epohedimg001

すっかりアースウィークくまもとのネタが多くなっていますが、

今回は広報について。

毎年新聞やテレビに取り上げられているアースウィークくまもと。

今年も開催を前に、新聞やテレビでご紹介していただきました。

熊本日日新聞では、オープニングイベント内で表彰式が開催される

江津湖くまもと湧水デジタル写真コンクール 」(主催:環境省九州地方環境事務所 実施主体:EPO九州)の

入賞者ならびに特別賞作品を掲載していただいたり、

2週間前には、KAB(熊本朝日放送)でおなじみ「駅前TVサタブラ」の告知にきなっせコーナーに

実行委員会メンバー数人で、PRしてきました。


  kab.jpg


※ちなみにこれらの着ぐるみ、女子に大人気でした!

ピンク⇒KABのキャラクター「ケービー」

ブルー⇒告知に来ていた熊本・天草のお祭り「牛深ハイヤ祭り」キャラクター

「アカネちゃん」。牛深名産?イワシです!

オープニングイベントでは、 今までにご紹介した他にも、

・子どもに大人気の電気新幹線「つばめ号」

・新聞エコバッグ作り 、

・マイボトル・水筒をお持ちの方に、水俣産のおいしいお茶を給茶する「ふるmy茶」、

・フェイスペインターMiwaによる大人気のフェイス&ボディペイント、

・ステージでは、「あーすライブ」や熊本で大人気のゆるキャラくまモンによる「くまモン体操」(13:00~予定)

などなど、ここには書ききれない位、イベント盛りだくさんの一日となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒アースウィークくまもとチラシ

4月23日(土)10:00~17:00まで熊本交通センターセンターコートにて開催します。

皆さまぜひ、遊びにいらして下さいね!


林                           

引き続き、アースウィークくまもと2011についてお伝えします。

今年で22回目を迎えるアースウィークくまもと。何といっても今年の目玉は、

「電気自動車・二輪車試乗/体験コーナー」です。

本番まで約1週間。昨日はその説明会が開催されました。

出展される、日産ブリンス熊本販売株式会社さん、Honda Cars熊本さん、

熊本三菱自動車販売株式会社さん、ロータスクラブさんの4社の方にお集まりいただき、

今回のイベントの趣旨と実際の運営方法について確認しました。

img_0434.jpg 

今回試乗できるのは下記の電気自動車・二輪車です。

・ 日産ブリンス熊本販売株式会社 「LEAF

・ Honda Cars熊本 「EV-neo」(展示)「モンパル」(電動二輪車)

・ 熊本三菱自動車販売株式会社 「i-MiEV]

■試乗コース( LEAF/i-MiEV )

試乗時間3分程度(花畑公園1週約400M)

今年は「電気自動車元年」と言われています。

ぜひこの機会に、電気自動車・二輪車に、見て、触れて、乗って

実際に体感してみませんか?

皆さまのご来場をお待ちしております!



4月23日に開催されるアースウィークくまもと2011 、オープニングイベント。

この企画の中で、協賛企業による出展コーナーがあります。

今日は、その出展社の1つ建吉組 さんとの打合せでした。

 建吉組さんは「ジオパワーシステム」という地中熱を利用した空調システムをもとに

新しい住まい方を提案されています。

アースウィークでは、展示に加えて体験できるプログラムも思案中とのこと。

是非、会場までお越しいただきブースを訪ねてください。



2月に開催された九州環境ボランティア会議 の企画ふりかえりがありました。
主催団体となる九州環境サポートセンターNPO法人くまもと温暖化対策センター
NPO法人環境ネットワークくまもと 、EPO九州の担当者が、それぞれの立場から
企画についてふりかえりをしました。

九州の環境活動を底上げしてく企画趣旨をふまえながら、それぞれの専門性や
ネットワークにどうつなげていくか、意見交換し、今年度の活動につながるしかけや
企画案を積極的に持ち寄っていくことが確認されました。
EPO九州も、今年度の事業や企画をとおしてこれらの団体と連携した取組を
模索していきます。





~九州の産地力を高めよ!地場産業と環境技術の地域内セッション~

【生物多様性】×【環境技術】

開催日:平成23年2月9日(水)13:30~17:00

会場:鹿児島サンロイヤルホテル 2F 高隈の間

参加者:121名

主催:(財)九州産業技術センター、九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)、
    (社)九州経済連合会、九州環境パートナーシップオフィス EPO九州

後援:九州経済産業局

p1060878.jpg

 九州地域、特に熊本・宮崎・鹿児島などの南九州では、 生態系サービスをはじめとする生物多様性に基づいた農林畜産業や水産業、これに付随した食品製造業などが盛んであり、 日本の食糧基地としての機能を有しています。またそこから発生する廃棄物処理や温暖化による環境変化は地域振興における大きな問題となっています。

一方で、地場企業の技術開発や企業間のみならず、自治体やNPOを含めた地域ぐるみの取組み等により、環境技術を一次産業の振興に応用させる技術開発も進んでおり、バイオマスの有効活用や地域循環システムの実践も次々と始まっています。

昨年度の熊本での開催に続き、今年度も(財)九州産業技術センター、九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)、(社)九州経済連合会と共催し、「生物多様性×環境技術」をテーマに、鹿児島で開催しました。当日は、定員を超える多くの方に来場いただき、テーマへの関心の高さがうかがえました。

○基調講演 「生物多様性と九州の一次産業」

 講師:浜本 奈鼓氏(NPO法人 くすの木自然館専務理事)

○九州の企業・大学等による環境技術事例紹介

・「養豚・養鶏における消滅型完全糞尿処理システム」雲海酒造㈱
・「Biorefineryによる持続可能な社会の創出と地域活性化」鹿児島大学(大学院理工学研究科・筒井俊雄教授)
・「バイオプラザ式食品リサイクルについて」 ㈱熊本清掃社
・「地域森林資源の有効利用による紙作り」 中越パルプ工業㈱
・「生ごみ、廃食油の再生利用で築く減CO2 バイオマスタウン多良木」NPO法人 九州環境保全循環システム
・「小さな循環いいくらし~コンポストでつながるコミュニティづくり~」NPO法人循環生活研究所

Default Image
2019年08月15日

【参加募集】沖縄県各地域のビジターセンタ…

沖縄県各地域のビジターセンターより、8月以降の催しの情報が届いています。 ぜひご参加ください! □森のお散歩観察会(8月)~夏真っ盛りのやんばるの森~…
2019年08月15日

【展示】南阿蘇ビジターセンター…

熊本県阿蘇郡の南阿蘇ビジターセンターから写真展のお知らせです。 ぜひ足を運んでみてください。…
2019年08月15日

【参加募集】雲仙諏訪の池ビジタ…

長崎県雲仙市の諏訪の池ビジターセンターからイベントのお知らせです。 ぜひご参加ください!…
2019年08月15日

【参加募集】重富海岸なぎさミュ…

鹿児島県姶良市の重富海岸なぎさミュージアムからイベントのお知らせです。 ぜひご参加ください!…
2019年08月15日

【参加募集】九十九島ビジターセ…

長崎県佐世保市の九十九島ビジターセンターからイベントのお知らせです。 ぜひご参加ください!…