epohedimg001

農林水産省 農山漁村における再生可能エネルギーの地産地消の取組について

私たちの身のまわりには、土地や水、風、熱、生物資源等が豊富に存在しています。有限でいずれは枯渇する化石燃料などと違い、これらは、自然の活動などによって絶えず再生・供給されており、環境にやさしく、地球温暖化防止にも役立つものとして注目を集めています。農山漁村において、これらのエネルギー(太陽光、風力、小水力、地熱、バイオマスなど)を積極的に有効活用することで、地域の所得の向上等を通じ、農山漁村の活性化につなげることが可能となります。農林水産省は、再生可能エネルギーの導入を通じて、農山漁村の活性化と農林漁業の振興を一体的に進めています。

農山漁村における再生可能エネルギーの地産地消の取組を紹介します(平成28年度農山漁村再生可能エネルギー地産地消型構想支援事業)。

・湯沢市再生可能エネルギー地産地消推進協議会(秋田県湯沢市)
 ・信州しおじり地域電力供給事業推進協議会(長野県塩尻市)
 ・五島市再生可能エネルギー推進協議会(長崎県五島市)
 ・地域の恵みを活かした小国町農林コミュニティ協議会(熊本県小国町)

 

protect 450596 180※イメージ画像

詳細はこちら http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/tisan_tisyou.html

Default Image
2017年07月08日

【開催案内】第1回地球温暖化に関する九州…

九州地方環境事務所では、地球温暖化対策の取組みを更に推し進めるため、地方公共団体・事業者等の団体や、家庭等においてそれぞれの取組みを実践していただく個人の方を対象に、「地球温暖化に関する九州カンファレ…
2017年06月30日

2017「肥後の水とみどりの愛…

■表彰の目的:水とみどりの資源保全に熱心に取り組み、着実な成果をあげておられる熊本県内の団体・個人等…
2017年06月30日

「大野川水環境フェスタ」参加者…

大分県では、7月16日(日曜日)に、親子で大野川の豊かな自然にふれながら、水環境について楽しく遊んで…
2017年06月29日

「PCB処理完遂への展望」in…

(一社)廃棄物資源循環学会の主催シンポジウム「PCB処理完遂への展望」in北九州が下記のとおり開催さ…