epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.230, Fri Oct 29,2021

九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする

EPOねっと九州」vol.230


□□EPO九州/九州ESDセンターから

【11/4ハイブリッド開催】2022年度地球環境基金助成金説明会(長崎会場)のお知らせ

「地球環境基金」は、民間団体(NGO・NPO)による環境保全活動に対し助成を行うことを目的に、独立行政法人環境再生保全機構により運営されています。
2022年度地球環境基金の助成金募集に際し、九州・沖縄地域では、長崎市内にて対面での助成金説明会を開催します。
現場での保全活動から、政策立案、環境教育まで、民間団体が行う幅広い環境保全活動に対して助成を行うのが最大の特徴です。

オンライン参加も可能となりますので、助成金の活用をお考の方は、この機会にぜひご参加下さい。
EPO九州ではこの説明会の開催協力を行っています。


会場:【対面】      長崎ブリックホール 第3・4会議室
            〒852-8104 長崎市茂里町2-38
   【オンライン】  Zoom(後日配信URLをお送りいたします)

日時:2021年11月4日(木)18:30~20:00

主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部

協力:九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
   一般社団法人九州環境地域づくり

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/2519-11-4-2022.html


それでは最新号をご覧ください。


【目次】

□□EPO九州から

□□九州・沖縄地域 SDGsピックアップ

□□助成金に関する情報

□□地域の環境パートナーシップに関する情報

□□持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報

 □地域ESD拠点情報

 □資料公開

 □開催・募集

□□新型コロナウイルス感染症に関する情報

□□地域循環共生圏推進の取組み

 ◎まずはここから!地域循環共生圏

 □資料提供等

 □関連公募等

□□環境省・九州地方環境事務所からのご案内

 □情報の提供

 □開催等

 □公募・募集等



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■九州・沖縄各県の環境政策情報(10月下旬)

令和3年10月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。
ぜひ御覧ください。

※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
※公開が終了している場合があります。
※表示順、日程は前後する場合があります。
※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

[その一部をピックアップ!]

□福岡県
『スタイリッシュ通勤ふくおか』社会実験参加者募集について
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/syakaizikken1101.html

□佐賀県
環境を大切にした暮らし方セミナーを開催します~「買う」「使う」「捨てる」を考よう~
https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00372507/index.html

□長崎県
長崎県電力の調達に係る環境配慮方針について
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kurashi-kankyo/kankyohozen-ondankataisaku/ondanka/kankyohairyo/520487.html

□熊本県
令和2年7月豪雨 【災害復旧だより No.8】
https://www.pref.kumamoto.jp/site/kennan/113946.html

□大分県
国民参加の森林づくりシンポジウムを開催します
https://www.pref.oita.jp/soshiki/16260/moridukuri-shinpo.html

□宮崎県
令和3年度「みんなで取り組む子育て環境づくり支援事業費補助金」活用事業の3次募集
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-seisaku/kenko/kodomo/minnade3.html

□鹿児島県
ワタシらしい「シゴト」を描く”女性の起業支援セミナー"の開催及び参加者募集について
http://www.pref.kagoshima.jp/ab20/kagokigyou.html

□沖縄県
沖縄県食品ロス削減県民運動ロゴマーク及びキャッチフレーズの募集について
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kodomo/shohikurashi/syokuhinnrosu/logo.html

その他の情報は下記より御覧ください。
九州・沖縄各県の環境政策情報(10月下旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2563-10-12.html

________________________________________________________

■開所時間の変更について

令和3年4月1日よりEPO九州の開所時間が変更となっています
何卒宜しくお願い申し上げます。

変更前 10:00-19:00
変更後 10:00-18:00

住  所:〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2階
E-mail:info@epo-kyushu.jp
TEL/FAX Tel:096-312-1884  Fax:096-312-1894
業務時間 10:00~18:00(火~土曜日)
休 業 日:日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

(臨時閉所する場合もあります。)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州・沖縄地域 SDGsピックアップ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【11/19開催】熊本連携中枢都市圏地球温暖化対策シンポジウムの開催について

熊本連携中枢都市圏は、18市町村共同で『熊本から起こす「脱炭素ドミノ」~2050年温室効果ガス排出量実質ゼロを目指して~』というテーマで地球温暖化対策シンポジウムを開催します。
基調講演やパネルディスカッションを通して、行政・事業者・住民らが取り組むべきことを考る場となります。
定員に限りがありますので、ぜひお早めにお申し込みください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2562-11-20.html
________________________________________________________

