epohedimg003

【開催レポート】SDGs人材育成フォーラム in おおいた

2月18日(火)九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)では、自治体、企業、NPOによるSDGs(持続可能な開発目標)の推進に向けた人材育成、環境教育について啓発するとともに、SDGs推進に関係する主体の連携促進を図ることを目的に、「SDGs人材育成フォーラム in おおいた」を開催しました。
 会場には大分県内を始め、九州各地域から61名の方にお集まりいただきました。

 

ご講演、意見交換の詳細については下記もご覧ください。
 【詳細報告】「SDGs人材育成フォーラムinおおいた」 | EPO九州 九州地方環境パートナーシップオフィス
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/1502-sdgs-in.html

 

【実施内容】
日 時:令和2年2月18日(火) 13:30~16:15
会 場:全労済ソレイユ 7階カトレアA(大分県大分市中央町4丁目2-5)
対 象:企業、NPO、環境教育に興味のあるみなさま
主 催:九州地方パートナーシップオフィス(EPO九州)
後 援:大分県


<プログラム>
13:30 開会
『SDGs・地域循環共生圏と人材育成について』
 九州地方環境パートナーシップオフィス
『大分県環境教育行動計画について』
 大分県生活環境部うつくし作戦推進課
『企業が取組むSDGs・社会貢献活動』
 東京海上日動火災保険株式会社大分支店
『協働で取組む地域の人材育成』
 NPO法人ABC野外教育センター
『意見交換・質疑応答』

16:15 閉会
   ~17時 立ち話カフェ
(参加者名刺交換・情報交換会)

 


 プログラムではまず、九州地方環境事務所環境対策課課長 森寄幸様よりご挨拶をいただき、環境省の提唱する地域資源を活用し自律分散型の社会を形成しながら地域の活力を最大限に発揮する考え方、地域循環共生圏についてご説明いただきながら、本フォーラムにご参加の地域、関係者に期待する役割についてご説明をいただきました。

DSC 0008

 

 続いてEPO九州から、改めてSDGs、及び地域循環共生圏についての近年の潮流、人材育成が持続可能な社会づくりに果たす役割について、話題提供を行いました。

DSCPDC 0003 BURST20200218140328484 COVER
【参考】地域循環共生圏ポータルサイト


 続いて大分県生活環境部うつくし作戦推進課からご登壇いただき、大分県で展開する、「おおいたうつくし作戦」の展開と大分県環境教育等行動計画について詳細をご紹介いただきました。

DSC 2679

 この政策は、豊かな大分県の自然環境を基礎として、環境保全の取組が県民運動に拡大し、次世代への自然環境の継承と地域活性化につながる大きな枠組みの取り組みとなっています。

 「おおいたうつくし作戦」は、まちづくり・ひとづくり・なかまづくりの3つのアクションを柱とし、これらアクションの好循環により、県民の環境意識の更なる醸成と持続可能な活動基盤づくりを目指すこととしています。

 そのなかで「ひとづくり」として人材の育成に様々な事業を展開されており、県の環境教育等行動計画、環境基本計画にもビジョンが示されています。

【参考】おおいたうつくし作戦 - 大分県ホームページ


 

 続いて、東京海上日動火災保険会社大分支店よりご登壇いただき、「企業が取り組むSDGs・社会交会県活動」と題し、ご講演いただきました。

DSC 2681

 東京海上グループの社員行動規範には「グループCSR憲章」として示されており、行動原則に基づいた経営理念の実践と、社会とともに持続的成長を遂げ、企業の社会的責任を果たすことが定められています。

 そのなかで、「GreenGift」プロジェクトが開始され、20年間にわたり東南アジア等の国々(9カ国)で、マングローブ植林が継続されてきました。

 2013年からは「GreenGift地球元気プログラム」として日本全国各地で、地方の部店と日本NPOセンター、環境NPOが協力し、主に子どもたちとそのご家族を対象とした環境保護に関する体験活動の展開を開始しています。


【参考】Green Gift | 東京海上日動火災保険

 

最後にご登壇いただいたのは、大分県杵築市を拠点に活動するNPO法人ABC野外教育センターです。

DSC 2689

 幅広い年齢層を対象に冒険教育をベースとしたプログラムを実施しており、杵築市だけでなく、広く大分県全域で活動を展開しています。住吉浜でのリゾート施設とも連携しており、NPOと企業の協働としては早期から取り組みを進めておられます。

 住吉浜は古くから景勝地となっている砂嘴地形の砂浜で、海水浴場としても非常に良い水質を保っている他、カブトガニを観察できるスポットもあります。

 ABC野外教育センターでは、このフィールドを活用し、幼児から大学生、そして企業研修など多彩な受け入れを行っています。
 大分県の各フィールドで、冒険教育のノウハウに基づいたアクティビティなど、様々な活動を提供していることが紹介されました。
 上記「GreenGift地球元気プログラム」の大分県の活動団体でもあります。

【参考】NPO法人 ABC野外教育センター facebookページ

 
 以上の皆様にご登壇いただいた後、EPO九州のファシリテーションで意見交換を実施しました。

DSC 2699

 それぞれの登壇者のご発言からは、環境教育による県民の環境保全意識の更なる醸成、社会とともに持続的成長を遂げるための行動の大切さ、SDGsの達成のために不可欠な人材育成「ひとづくり」を重視している点が強調され、各関係主体が協働しながら生み出す力の大きさについても述べられました。

 今後も九州地方環境パートナーシップオフィスでは(EPO九州)、九州・沖縄地域の関係主体のみなさまの協働を促進し、SDGsの普及啓発、地域循環共生圏の発信を行ってまいります。

 

【参加者の声】 ※一部紹介

・NPOの行動と人づくりは参考になった。
・SGDs、ESD、CSRについて実務の話が聞けてよかった。
・企業やNPOなどの、様々な立場からのSDGsの取り組みについて知ることができた。
・「うつくし作戦」を県が主導で進めていくことで、他分野で横の繋がりが持てているのではないか。
・自分達にもできることがあるか、考えるきっかけになった。
・いろいろな分野の方と接点を増やし、自分で発信、考え行動することが大切。
・一過性で終わることなく継続することが重要である。
・企業だけの活動ではなく、次世代層や、地域の方々と共に活動していくことが地域課題の解決につながることを改めて思った。
・ひとりではなくチームで活動していく時代。一人で何もかもできる必要はなく、できる人が集まって、それぞれの得意分野をつなげて課題を解決していく時代であることが理解できた。

 

 ご講演、意見交換の詳細については下記もご覧ください。
 【詳細報告】「SDGs人材育成フォーラムinおおいた」 | EPO九州 九州地方環境パートナーシップオフィス
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/1502-sdgs-in.html



 

Default Image
2020年05月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(5月下旬)…

5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年05月30日

【トピック】鹿島市ラムサール条…

令和2年度事業にて地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む、…
2020年05月30日

環境省 令和2年度…

 一般社団法人地域循環共生社会連携協会では、令和2年度…
2020年05月30日

EPO北海道…

全国の環境パートナーシップオフィスネットワークの一員であるEPO北海道から、去る5月20日に開催され…
2020年05月30日

環境省…

海洋プラスチックごみ対策アクションプランの実施の一環として、平成3年に作成された漁業系廃棄物処理ガイ…