epohedimg001

地域経済循環分析自動作成ツール・地域経済波及効果分析ツールのご紹介

地域内でお金を循環させる経済構造ができているかは、「地域経済循環分析」という方法でチェックすることができます。
環境省では、地域経済の現状を把握するための「地域経済循環分析自動作成ツール」と、地域で各種施策を実施した場合のシミュレーションができる「地域経済波及効果分析ツール」の2つのツールをご提供しています。
2つのツールとも、国民経済計算、県民経済計算、産業連関表、経済センサス等、各種統計データを独自推計したデータベースから、任意の分析結果をレポートの形で自動出力することができます。
いずれも無料で活用できるツールですので、ぜひ積極的にご活用ください。

 


1.地域経済循環分析自動作成ツール・地域経済波及効果分析ツールの最新版である2018年版を公開しました!

新たに公表された統計データ等をもとに、2018年版の地域経済循環分析自動作成ツールを構築しました。
搭載されるデータは、地域経済循環データはもとより、エネルギーやCO2等の環境関連の統計データも更新して搭載しています。
地域経済循環分析のほか、CO2排出量やエネルギー代金の流出状況など地域の経済や環境の特徴を端的にとらえることができます!

さらに、新たに3つの環境施策メニューを追加した地域経済波及効果分析ツールの最新版も併せて公開しています。
最新版では、地熱発電、洋上風力発電、熱供給のメニューを追加し、様々な環境施策への対応をしています。

「地域を強くする」ための地域経済循環の考え方や、ツールについての詳細は下記ページにて紹介しています。
自動分析できる! 地域経済循環分析ツールのご案内 - トピックス - 脱炭素ポータル|環境省

2.手引書をわかりやすくしました!

手引書のレイアウト等を改良し、より読み手にわかりやすい手引書になるよう更新しました。
また、ツールからも手引書をダウンロードできるようにすることにより利便性の向上を図っています。

3.再エネ事業で地域経済循環の好事例を動画で紹介

地域経済循環の好事例である、福島県土湯温泉地域や大分県日田市の事例を動画でわかりやすく紹介していますので、ぜひご覧ください!

4.地域経済循環分析の説明会を開催

地域でお金を稼いでも、稼いだお金がすぐに域外に漏れていく地域の経済構造は全国で起きている課題です。
そうした地域経済の課題を見える化するとともに、地域住民の所得向上のための対策・施策を検討するため、「地域経済循環分析」の分析手法、分析事例等を紹介する説明会を開催しました。
以下の画像から説明会の模様を見ることができます。

 

foodloss award r04
2022年07月02日

【8/12締切】令和4年度食品ロス削減推…

食品ロスの削減については「持続可能な開発目標」(SDGs)のターゲットの一つとされているなど、国際的にも重要な課題となっています。そのなかで、環境省及び消費者庁が連携して、食品ロス削減の取組を広く国民…
2022年07月02日

令和3年度における家電リサイク…

環境省は、令和3年度の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル実績について公表しました。令和3年度の廃…
2022年07月01日

【7/21締切】令和4年度ロー…

環境省は、海洋ごみ対策について自治体と企業が連携したモデル事業の二次募集を開始しました。令和3年度の…
2022年07月01日

【7/13締切】令和4年度「令…

環境省は、閉鎖性海域での里海づくりを推進するモデル事業を実施する団体の公募を行っています。閉鎖性海域…
2022年06月30日

【参加募集】地球緑化センター…

特定非営利活動法人地球緑化センターは、4泊5日の短期農山村ボランティアプログラム「若葉のふるさと協力…