■国立水俣病総合研究センター・『NIMDフォーラム2021』のお知らせ

環境省の国立水俣病総合研究センターは、例年開催しているNIMDフォーラムを本年も開催します。
『水俣の地域再生と市民・企業・行政のパートナーシップ』というテーマのもと、講演やパネルディスカッションが行われます。
現地参加のほか、オンラインでも参加可能ですので、ぜひご出席をご検討ください。。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2556-nimd-2021.html
________________________________________________________

■【10/22~】対馬野生生物保護センター開館のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大のため、4月から臨時休館となっていた長崎県対馬市の対馬野生生物保護センターは、令和3年10月22日より開館となりました。
入館の際にはマスクの着用や手指のアルコール消毒など感染予防をしたうで、ぜひごゆっくりとツシマヤマネコの生態展示等をご覧ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2552-10-23.html
________________________________________________________

■九州・沖縄地域SDGs未来都市情報(10月下旬)

九州・沖縄地域では、多数のSDGs未来都市が選定されています
SDGs関する自治体発信情報を下記の通りまとめて掲載しました

【選定状況については下記より】
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2564-sdgs-14.html


[その一部をピックアップ!]

□山都町
山都町過疎地域持続的発展計画について
https://www.town.kumamoto-yamato.lg.jp/kiji0037241/index.html


□対馬市
海洋プラ製買い物かご導入拡大
https://www.city.tsushima.nagasaki.jp/gyousei/soshiki/shimadukuri/sdgs/sdgs/3948.html

□大崎町
大崎町男女共同に関する住民意識アンケートご協力のお願い
http://www.town.kagoshima-osaki.lg.jp/kc_kikakuseisaku/kurashi/danjokyoudousankaku/juuminnishikiannke-to.html


その他の情報は下記より御覧ください。
九州・沖縄地域SDGs未来都市情報(10月上旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2542-sdgs-13.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃助成金、助成制度に関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【11/4ハイブリッド開催】2022年度地球環境基金助成金説明会(長崎会場)

「地球環境基金」は、民間団体(NGO・NPO)による環境保全活動に対し助成を行うことを目的に、独立行政法人環境再生保全機構により運営されています。
2022年度地球環境基金の助成金募集に際し、九州・沖縄地域では、長崎にて助成金説明会を開催します。
オンライン参加も可能となりますので、助成金の活用をお考の方は、この機会にぜひご参加下さい。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/2519-11-4-2022.html
________________________________________________________

■【11/15締切】河川基金2022年度助成事業の募集につい

河川基金は、その運用益をもちいて、河川などの整備・利用及び河川環境に関する調査・研究、川づくり団体の活動や学校(河川教育)を支援しています。
このたび、2022年度の助成事業の募集が始まりましたので、よりよい河川づくりに携わるみなさまはぜひこの機会にご応募ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2523-11-15-2022.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃地域の環境パートナーシップに関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【12/3締切】令和3年度「環境スタートアップ大賞」の募集について

環境省は、環境保全に資する事業に取り組むスタートアップ企業を対象に、「環境スタートアップ大賞」を実施します。
受賞企業には、表彰式にて大手企業や投資家などの参加者とつながる機会を提供していますので、ぜひこの機会にご応募をご検討ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2553-12-3.html
________________________________________________________

■【11/2締切】「令和3年度釧路・根室勉強会~脱炭素時代の観光を考る~」開催について

環境省北海道地方環境事務所と北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)は、地域課題の解決に向けた地域循環共生圏パートナーシップ基盤強化事業の一環として、表題の勉強会をオンラインにて開催します。
環境を観光資源の付加価値ととらた持続可能な地域づくりについての講演会や、省庁の脱炭素に係る支援についての内容となりますので、ご関心をお持ちの方はぜひお申し込みください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2554-11-2.html
________________________________________________________

■令和3年度建設リサイクル法に係る全国一斉パトロール等の実施結果

環境省、都道府県及び政令市等の建設リサイクル法担当部局、環境部局及び労働基準監督署の職員は建設現場における建設リサイクル法等の遵守を徹底するため、現場パトロールを実施しています。
今年度の6月~7月実施分の活動について、状況確認・指導の結果が報告されていますのでお知らせいたします。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2545-2021-10-19-07-09-45.html
________________________________________________________

