epohedimg001

続いて、2日目には、みなまたの海と森を体験!

この3日間のメインフィールドである「グリーンスポーツみなまた 」は、目の前に美しい不知火海を臨む

照葉樹林の中にあり、海に森に、様々な「遊び」楽しむことができます。

今回はシーカヤックに挑戦。指導していただいた後、イワシに会えるようにみんなで祈りつつ、いざ海へ!

(写真取り忘れました。。。残念!)

初めてでしたが、真横でボラがはねていたり、海を身近に体験できて、とっても楽しかったです! リビング付きの快適なテントに泊まりながら、  朝・昼・夕と姿を変える海を、森の中から眺め、朝からはバードウォッチング。

本当に贅沢な時間を過ごすことができました。

そして、本当に感動したのが、水俣産の食材の美味しさと豊富さ!!

お野菜やお魚をはじめ、かまどで炊いたご飯、デザートに使ったチーズ、甘夏のマーマレード、

お茶など、ほとんどのものが水俣産ということ、またその美味しさに驚きながら、みなまたの豊かな山と海の

恵みを実感しました。あー、思い出しても本当に美味しかった!!

(写真はごく一部です)

 cheese.jpgtachiuo.jpgbreakfast.jpg

  水俣産チーズを使ったデザート!  新鮮な太刀魚のフライを挟んだ      朝ごはん(洋食バージョン)                                           「たちうおドッグ!」タルタルソースの中には   なんだかとってもおしゃれです。

                                          水俣の漬物「寒漬け」が入っていました。

 

sabaki.jpg

fish.jpg

ebi.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この立派な鯛!他にも太刀魚、カレイ、エビ   この鯛は塩焼きに!エラの取り方も  なんと贅沢な光景!鯛・エビ・太刀魚 などなど、たくさんのお魚を持ってきて        プロのやり方は一味違います。    がところ狭しと並んでます!

くださり、魚のさばき方講座が開かれました! 

・教えてくださった杉本さん・

 

 

 

  rigurasu.jpghazecandle.jpg candle_dinner.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栄養ドリンクを作りかえたリグラス。櫨の実で作られたろうそく。    お刺身・焼き魚・貝etc テーブルを

野の花にとてもよく合いますね。  若草色というのか、        埋め尽くすお料理の数々!

とても好きな色でした。

                                             


                                           

夜には、みなまたの若手生産者の方の集まり「あばぁこんね」の方とたき火を囲みながら、参加者全員で、

まったりおしゃべりをしてすごしました。火を見ながら話していると、ますます距離が近づきますよね。

水俣の自然と人の多様性を感じながら、空を見上げるとまさに「満天の星」! 流れ星も見えました。

 

3日目には、みなまたの新しい旅のスタイルを提案!ということで2チームに分かれて発表!

私たちの班は、「きれいになる!!」ことをテーマに、みなまたの豊かな食材を使った美肌料理、 温泉、地元産の材料

で行うアロマや塩エステと、アウトドアの組み合わせ。ところどころに 、地元の人との交流を交えたプランを発表。

もう1班は、工芸・食・自然、そして普段の生活の贅沢さなど、みなまたの持つ魅力を挙げ、それをどう広げていくかに

ついて提案しました。

 

happyou.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両方の班に共通していたのは、「みなまた」という土地の豊かさと、そこに暮らす人々の魅力。

みなまたに暮らし、その恵み活かした取組みを行っている魅力的な人々。

そこには過去の歴史を二度と繰り返さないという決意と、その学びを活かしながら、

どんなみなまたにしていきたいか、それぞれのビジョンが重なりあっているように感じました。

その方々の繋がりを発信していくこと、ここに「女子的」アプローチ(楽しい!美味しい!口コミ!)が加わり、

また 新たな層を呼び込むことができるのでは?というところは、共通していたように思います。

このみなまた環境女子大学で出会ったご縁も、大切にしていきたいです。

  

最後に、水俣の和紙職人金刺潤平さんが作られた修了証をいただいて、無事卒業!

