更に当社役職員により構成される案件審議会により決定。

 

5.応募方法

当社ホームページに掲載している所定の『申請書』に必要事項をご記入の上、
下記事務局まで郵送してください。

 

6.応募締切

2014年6月14日(土) (消印または宅配便受付印有効)

 

7.お問い合せ先および申請書類の提出先

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-2-1
三井物産株式会社 環境・社会貢献部
環境基金 「2014 年度活動助成」」 係
TEL: 03-6705-6156
E-mail:

 

◎三井物産環境基金 助成案件募集ウェブサイト:
 募集内容等の詳細については、こちらをご覧下さい
http://www.mitsui.com/jp/ja/csr/contribution/fund/application/recruitment2014_1.html
(募集要項・申請書書類一式もこちらからダウンロードしてください。)

 

sogen yokota photo
2020年07月07日

【熊本県】阿蘇草原学習館 「横田整一郎…

熊本県阿蘇市の阿蘇草原保全センター「草原学習館」にて、昆虫に関する写真展が開催されます。 期間中、ぜひご観覧ください。 期間 7月1日(水)〜8月31日(月) 午前9時〜午後5時 場所…
2020年07月07日

【7/20締切】2020年度「…

一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)は、真如苑より、「環境保全・生物保護…
2020年07月07日

【7/16開催】独立行政法人環…

環境省では、独立行政法人環境再生保全機構の年度評価(事業年度:令和元年度)を行うためヒアリングを下記…
2020年07月07日

【7/31締切】環境省…

この度、「令和2年度地域脱炭素化推進事業体設置モデル事業」の二次公募を開始しましたので、お知らせいた…
2020年07月07日

【11/30締切】環境省…

中小事業者の環境経営システム構築を支援する「中小事業者による排出量算定・排出量削減のための環境経営体…