■【11/7締切】海岸の清掃活動イベント「スポGOMI大会」開催のお知らせ

11月14日、福岡県有明海沿岸で初めてスポーツGOMI拾い(スポGOMI)イベントが開催されます。
スポGOMIはチームに分かれてゴミ拾いを行い、集めたゴミの量と種類でポイント数を競う、子どもから高齢者まで誰でも参加できる新しいスポーツです。
ぜひ有明海をきれいにしながらさわやかな汗を流してみてください

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2548-11-7-gomi.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□地域ESD拠点 関連情報

■【開催レポート】地域ESD・自然体験拠点等意見交換会の実施

九州地方ESD活動支援センターは、平成29年に設置されて以来、中間支援組織としてビジターセンター、自然体験施設をはじめとしたESD実践者の皆様による、地域ネットワークの構築を目的に、ワークショップの開催等、多様な実践者の連携・協働を進めてきました。
九州ESDセンターでは、このような皆様の協力のもと得られたネットワークを、成果として活用しながら、九州・沖縄地域で、今後どのようなESD推進を目指すのか、具体的な目標を整理・明示するものとして推進計画(仮称)の策定を検討しています。
推進計画の策定にあたり、複数の場作りをとおし地域の実践者の皆様のアイデアを集約するため、
九州地域のESDネットワーク推進に向けた課題は何か、またそのために各施設、職員が地域でどのような役割を担っていくのかを議論する、意見交換会をオンライン実施と対面実施を組み合わせ開催しました。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/10/29/r3_chiiki_esd_vc_mtg/
________________________________________________________

■【12/3締切】公害資料館連携フォーラムin長崎の開催について

公害資料館ネットワークは、公害教育を実施している組織の交流を図ることを目的として2013年に結成されました。
毎年1回公害教育と公害資料館の可能性につい て議論する公害資料館連携フォーラムを開催しており、本年は長崎市にてリアルとオンライン配信のハイブリッド方式で開催されます
現地見学会やオンラインツアーも企画されておりますので、ご関心のある方はぜひこの機会にお申し込みください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/10/28/kougaishiryokan_2021_forum/
________________________________________________________

■【11/6開催】公害資料館連携フォーラム・プレ企画「いま改めてカネミ油症を考る」開催のお知らせ

公害資料館ネットワークは、12月11~12日に開催する「第8回公害資料館連携フォーラムin長崎」に先立ち、オンラインで開催するプレ企画として「カネミ油症」について基本的な知識と背景を学ぶ場を設けます。
オンラインで開催される無料の企画ですので、ぜひご参加ください

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/10/25/kougaishiryoukan_kanemiyu_1106/
________________________________________________________

■新規拠点登録について

今年度に入り、下記の3団体の皆様に、地域ESD活動推進拠点にご登録いただきました。

 【福岡県】一般社団法人まほろば自然学校
  https://esdcenter.jp/kyoten_mahorobashizengakko/

 【宮崎県】学校法人宮崎学園
  https://esdcenter.jp/kyoten_miyazakigakuen/

 【沖縄県】特定非営利活動法人 Okinawa Hands-On NPO
  https://esdcenter.jp/kyoten_okiinawa-hands-on-npo/

各拠点の皆様のご活動についてはリンク先をご確認ください。

現在九州、沖縄地域から25団体、全国では149団体に
ご登録いただき、ネットワークが拡大しております。
今後も当センターでは拠点としてESD活動に取り組まれる
皆様の支援を行ってまいります。
________________________________________________________

■地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、
「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
ご関心をお持ちの方、まずは下記へご連絡ください。

〈お問合せ〉九州地方ESD活動支援センター
TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
E-mail:contact@kyushu-esdcenter.jp
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )


□ESD資料公開等

■【教材紹介】トヨタ自動車・環境こどもプログラム「トンボ編」について

トヨタ自動車株式会社は、「トヨタ環境こどもプログラム」を提供しており、学童保育への出張教室を行っております。
環境子どもプログラムの「トンボ編」は、近な存在であるトンボを題材に「推理クイズ」や「3コママンガ」などを通じて環境について考る内容となっており、プログラムの冊子は無料で提供されています。
子ども向け「プログラム冊子」のほか、大人向け指導ガイド「進行シート」も付いているため、学童などの放課後現場でも気軽に環境問題に取り組めます。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/10/27/toyota_esd_program/
________________________________________________________

