epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.164, Sat Apr 27 2019

九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                「EPOねっと九州」vol.164

EPO九州より
間もなく新しい元号「令和」を迎ます。
EPOねっと九州」も平成最後の配信となりました。
「平成」には環境問題や環境教育にも様々な波が訪れ、ESDやSDGsなど新しい発想や考方が生まれました。
次の時代には、どんなアイデアが環境問題対策や協働の推進力になるのでしょうか。
九州地方環境パートナーシップオフィスでも思索を深めながら、次の時代のパートナーシップ構築について考ていきます。

あなたはどんな「令和」のイメージを描きますか?



【もくじ】

EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

 ★EPO九州でもinstagramアカウントを開設しました。

 □ESD実践拠点支援事業の成果物が公開されました

 □「繋げよう九州!広げようEPOの輪!! インタビュー」を掲載しています

 □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について



■地域ESD拠点からのお知らせ

 □熊本地震後の地下水の変化

 □身近に知る「くまもとの大地」



九州地方環境事務所からのご案内

 □九州地域循環共生圏シンジウムの開催について

 □「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等について

 □環境教育体験活動の優良事例について

 □放送大学におけるSDGsに関する番組放送について

  □ アクティブ・レンジャー日記



九州・沖縄地域の環境政策情報

 □九州・沖縄各県の環境政策情報(4月下旬)


■関連情報

  □阿蘇山上ビジターセンターオープン

  □平成31年度赤土等流出防止活動支援事業補助金の公募について

 □長崎県「第2次長崎県環境教育等行動計画の策定について」が公

 □平成31年度大分県循環型環境産業創出事業費補助金公募のお知らせ

 □長崎県「第2次長崎県環境教育等行動計画の策定について」が公


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

EPO九州でもinstagramアカウントを開設しました。
少しずつ投稿をしています。
まだ活用を模索中ではありますが、ぜひフォローをお願いします。
https://www.instagram.com/epo_kyushu/



□ESD実践拠点支援事業の成果物が公開されました

昨年度まで3年に渡り、全国のEPOで取り組んだESD実践拠点支援事業をまとめた「 ~SDGs達成に向けた~ 持続可能な地域の創り手を育む“学びの場”づくりガイドブック」が地球環境パートナーシッププラザのサイトにてPDF公開されています。
持続可能な社会の担い手を育てる取組として、全国の拠点で行われた事例をモデル別に紹介しており、作成と公開にあたっては九州県からも、実践拠点の皆様にお力添をいただきました。ぜひ御覧ください。
http://www.geoc.jp/information/report

________________________________________________________

□「繋げよう九州!広げようEPOの輪!! インタビュー」を掲載しています。

九州・沖縄地域でESD推進や環境保全活動にに取り組んでいる皆さんへのインタビューを掲載しています。

●『北九州まなびとESDステーション』特任教員 宮原昌宏さんインタビュー
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/interview/1280-epo-esd-2.html

●『NPO法人循環生活研究所』理事長 たいら由以子さんインタビュー
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/interview/1281-epo-npo-2.html

●『NPO法人みずのとらベル隊』山下 吉弘さんインタビュー
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/interview/1264-epo-npo.html

________________________________________________________

□【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考ています。
ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
      TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
      E-mail
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃地域ESD拠点からのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月は熊本市の公益財団法人肥後の水とみどりの愛護基金からの情報を2件お届けいたします。


【環境講座】熊本地震後の地下水の変化

熊本地震からまもなく3年が経過します。
熊本の地下水は、地震後にどのように変化したのか、影響があったのかといったことが学術的に解明されてまいりました。
そこで今年度は、大学の先生方による「環境講座」を、下記のとおり企画いたしました。受講された方には、財団名で「受講証」を発行いたします。

・第1回
講師:川越 保徳 熊本大学教授
5月21日(火)13:30~15:00
 ・第2回
講師:嶋田 純 熊本大学名誉教授
7月19日(金)13:30~15:00
 ・第3回
講師:市川 勉 東海大学特任教授
9月20日(金)13:30~15:00

参加費:無料
定 員:50人(先着)
場 所:肥後の里山ギャラリー (肥後銀行本店 1階)

【お申込み・お問い合わせ先】
公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金 TEL 096-351-3882

◎3回とも出席された方には「受講証」を発行します!

