epohedimg001

九州両生爬虫類研究会は年1回毎年2月に大会を開き、会員の研究発表を行っています。会員は小学生~大学生、研究者、教員、会社員、主婦と多様で、両生類・爬虫類及びそれを取り巻く環境との関連について地道な調査を積み重ねています。今年は、佐賀での開催を予定しています。どなたでも参加できますので、ご参加お待ちしています(発表は会員のみ)。

 

1 目的

1)九州の両生類・爬虫類について調査研究した内容を報告,情報交換を行い,内容の深化や新たな課題等を考える.

2)大会を通して,急速に失われつつある自然環境の保護・啓発を促進する.


2 日時 2016年2月20日(土)


3 会場 アバンセ  佐賀県立男女共同参画センター・佐賀県立生涯学習センター
     佐賀県佐賀市天神3丁目2-11 TEL:0952-26-0011


4.日程詳細(案)

10:00 受付
10:25 開会のあいさつ

10:30 特別講演
11:45 総会
12:25 記念撮影

12:30 昼食

13:30 研究発表(一人15分、7人)
15:40 一人一枚写真発表

16:10 事務局からの連絡、閉会のあいさつ


●参加申し込み  締切り:2015年12月10日(木)

郵送または電子メールにてお申し込み下さい(可能ならば電子メールでお願いします).電子メールでお申し込みの場合,メールのタイトルは「佐賀大会参加申込」として下さい.電子メールにて大会申込をされた方で,2日以上大会事務局からの確認メールが届かない場合は,お手数ですが,お電話でのご確認をお願いいたします(大会事務局 池田まで).
※当日のご参加も可能です。

●参加費 無料(昼食・懇親会は除く)

どなたでも参加できます(発表は会員のみ)
 

☆  送付先・連絡先(第7回大会事務局)

郵送:〒847-0033 佐賀県唐津市久里500-1 池田 淳
TEL:0995-78-1169(携帯:090-5287-2345)電子メール:

詳しくはこちら:
http://kyushu-h.fc2-rentalserver.com/

(大会情報は、「活動」より「第7回佐賀大会(2016年)」をクリックしてご覧ください。)

「積水ハウスマッチングプログラム」は、積水ハウス株式会社及びその関係会社のCSR活動の一環として、マッチングギフトを実施し、下記の各基金の支援内容に合致する活動を支援します。今回で11回目となる助成では、従来の【こども】【環境】の両基金に加えて、あらたに【住・コミュニティ】プロジェクトへの助成もスタートします。
 ぜひ申請ご検討や、広報のご協力、よろしく、お願い申し上げます。


■基金の種類と支援内容:
【積水ハウスこども基金】:次世代を担うこどもたちを育成することを目的とし、こどもたちの健全な育成に関わる活動を支援

【積水ハウス環境基金】:サステナブル社会の構築に寄与することを目的とし、環境や生態系の保全に配慮した活動を支援

【積水ハウス住・コミュニティ基金】:地域に根差した豊かな住環境の創造を目的とし、まちづくりや地域コミュニティに関わる活動を支援


■対象となる活動:
①  本会及び各基金の目的に適合するものであること
②  活動の継続性(2016年4月1日からさかのぼって3年以上の活動実績。
  つまり2013年4月1日以前から活動が開始していること。任意団体での活動期間を含む)があること
③  公共性の高い活動であること
④  活動主体の経営の健全性及び透明性が確保されていること

■応募期間:
2015年11月9日(月)~2015年12月18日(金)17時<事務局必着>

■助成の種類:「プロジェクト助成」

助成額は原則として、過去3年間の平均年間支出合計の30%以内または200万円のいずれか低い金額を上限。※プロジェクト助成の審査で選外となった団体を対象とした「基盤助成」(上限20万円)もあり。

■本年度予算総額
約2,500万円

■募集要項と申請書のダウンロード
http://www.osakavol.org/sekisuihouse_matching/index.html

■問合せ先:
<協働事務局>大阪ボランティア協会 担当:影浦
〒540-0012 大阪市中央区谷町2-2-20-2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL:06-6809-4901

【事業主体】積水ハウスマッチングプログラムの会 事務局
積水ハウス(株)コーポレート・コミュニケーション部CSR室
担当:信田
〒531-0076
大阪市北区大淀中1丁目1-88梅田スカイビル タワーイースト  TEL:06-6440-3440