■【教材紹介】JICAの動画・展示教材「地球ナビ」について

東京都新宿区のJICA地球ひろばは、世界が直面する様々な課題や開発途上国と私たちとのつながりを体感できる学習施設です。
体験型学習エリアにある「地球ナビ」は、地球を模した大型のモニュメントであり、来館者が自由に操作できるタッチパネルによってSDGsについての映像を閲覧できます。
JICA地球ひろばHPでは、SDGs教材として使用可能な「地球ナビ」の一部の映像をYoutubeで公開していますので、ご紹介いたします。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/09/03/chikyuunavi_jica/


□ESD関連の開催・募集

■【11/5締切】長崎県・食育講演会「長崎の郷土料理~和食文化の継承に向けて~」を開催します

長崎県は、和食文化を次世代に継承することを目的に、長崎の郷土料理の第一人者を招いて食育に関する講演会を開催します。
ご家庭でお手軽にできる郷土料理の試食会もありますので、長崎県民のみなさまはぜひご参加ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/10/23/nagasaki_syokuiku/
________________________________________________________

■【11/16開催】令和3年度「体験の機会の場」と連携した環境教育の研修の開催について(第三弾)

環境省は、環境教育やESDによる人づくりに取り組む意義やノウハウ等を学ぶための研修を開催します。
この研修では、質の高い体験プログラムを提供する体験活動の場である「体験の機会の場」を取り入れた環境教育について、企画や実施のポイントを学ぶことができます。
高知県での開催となりますが、体験の機会の場を取り入れた教育に携わる方はぜひご参加をご検討ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/10/23/taiken_kikai_kouchi/

________________________________________________________

■【11/19締切】SMBCグループライジング基金 2021年寄付先募集のお知らせ

SMBCグループライジング基金では、次世代を担う子どもや若者の健全な成長を支援する団体への寄付を行っており、現在寄付先の募集が始まっています。
子どもの体験活動やESDに取り組む団体も寄付対象としていますので、ぜひこの機会にご応募ください。
また、10月25日(月)と10月29日(金)にはオンラインによる説明会も行われますのでご検討されるみなさまはご参加ください。
SMBCグループライジング基金は、三井住友グループが一般社団法人ジャパン・フィランソロピック・アドバイザリー協力のもと運営しています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/10/16/smbc_grouprising_2021/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃新型コロナウイルス感染症に関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策

環境省ホームページでは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、同感染症への対応に係る情報発信の重点化を行っております。
環境省関連の対応状況取りまとめ情報の他、事業者向け情報、国立公園・国民公園等における取組等が紹介されています。ぜひ御覧ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1548-2020-04-24-09-46-18.html
________________________________________________________

■文部科学省 学校・子供応援サポーター人材バンクの開設について

文部科学省では、学校再開後、各地域において、学校をサポートしていただける人材が必要となる機会も多くなるため、教育委員会等が必要な人材をすぐに探すことができるよう、人材バンクを開設しました。
休校明けの学校は、子供たちの学習指導や心のケア、感染症対策等、沢山の大人たちのサポートが必要になります。
この人材バンク登録には教育免許は不要で、退職教員、教員免許取得を目指す方、大学生、塾講師、NPOなどの教育関係者だけでなく、ICTサポートや事務作業、消毒サポートなど幅広い人材が募集されています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/06/11/mext_covic19_jinzaibank/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃地域循環共生圏推進の取組み
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎まずはここから!地域循環共生圏

□地域循環共生圏について
環境省は、2018年4月に閣議決定した第五次環境基本計画において、「SDGs」や「パリ協定」といった世界を巻き込む国際な潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏ま
複数の課題の統合的な解決というSDGsの考方も活用した「地域循環共生圏」を提唱しました。
「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考方です。
「地域循環共生圏」は、農山漁村も都市も活かす、我が国の地域の活力を最大限に発揮する構想であり、その創造によりSDGsやSociety5.0の実現にもつながるものです。
「地域循環共生圏」の創造による持続可能な地域づくりを通じて、環境で地方を元気にするとともに、持続可能な循環共生型の社会を構築していきます。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2.html


■「環境省ローカルSDGs」ポータルサイト
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1525-sdgs.html
________________________________________________________

■地域循環共生圏づくり プラットフォーム活動団体
http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/chiiki_ichiran_r1/ 
________________________________________________________

■【登録募集】「環境省ローカルSDGs」実践地域等登録制度
http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/
_______________________________________________________

■【機能追加】環境省ローカルSDGs公式サイト パートナー検索機能の追加
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1974-sdgs-2.html
_______________________________________________________

