epohedimg003

照葉樹林の森を活かして守る!

ゴールデンウィークの初日となった4月29日、宮崎県綾町の森の中にいました。

森といっても、森林公園の一部が散策コースになっているところです。

今回は、宮崎に環境教育に関わるNPOや関係者が集まり、地域で森を守る活動をする

てるはの森の会、相馬さんのご案内での散策です。

 今年は雨が極端に少ないらしく、森の中も乾燥気味です。生き物を育む森にとって、

雨の恵みは不可欠とのこと。

いわゆる照葉樹林の森なのですが、ところどころに人工林(スギ・ヒノキ)が垣間見えます。

てるはの森の会では、新たに木を植えるのではなく、そうした人の手が入った木々を

少しずつ切りだして、もともとあった森の姿に戻していく活動に取り組んでいます。

とはいえ、すべてをボランティアで賄うことは至難の業です。

そこで、切り出すスギ・ヒノキの間伐材を原材料にした商品を開発し、木と人の間に

循環を起こそうと考えだされたのが「間伐材パネルとスタンド」です。

ポスターなどを掲示するパネルフレームを間伐材で作り、そして展示会などで便利に使える

スタンドとセットにした商品です。

立体組立式で存在感のあるこの新商品、環境メッセージのエコ商品です。



Default Image
2020年07月10日

環境省…

(仮称)彦岳風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…
2020年07月10日

環境省 …

(仮称)熊本広貝山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…
2020年07月10日

【8/6締切】環境省…

環境省は今年度の環境技術実証事業(Environmental Technology…
2020年07月10日

環境省…

環境省による令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏…
2020年07月10日

環境省…

平成31年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)…