epohedimg001

東日本大震災で地震・津波・原発災害の三重被害を受けた福島県の海沿いにある福島県立相馬高校の

放送局(ラジオやテレビ作品を作る放送の部活動)の高校生2人と顧問の先生をお呼びして、彼ら

東日本大震災以降の日常から制作した作品上映会とトーク&交流会を、4月4日(水)~6日(土)にかけて

九州三都市(長崎・水俣・熊本)で行います。

 震災/原発災害下の福島で高校生が体験している葛藤、矛盾、絶望、希望がないまぜになった現実を

表現した作品群と、制作・出演の高校生らとの交流を通じて、改めて九州の地から今福島で何が起こって

いるのかを知り、震災や原発災害の問題や私たちの未来のあり方を共に考える貴重な機会にできればと

思います。ぜひお越しください(あらすじの一部や呼びかけの言葉は下記をご覧ください)。

●相馬高校上映会ウェブサイト:http://soumahigh9syu.wordpress.com/
●当日の受付等ボランティアや賛同団体・賛同人・カンパも募集しております

(4月1日午後3時までに、呼びかけ人石原 aish までか下記の各地問合せ先までお申し出ください)


【日時と場所】2013年4月5日@水俣、6日@熊本
●水俣:4月5日(金) 19:00~21:00
もやい館 会議室:http://www14.ocn.ne.jp/~moyai-m/moyaikan.html

前日まで問合せ先:大澤 090-7390-9648


●熊本:4月6日(土) 15:00~18:00

九州学院ホール:http://www.kyugaku.ed.jp/about/shisetsu.html

前日まで問合せ先:九州学院谷口 096-364-6134

熊本YWCA  090-1085-9727

※各会場、駐車スペースが限られておりますので、可能であれば公共交通機関かお車をお乗り合わせのうえ、

お越しいただけましたら幸いです。また、上記の問合せ電話番号は前日までの問合せ先ですので、当日の

お問い合わせは余程のことがない限りはご遠慮いただけましたら幸いです

こんにちは!木村です!

今日は熊本市国際交流会館2階の交流ラウンジの方で、エコまナビ環境学習会が行われました。
6月は環境月間ということもあり、環境に関する内容が盛りだくさんでした\(^^)/
前半では、”子どもそうげんしんぶん ぬりえコンテスト”と”阿蘇の草原を描こう! 絵画コンテスト”の表彰式があり、 くまモンをゲストとして参加してもらいました。

くまモン体操などもしてもらい、参加していた子どもたちはとても楽しそうにしていました。(ノ^0^)ノ
午後からは押し花のしおりづくりや、UVビーズストラップづくりがあり、 子どもだけでなく大人の方々も楽しんでもらうことができました。
今日のことをきっかけに、子どもたちが環境のことについて少しでも興味を持ってくれたらなと思います。

  _2013-06-22_13_57_24.jpg

  _2013-06-22_14_13_24_no.3.jpg

今年で17回目を迎える「九州環境教育ミーティング」。九州環境教育ミーティング(KEEM)は、

九州において環境教育に関心や興味のある個人・団体の経験交流・出会いの場として、毎年

3月に開催されております。EPO九州は本部事務局として関わっています。

 今回の舞台は、2012年3月に国立公園として選定された「錦江湾」(鹿児島県)!「体験すっが!

カルデラの火山・海・人〜地球でここだけのエコツアー〜」と題し、豊かで多様な錦江湾周辺地域の

自然を遊んで学ぶ、7つのエコツアーを通して交流と学びを深めました。

開催日:平成25年3月2日(土)、3日(日)

場 所:アーバンポートホテル鹿児島ほか ほか

主 催:九州環境教育ミーティング

〇共 催:公益社団法人 日本環境教育フォ-ラム

    九州環境パートナーシップオフィス

20130302keem.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1分科会 街あるきツアー 『まちのオアシス・城山をのんびり散歩』

ガイド:東川 隆太郎(NPO法人まちづくり地域フォーラム かごしま探検の会)

第2分科会 桜島ツアー 『もっと知りたい桜島ツアー』

ガイド:福島 大輔(NPO法人 桜島ミュージアム)