■【登録募集】環境省 地域循環共生圏づくりプラットフォームにおける「企業等登録制度
http://chiikijunkan.env.go.jp/deau/kigyo_list/


●九州、沖縄地域の選定団体一覧●

令和3年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体について、全36団体の選定結果が公表されました。
環境省は、地域循環共生圏の構築に向け今回選定された活動団体と連携、環境整備等に取り組み、人材育成、情報集約、マッチング支援など「地域循環共生圏づくりプラットフォーム」の構築を行います。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2255-2021-04-06-09-44-25.html
_______________________________________________________

■選定団体 キックオフミーティング資料の公開

令和3年度「環境で地方を元気にする地域循環共生圏づくりプラットフォーム事業」活動団体の情報交換会(キックオフミーティング)発表資料が公開されました。

http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/#torikumi-reiwa3


□地域循環共生圏 資料提供等

■地域再エネ活用の検討に関するヘルプデスクのご紹介

環境省は、再生可能エネルギー利活用を主体とする自治体職員や企業担当者を対象に、再エネ活用の方向性や事業の進め方について相談ができるヘルプデスクを設置しました。
全国どこからでもオンラインで相談できる窓口になっていますので、再生可能エネルギーの導入や活用にお悩みのご担当者様は、ぜひご利用ください。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2477-2021-09-09-05-59-14.html
________________________________________________________

■【動画公開】環境省・地域循環共生圏づくりプラットフォームの講義動画公開について

環境省は、ローカルSDGs(地域循環共生圏)についてともに学び、繋がり合う機会として『寺子屋ローカルSDGs』という場を設け、セミナー・シンポジウムを開催しています。
2021年7月下旬に開催された第1回の動画とレポートが公開されていますので、ぜひ地域循環共生圏づくりに携わる方はご参考にしていただければ幸いです。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2476-sdgs-2021.html


□地域循環共生圏 関連公募等

■【11/10締切】「令和3年度ローカルSDGsリーダー研修プログラム "migakiba(ミガキバ)" 」参加者を募集します

環境省は、ローカルSDGs(地域循環共生圏)の実現に取り組む実践者を対象とした研修プログラム「migakiba(ミガキバ)」を開催します。
このプログラムでは、地域資源の活用や地域でSDGsを達成するため活動するリーダーの育成を目的としています。
全国5か所の開催地で、12週間にわたる骨太の研修ですので、我こそはというリーダーのご応募お待ちしております。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2551-11-10-sdgs-migakiba.html
________________________________________________________

■【11/11締切】「第6回エコ・ファースト シンポジウム」の開催について

環境省は、エコ・ファースト推進協議会と共催で第6回エコ・ファーストシンポジウムをオンラインにて開催します。
このシンポジウムでは、これから起こり得る環境課題を想定し、その地球レベルでの状況や対応策などの情報を共有することで気候変動問題を始めとするビジネスの可能性を見出し企業での事業に反映させていくことを目指します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2557-11-14.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃環境省・九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□開催情報

■【1/13締切】日本の国立公園フォトコンテスト2021の開催について

環境省は、東京カメラ部とのタイアップ企画として、“いつかまた旅したい、日本の国立公園”をテーマとしたフォトコンテストを開催します。
「日本の国立公園」ならではの物語が感じられる、「景観(自然・街並み)」「地域の伝統文化」「体験」「人との出逢い」。いつかまた気軽に旅行ができるその日に思いをはせながら、国立公園での思い出を振り返ってみませんか。
国立公園ならではの景観や地域の伝統文化が伝わる写真など、魅力あふれる情景をぜひご応募ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2558-1-13-2021.html
________________________________________________________

■【11/8開催】令和3年度廃棄物処理システムにおける脱炭素化に向けた普及促進方策に係るシンポジウムの開催について

環境省は、自治体関係者や廃棄物処理事業者向けに、廃棄物分野での脱炭素化や地域連携などについて意見交換を行うシンポジウムを開催します。
資源循環による地域経済への波及効果や廃棄物バイオマスの活用など、先進事例にとどまらない多面的な内容になっていますので、自治体関係やや廃棄物処理事業者のみなさまはぜひご参加ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2547-11-8.html
________________________________________________________

