epohedimg001

 【活動地域】沖縄県
【EPO九州との主な連携事業】 生物多様性交流フェア(2010) 

国頭ツーリズム協会は、豊かな地域の資源(自然環境や歴史、文化、人材 など)を適正に利活用し、次世代へ責任を持って継承していくことを目的に活動しています。 さらに、持続可能なかたちで活かしていくツーリズムを地域の人々とともに学び、 伝えることで、環境教育の拠点づくりとあわせて、地域の発展の実現に結びつく活動を展開しています。 【特定非営利活動法人 国頭ツーリズム協会 】 

【活動地域】福岡県

【EPO九州との主な連携事業】生物多様性交流フェア(2010) 
特定非営利活動法人 里山を考える会では、「持続可能なライフスタイルを里山的暮らしのデザインで!」 をコンセプトに、環境や社会に負荷をかけない、都市での里山的な暮らしの在り方や 実践を行うとともに、持続可能なライフスタイルの地域づくり街づくり を目指した活動を 行っています。

NPOがその活動を成長させていく上で、基盤強化は避けて通れない課題です。

一定規模以上の活動、つまり事業をすすめるには、それを支える組織基盤がともなうものです。

PanasonicNPOサポートファンドは、そうした根源的な課題に注目し、子ども分野と環境分野の

NPOを対象にしたキャパシティビルディングを支援する助成プログラムを展開しています。

来期分の助成からは、組織課題を明らかにし組織基盤を強化するメニュー作りをする段階を含めて

支援するプログラムが始まります。

20110716pana.jpg

 

 

 

 

 

7月16日(熊本)・17日(福岡)に開催されたワークショップ・説明会には

九州各地のNPOのみなさんが参加され、自団体の組織課題等についてワークシートを用いた

分析を行いました。

特に今回からは、年間事業規模が1000万円以上、専従職員1名以上の団体が対象となることで

ややハードルが高くなっていますが、それだけの基礎体力に裏付けられた事業力がなければ、

せっかくの助成も活かされないと考えることもできます。

EPO九州では、各団体の活動状況に応じた助成メニューをご紹介しています。活動や組織運営についての

ご相談も承っていますので、お気軽にお問合わせください。

アースウィークくまもと2011が終わって、そろそろ1ヶ月。

昨日は、EPO九州に実行委員が集まり、評価会が行われました。

 

  img_0544.jpg 出席できなかった方もいらっしゃったのですが。。。参加した実行委員は21名!

各ブースの担当者から、今年の反省点が報告され、来年の改善点が提案されたほか、

「とにかく楽しかった」との声が多く上がったことが印象的です。

 5ヶ月をかけて準備してきたアースウィークくまもと2011も、

これにて終了。。。と思いきや、早くも来年の話で盛り上がっていました!

年々パワーアップしていくアースウィークくまもと。 

来年度はどんなイベントにしていくのか。。。今から楽しみですね!

 

1
2019年10月17日

【福岡県】第19期NGOカレッジ「あなた…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。同団体主催で、SDGsについて学ぶことのできる、全5回の連続講座が西南学院大学で開催されます。SDGsについて、幅広い…
2019年10月16日

【宮崎県】地球温暖化防止月間ギ…

地域ESD活動推進拠点である宮崎県環境情報センターからのお知らせです。ゲームを通して、SDGsについ…
2019年10月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

9月下旬~10月中旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年10月09日

「地域循環共生圏実践地域等登録…

環境省は、地域循環共生圏の構築に向けて、地域循環共生を創造している/したい地域・団体の登録制度「地域…
2019年10月05日

【参加募集】雲仙諏訪の池ビジタ…

長崎県雲仙市の諏訪の池ビジターセンターからイベントのお知らせです。 ぜひご参加ください!…