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1297-2019-04-26-07-51-33.html



【イベント情報】身近に知る「くまもとの大地」

5月11日、熊本市内において「地質の日」に合わせた楽しい企画が行われます。
共催として地域ESD拠点にご登録いただいております、肥後の水とみどりの愛護基金様が参画されています。
ぜひご参加ください。

日時:令和元年5月11日(土)10時~16時
場所:びぷれす広場(熊本市通町筋)

・おどろきの展示コーナー
・わくわく体験コーナー
・ジオパークコーナー

主催:「地質の日」くまもと実行委員会

 お問い合わせ先
公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金
 TEL 096-351-3882

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1296-2019-04-26-07-28-59.html



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

九州地域循環共生圏シンジウムの開催について

 第五次環境基本計画において目指すべき社会像として掲げられた「地域循環共生圏」は、地域の活力を最大限発揮し、自立・分散型の社会を形成することで、環境問題のみならず経済・社会課題の同時解決を目指すものです。
 九州地方は再生可能ネルギーのテンシャル、観光資源としても活用できる豊かな自然など、様々な地域資源を有しており、地域循環共生圏の創造に向けた多くの可能性を秘めています。
 本シンジウムでは、九州地方の自治体、経済界等の幅広い参加の下、?「九州地域循環共生圏」の形成に向けた議論の起爆剤となるコンセプトを環境省から提案し、?先進事例の紹介と具体的事業形成に向けたテーマ毎の意見交換を行うことで、関係者が相互に協力しながら、地域主導による九州地域循環共生圏の創造を目指します。

日時 2019年5月18日(土)14:00~17:30(予定)
場所 電気ビルみらいホール
主催 環境省
共催 (一社)九州経済連合会、九州経済同友会、九州商工会議所連合会
後援予定
九州総合通信局、九州農政局、九州森林管理局、九州経済産業局、
九州地方整備局、九州運輸局、福岡県、(一社)地域企業連合会九州連携機構
定員 300名程度

2019年5月15日(水)までに申込が必要です。詳細はリンク先から。
※申込期間内でも定員になり次第、受付は終了しますので御了承ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1298-2019-04-26-08-50-04.html


□「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等について

 体験の機会の場の認定制度とは、所有又は賃貸借契約等を結んで使用している土地又は建物を、自然体験活動等の体験の機会の場として提供する場合、申請を受けて、都道府県知事等が認定する制度です(申請方法等については、各都道府県等にお問合せください。)。
 認定した体験の機会の場をインターネットを通じて公表することにより、自然体験活動等へ参加しようとする人による、ニーズに合った場へのアクセスを円滑化することなどを目的としています。
 環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令が公布されました。省令の改正について、別添のとおり「「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等について」を通知しました。
 また、体験の機会の場について、環境教育等促進法第20条の8の規定により、国に申請する場合の申請・認定手続を定めている「体験の機会の場申請要領」及び「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律に基づく体験の機会の場の認定に関する運用について」(いずれも関係各省申合せ)も改正しました。
 改正後の要領については、以下のウェブサイトを御参照ください。

【環境省_体験の機会の場の認定に係る申請について | 環境教育・環境学習・環境保全活動】
https://edu.env.go.jp/system/opportunity.html

___________________________________________________________

□環境教育体験活動の優良事例について

 昨年6月に閣議決定した環境教育等促進法に基づく基本方針で、体験活動の促進が重要とされたことから、優良な事例を広く集め、公表することとしました。
 平成30年度は、試行的に、関係省庁で、既存資料等を基に収集し、掲載しました。今年度も収集・公表について継続する予定です(方法等は今後検討します)。
 体験の機会の場の認定事業者についても、取組事例を掲載いたしました。今後も、未掲載の事業者について、掲載していきたいと考ております。
 また、体験の機会の場について、基本方針を踏また体験の機会の場の積極的活用についての資料を掲載しましたので、御活用ください。