■「地域脱炭素に向けた改正地球温暖化対策推進法の施行に関する検討会(第3回)」の開催について

環境省では、日本中で10万組の子どもたちとそのご両親の参加による大規模な疫学調査「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」を2011年より実施しています。環境要因が子どもたちの成長・発達にどのような影響を与るのかを明らかにする調査です。
今般、エコチル調査の今後の展開について検討する「健康と環境に関する疫学調査検討会」が開催されます。
オンライン(Youtubeライブ配信)での傍聴も可能ですので、ぜひ積極的にご参加ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2543-10-25.html


□情報提供・公表

■【環境省】令和4年度概算要求時における環境保全経費の取りまとめについて

環境省は、令和4年度の環境保全経費の概算要求額をとりまとめ、公表しました。
環境保全経費とは、政府の経費のうち地球環境の保全、公害の防止並びに自然環境の保護及び整備に関する経費を総称したものです。
令和4年度要求額は令和3年度予算の14.8%増となっており、環境保全経費の確保が期待されます。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2560-2021-10-28-02-57-22.html
________________________________________________________

■「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(改訂案)」に対する意見募集(パブリックコメント)の結果について

環境省は、令和3年8月20日(金)から同年9月3日(金)までの間に実施した「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(改訂案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)の結果について公表しました。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2550-2021-10-23-02-50-06.html
________________________________________________________

■気候変動適応計画の閣議決定及び意見募集(パブリックコメント)の結果について

環境省は、令和3年10 月22 日(金)に閣議決定された「気候変動適応計画(骨子案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)の結果について公表しました

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2559-2021-10-28-02-47-40.html


□公募・募集

●事業公募

■【11/8締切】令和3年度脱炭素社会を支るプラスチック等資源循環システム構築実証事業(補助事業)の五次公募について

環境省は、複合プラスチック等のリサイクルの技術的課題を解消し、CO2の削減に資する実証事業を支援する実証事業を実施しています。
10月11日(月)より11月8日(月)まで実証事業の五次公募を行われています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2534-11-8.html
________________________________________________________

■【11/16開催】令和3年度「体験の機会の場」と連携した環境教育の研修の開催について(第三弾)

環環境省は、環境教育やESDによる人づくりに取り組む意義やノウハウ等を学ぶための研修を開催します。
この研修では、質の高い体験プログラムを提供する体験活動の場である「体験の機会の場」を取り入れた環境教育について、企画や実施のポイントを学ぶことができます。
高知県での開催となりますが、体験の機会の場を取り入れた教育に携わる方はぜひご参加をご検討ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/10/23/taiken_kikai_kouchi/
________________________________________________________

■【12/3締切】令和3年度「環境スタートアップ大賞」の募集について

環境省は、環境保全に資する事業に取り組むスタートアップ企業を対象に、「環境スタートアップ大賞」を実施します。
受賞企業には、表彰式にて大手企業や投資家などの参加者とつながる機会を提供していますので、ぜひこの機会にご応募をご検討ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2553-12-3.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】
九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
https://epo-kyushu.jp  E-mail:info@epo-kyushu.jp
九州地方ESD活動支援センター
https://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:contact@kyushu-esdcenter.jp
EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
https://www.facebook.com/EPOkyushu

〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開所日 火~土曜日(10:00~18:00)
休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。


【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
沖縄奄美自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/okinawa/
国立公園 http://www.env.go.jp/park/
地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html
地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/
環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/
九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/
平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/
雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/
長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/
阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/
南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/
びのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/
重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/
対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/
やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/
西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/
さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録・退会は、大変お手数でございますが
https://epo-kyushu.jp/contact.html
のフォームからご連絡をお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
Tags:
foodloss award r04
2022年07月02日

【8/12締切】令和4年度食品ロス削減推…

食品ロスの削減については「持続可能な開発目標」(SDGs)のターゲットの一つとされているなど、国際的にも重要な課題となっています。そのなかで、環境省及び消費者庁が連携して、食品ロス削減の取組を広く国民…
2022年07月02日

令和3年度における家電リサイク…

環境省は、令和3年度の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル実績について公表しました。令和3年度の廃…
2022年07月01日

【7/21締切】令和4年度ロー…

環境省は、海洋ごみ対策について自治体と企業が連携したモデル事業の二次募集を開始しました。令和3年度の…
2022年07月01日

【7/13締切】令和4年度「令…

環境省は、閉鎖性海域での里海づくりを推進するモデル事業を実施する団体の公募を行っています。閉鎖性海域…
2022年06月30日

【参加募集】地球緑化センター…

特定非営利活動法人地球緑化センターは、4泊5日の短期農山村ボランティアプログラム「若葉のふるさと協力…