なんだかグルメレポートのようになってしまったような気がしますが、 みなまたの歴史と現在までの歩み、

自然、恵み、 そして人の魅力にどっぷり引き込まれた3日間でした。 

 

一度だけでは分からない、みなまたの魅力。回数を重ねて、少しずつ、じっくり、ゆっくり知っていきたいです。

みなさんも、ぜひ一度遊びに行かれてみてください。「みなまたの魅力」を発見できると思います!

 

 

 

<おまけ>

みなまたはスイーツ が有名ってご存じですか?

私はこの3日間 ちょこちょこと出てきたみなまたの甘いものにすっかりやられてしまいました。本当に美味しかったです!

11月には、水俣市内のお店が参加する「スイーツスタンプラリー」も開催されているそう。ぜひ行ってみたいです!

 

  dago.jpg

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

「火のまつり」でお土産としていただいた昔ながらの手作り”だご”。私は3つも食べてしまいました。

 

 

【関連リンク】

みなまた環境大学  http://www.minamatacity.jp/related_group/kankyo-daigaku_group/ 

水俣市役所    http://www.city.minamata.lg.jp/

みなまた旅人応援サイト でかくっか水俣   http://go-minamata.jp/

熊本県環境センター http://www.kumamoto-eco.jp/center/

水俣市立水俣病資料館 http://www.minamata195651.jp/

水俣病情報センタ ーwww.nimd.go.jp/archives/index.html

エコパーク水俣 http://minamata-kouen.com/

 

 

地域のまちづくりや、コミュニティの活性化を目的に、市町村、もっと小さい単位の町内会など、

地域に根差したイベントが開催されています。その切り口として、アーティスト、地域の生産者や職人さんと

消費者の方を繋げる場、というのも増えてきたように思います。 EPO九州がある熊本でも!というわけで、

その中の一つ「四つ角マーケット」に行ってきました。

この秋から始まる、メディア連携事業の一環で訪問することになっている長洲町の工業団体内にあるメガソーラー施設に行ってきました。

3.7メガの出力を持つ「ソーラー林」は圧巻です。

町役場の方にご案内いただき、沿岸部の工業団地の一角をソーラーパネルが埋め尽くします。

p1070997.jpg

近づくとかなりの迫力です。

p1070998.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで発電される電力は、隣接するLIXILのアルミ工場にて活用されるそうです。

この施設の見学と運営企業の取組について学習会が開催されます。長洲町では、見学受付を行っています。

是非、学校や活動グループで見学されてはいかがでしょうか?



そして、長洲町で忘れてはいけないのが金魚。役場の玄関脇でお出迎えしてくれました。

 p1070991.jpg

 【活動地域】沖縄県
【EPO九州との主な連携事業】 生物多様性交流フェア(2010) 

国頭ツーリズム協会は、豊かな地域の資源(自然環境や歴史、文化、人材 など)を適正に利活用し、次世代へ責任を持って継承していくことを目的に活動しています。 さらに、持続可能なかたちで活かしていくツーリズムを地域の人々とともに学び、 伝えることで、環境教育の拠点づくりとあわせて、地域の発展の実現に結びつく活動を展開しています。 【特定非営利活動法人 国頭ツーリズム協会 】 

Default Image
2019年03月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(3月上旬)…

3月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年03月14日

【参加募集】長者原ビジターセン…

大分県の長者原ビジターセンターから、春のイベント情報が届きました。 ぜひご参加ください!…
2019年03月13日

『野焼き支援ボランティア活動2…

野焼き支援ボランティア活動20周年記念祭~阿蘇の大草原を永遠に~…
2019年03月13日

 平成30年度長崎県再生可能エ…

長崎県では、再生可能エネルギーを活かした産業振興、雇用創出や低炭素化、グリーン化に向け、県内各地域に…
2019年03月13日

「エコライフ・フェア2019」…

環境省は6月の環境月間にあわせて、幅広い年齢層の方が環境問題について楽しみながら学び、体験する場を提…