epohedimg003

【結果公表】環境省 2020年度ESG地域金融に関するアンケート調査結果

環境省は公開した「ESG地域金融実践ガイド2.0」策定の過程で、ESG金融の普及に向けた問題・課題点等を整理することを目的に実施したアンケート調査の結果を公表しています。

 

【参考】

環境省「ESG地域金融実践ガイド2.0」 | EPO九州 九州地方環境パートナーシップオフィス
https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2229-esg-2-0.html

 


 

2020年度ESG地域金融に関するアンケート調査について

 環境省では、令和2年度地域ESG金融促進事業において、地域金融機関が事業性評価に基づく融資・本業支援等の金融行動のなかでESG要素を考慮し、組織全体としてESG地域金融に取り組むための手引きとして「ESG地域金融実践ガイド2.0」を取りまとめました。
 本アンケート調査は、同ガイド策定の過程で株式会社野村総合研究所がESG金融の普及に向けた問題・課題点等を整理し、国内におけるESG金融の拡大に向けた施策の検討に結び付けること等を目的に実施したものです。


1.背景


 パリ協定での合意事項やSDGs(持続可能な開発目標)の実現には、極めて巨額の資金供給が必要とされており、すべてを公的資金で賄うことは現実的ではなく、民間資金の動員が求められています。

 そこで欧州を中心とする国際的な金融市場では、気候変動リスク等を含むESG( Environment:環境、 Social:社会、Governance:ガバナンス)要素を投融資判断に加えることがスタンダードとなりつつあり、ESG金融が急速に拡大しています。

 そのような情勢のなか、我が国では間接金融による資金調達の割合が大きく、特に地域の金融機関には、その地域における環境課題と経済・社会的課題の同時解決に向けた取組が期待されています。

 詳細は添付資料より御参照下さい。

2.目的


 国内におけるESG金融の更なる拡大に向けて、間接金融の主体である都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合など、国内金融機関におけるESG金融の取組状況について、取組段階や事例、取組促進に向けた課題、市場データ等の情報収集、整理を行いました。

 また、本調査を踏まえ、ESG金融の普及に向けて、問題・課題点等を整理し、国内におけるESG金融の拡大に向けた施策の検討に結び付けること等を企図しています。

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8240

 

r2 esg local finance enquete

環境省_2020年度ESG地域金融に関するアンケート調査について
https://www.env.go.jp/press/109426.html

 

 

asia mizukankyo buisiness
2022年01月27日

【2/10締切】「アジアにおける水環境改…

環境省は、国際展開の取組により得られた知見等を国内の関係者の皆様に提供することを目的として、アジアにおける水環境ビジネス展開等を紹介するセミナーを開催します。また、アジア・大洋州地域で水環境改善ビジネ…
2022年01月27日

【2/25締切】一般社団法人九…

九州地方計画協会は、国土の利用、整備又は保全及び災害の防止並びに建設技術の広報・普及等を目的とする事…
2022年01月27日

【2/3締切】令和3年度温泉熱…

環境省は、温泉熱の有効活用促進を目的としたセミナーを2月8日に開催します。温泉熱の利用事業への金融支…
2022年01月26日

【2/14開催】シンポジウム「…

環境省は、2月14日に海洋ごみ問題に関するシンポジウムを和歌山県和歌山市にて開催します。このシンポジ…
2022年01月26日

鹿児島市のSDGsガイドブック…

SDGs未来都市である鹿児島市は、SDGsの達成に向けた取り組みを紹介するガイドブックを作成しました…