【環境省_各種認定、登録、指定など | 環境教育・環境学習・環境保全活動】
https://edu.env.go.jp/system.html

___________________________________________________________

□放送大学におけるSDGsに関する番組放送について

環境再生保全機構と放送大学が、「環境研究の最新の成果 ~SDGsの地域実装に関する研究~」という番組を放送大学にて以下日程で放送します。
講師は九州沖縄地域でもSDGsの話題提供をいただいた法政大学の川久保准教授が担当されます。
SDGs先進地域である北海道下川町でのロケも行われた模様です
・放送 4月28日(美)21時~21時45分 (BS231)
・再放送 5月12日(美)21時~21時45分 (BS231)

【放送大学 番組ページ】
https://bangumi.ouj.ac.jp/bslife/detail/01B09001.html


___________________________________________________________

□アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九州・沖縄地域の環境政策情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


九州・沖縄各県の環境政策情報(4月下旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1300-4-4.html

★ご注意
※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
※公開が終了している場合があります。
※表示順、日程は前後する場合があります。
※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃関連情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□阿蘇山上ビジターセンターオープン
 阿蘇市草千里ヶ浜の阿蘇火山博物館内に環境省施設の阿蘇山上ビジターセンターが完成しました。
 民間施設と一体となって情報提供を行う、全国で初めてのビジターセンターになります。
http://kyushu.env.go.jp/pre_2019/post_102.html

  【参考】阿蘇インターネット放送局 WebTV-アソ
      http://webtv-aso.net/ns/news/ns190319003/

  【参考】阿蘇火山博物館
      http://www.asomuse.jp

□平成31年度赤土等流出防止活動支援事業補助金の公募について
 沖縄県では亜熱帯性気候のために土壌の団粒構造が発達せずに侵食されやすいう、激しい降雨が多いことから、赤土等流出による河川及び海の汚染が生じ、観光・水産業への影響が懸念されています
 県全体の赤土等流出量のうち84%が農地からとなっていますが、農地における対策については費用や作業の負担が大きく、農家だけでの対応は難しいのが現状です。
 赤土等流出防止対策を進め、河川環境や海域環境を保全するためには、その恩恵を受ける地域全体で取り組んでいく必要があります。
 そのため、本事業により、赤土等流出防止活動を支援し、赤土等流出防止対策の推進を図ります。

https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kankyo/hozen/mizu_tsuchi/redclay/h30_akatut/h31akatuti_hojyokin.html

___________________________________________________________

□平成31年度大分県循環型環境産業創出事業費補助金公募のお知らせ
 大分県内で排出される産業廃棄物等を地域資源として活用する循環型環境産業の育成を図るとともに、産業廃棄物排出事業者の負担軽減による競争力強化を図るため、産業廃棄物等の再生利用及び発生抑制・減量化の事業化に要する経費の一部を補助します。
 つきましては、次のとおり補助金の交付を希望する事業者を募集します。
http://www.pref.oita.jp/site/sme/31junkangatabosyuu.html

___________________________________________________________

□長崎県「第2次長崎県環境教育等行動計画の策定について」が公

長崎県の第2次長崎県環境教育等行動計画の策定について、プレスリリースが行われています。
ESDの視点を踏また環境教育や、SDGsの活用などが新しい方として導入されています。
http://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/383041/?fbclid=IwAR1UnK5_3thBxRGzc_eUygK-ddTvq_oJsa7cSzPRhKpINEptIfRcwfDWa3M


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】
九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
https://epo-kyushu.jp    E-mail:info@epo-kyushu.jp

九州地方ESD活動支援センター
http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:contact@kyushu-esdcenter.jp

EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
https://www.facebook.com/EPOkyushu

〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開所日 火~土曜日(10:00~19:00)
休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録・退会は、
http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
のフォームからお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
r2minactionaward
2020年06月03日

環境省…

環境省が平成10年度より実施してきた「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を「気候変動アクション環境大臣表彰」としてリニューアルし、気候変動の「緩和」及び気候変動への「適応」に顕著な功績のあった個人又は団…
2020年06月03日

【SDGs】SDGs169ター…

SDGs(持続可能な開発目標)において、原文が英語で書かれていいるターゲットについて、「SDGs16…
2020年06月03日

【助成金】公益財団法人再春館「…

地域ESD推進拠点にご登録いただいております、公益財団法人…
2020年06月03日

【助成金】瀬戸内オリーブ基金…

瀬戸内海周辺一帯で、ゆたかなふるさとを守り、育て、次世代に引き継ぐ活動費用を支援する瀬戸内オリーブ基…
2020年05月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…