今回は、技術が実用化段階に入り、私たちの生活に大きなイノベーションを与えるテーマを二つ取り上げて講演会を開催します。一つが最近TV等でも盛んに取り上げられています「ウルトラファインバブル」、農業、漁業への応用、魚介の鮮度保持、洗浄分野から、コスメ、医療など多様な分野での実用化が期待されています。もう一つが「水素」です。皆様参加をお待ちしています。

■日 時:2015.11.27[金] 14:00~16:30 参加費無料!!
■会 場:ハイアットリージェンシー福岡 2F リージェンシーⅠ
      (福岡市博多区博多駅東2-14-1)

14:00~15:30
■講演? テーマ:「金融機関から見た水素社会等」
■講 師:日本政策投資銀行(DBJ) 常務執行役員廣實 郁郎 氏


15:30~16:30
■講演? テーマ:「小さな泡が世界を変える ~ウルトラファイン
バブルの可能性を探る~」
■講 師:(株)ワイビーエム 取締役 技術本部長  増本 輝男 氏



■お申込み方法  (11月25日(水)〆切)
 メール:「会社名/ 連絡先(TEL,E-mail)/ 業種/ 所属・役職/氏名/登壇企業(株)ワイビーエムとの商談・面談希望の有無」を記入し、  コチラまで 

 FAX : 以下の「ご案内&申込書」を下記詳細ページよりご覧の上、お申込み下さい。

■詳細 http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=5812

■お問合せ先
 ◆九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP) 嶋田・杉迫
      TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609
    HP: http://www.k-rip.gr.jp/

持続可能な社会を実現するためには、企業、NPO・NGO、学校、行政等の多様なステークホルダーが協働し、社会のあらゆる場でその担い手となる人材の育成に取り組むことが必要です。
 なかでも、企業は社会経済システムの中で主要な役割を担っています。
環境への対応を経営の中に取り入れ、そのために行動する社員を育成することは、新たな企業価値を創出する点においても重要です。
 本表彰では、地球環境と調和した企業経営を実現し、環境保全や社会経済のグリーン化を牽引する人材、すなわち環境人材の育成推進を目的に、自社社員を対象とした優良な取組を行う企業を表彰します。

■募集対象 地球環境と調和した企業経営の必要性を認識し、その実現のため自ら進んで行動する自社社員の育成に係る取組
 ※ 大企業、中小企業のそれぞれに「環境大臣賞」が授与されます。
 ※ 優良な取組には、優秀賞と奨励賞が授与されます。

■募集期間 平成27年10月30日~12月25日

■詳細については、こちらをご覧ください。
 https://www.env.go.jp/press/101609.html

日本各地の農山漁村に一年間暮らし、農林業や地域活性化など地域密着型の活動に携わる『緑のふるさと協力隊』。1994年の事業スタート以来、22年間で718名の若者が参加し、地域貢献と参加者自身が自分らしい生き方を見つける機会となっています。現在、来年4月から活動を行う平成28年度隊員を募集しています。「地域のために自分を活かしたい」「田舎で自分の力を発揮したい」、そんな思いを抱く方の応募をお待ちしております。

また併せて参加者説明会を開催中です。「詳しく知りたいという方」まずは説明会に参加しませんか。『緑のふるさと協力隊』の活動や地域での暮らしを協力隊OBOGが詳しく教えます。アットホームな雰囲気でやっていますので、どうぞお気軽にご参加ください。


【対象】4月から1年間通して農山漁村で活動できる心身共に健康な18~40歳までの男女。要運転免許。生活費・住居支給。


【応募締切り】平成27年12月22日(火)


【募集説明会】
福岡にて開催します。
日時:11月28日(土)13時半~15時半
会場:アクロス福岡 5階・503会議室

※当日飛び入り参加もOKですが、なるべく事前にお電話かホームページ問合せフォームからお申込み下さい。
※上記の他、東京・大阪でも開催しています。詳しくはホームページをご覧ください。



【主催】特定非営利活動法人地球緑化センター(担当:橋本・香林)

    Tel:03-3241-6450 HP:http://www.n-gec.org/


Default Image
2020年05月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(5月下旬)…

5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年05月30日

【トピック】鹿島市ラムサール条…

令和2年度事業にて地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む、…
2020年05月30日

環境省 令和2年度…

 一般社団法人地域循環共生社会連携協会では、令和2年度…
2020年05月30日

EPO北海道…

全国の環境パートナーシップオフィスネットワークの一員であるEPO北海道から、去る5月20日に開催され…
2020年05月30日

環境省…

海洋プラスチックごみ対策アクションプランの実施の一環として、平成3年に作成された漁業系廃棄物処理ガイ…