第3分科会 温泉掘りツアー『天然温泉掘りツアー』

ガイド:野口 誠(NPO法人 桜島ミュージアム)

第4分科会 溶岩トレッキングツアー『溶岩渓谷トレッキングツアー』

ガイド:濱平 彩(NPO法人 桜島ミュージアム)

第5分科会 白銀坂ツアー 『歴史街道“白銀坂”をゆく』

ガイド:竹下 清一朗(NPO法人 くすの木自然館)

第6分科会 干潟ツアー 『錦江湾奥最大の干潟 大・満・喫ツアー』

ガイド:浜本 麦(NPO法人 くすの木自然館)

第7分科会 野鳥ツアー 『錦江湾おかしもぜ冬鳥バードウォッチング』

ガイド:南 尚志(NPO法人 くすの木自然館)

 
7つのエコツアーを終えて、参加者全員で理解を深める全体会のテーマは、「エコツアーを

環境教育として継続していくには?」環境教育の視点を大事にしながら、エコツアーとしての

エンターテイメント性を 入れつつ、地域で持続可能にしていくために必要なことについて、

各分科会ごとに考え、最後は全体で意見を共有しました。地域、地元という視点や関わり、

気 づき、安全性、様々なキーワードをまとめてできたものが「エコツアー10ヵ条」。今後も

活動を通して、さらに意見を深めていきます。

NPOの活動の資金源の一つに、「助成金」があります。

行政はもちろん、企業のNPOへの助成制度もバラエティに富んでいて、選択肢もたくさんある昨今。

各企業や団体の助成制度の特徴を見極め、自分たちの団体が必要とする助成金を見極めることは

とても重要です。

今回は、宮崎・鹿児島で、助成金を獲得・運営するための講演と助成団体5団体担当者による説明を組み合わせた

セミナーが開催されました。 講演後には、各助成団体による個別相談会が開催され、熱心に活動内容と助成金の

マッチングをヒアリングする姿が多く見受けられました。

これだけ多くの助成団体の説明を直接聞ける機会はなかなかないので、私もとても勉強になりました!

EPO九州では、各団体の助成制度についてのお問い合わせも承っております。

  img_3817.jpg20120902.jpg

主  催:NPO法人(申請中)九州環境サポートセンター、NPO法人みやざきエコの会(宮崎)     

     一般財団法人セブン-イレブン記念財団

共  催:九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)環境教育NPO法人 くすの木自然館(鹿児島)

講演:

○「活動目的達成のために!」 (宮崎会場)

 講師:下津 義博氏(NPO法人 アジア砒素ネットワーク 理事、NPO法人 ひむかおひさまネットワーク 代表)

○「心を動かす企画書ABC!」(鹿児島会場)

 講師:立山芳輝氏(環境教育NPO法人くすの木自然館理事長)

【助成団体】

独立行政法人環境再生保全機構・・・「地球環境基金」  

三井物産株式会社      ・・・「三井物産環境基金」

株式会社コメリ       ・・・「コメリ緑資金公募」

一般財団法人セブン-イレブン記念財団・・・「2013年度公募助成」

パナソニック株式会社   ・・・「Panasonic NPOサポートファンド」

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストの助成公募「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」に

寄せられ第1次選考を通過した企画について、第2次(最終)選考に先立つ説明と質疑応答を公開します。

ネオニコチノイド問題に関心のある方は自由にご参加ください!

プレゼンテーションの内容については、近日中にウェブサイトにて公開いたします。

 

■日時:6月30日(土)10:00~16:00
■場所:お茶の水女子大学共通講義棟1号館301号教室
■参加費:無料
■応募方法:参加ご希望の方は、 下記あてにお電話もしくはメールにて、参加希望者のお名前とご連絡先をお知らせください。
■お問い合わせ:abt公募担当(八木)
電話:070-6551-9266
メール:
■ウェブサイト:http://www.actbeyondtrust.org/
 

2019年11月20日

【募集】生物多様性ユースアンバサダー

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目標の約束年のタイミングになります。…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年水フォーラム…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…
2019年11月15日

【開催情報】南阿蘇ビジターセン…

南阿蘇ビジターセンターからのお知らせです。…