epohedimg001

環境省・令和4年度「環境の日」及び「環境月間」の取組について

6月5日は「環境の日」と定められており、この日には各種メディアやSNSを通じた情報発信等の新たな取り組みが行われます。
また、環境の日を含む6月を「環境月間」として、地球環境の大切さや環境問題への理解を深めるための発信が行われます。
ハッシュタグ「#環境の日はグリーン」をつけることで、どなたでも「環境の日」の認知度向上及び環境問題への更なる意識向上の取り組みに参加できますので、ぜひご参加ください。

【環境の日&環境月間ポータルサイト】
https://www.env.go.jp/guide/envmonth/

【ライトアップ企画 #環境の日はグリーン】
https://www.env.go.jp/guide/envmonth/green/

 


 

環境基本法(平成5年施行)では、6月5日を「環境の日」と定めており(※)、環境省では毎年、この日を含む6月を「環境月間」として、様々な取組を実施しています。今年度は、「環境の日」の認知度向上及び環境問題への更なる意識向上を目的に、各種メディアやSNSを通じた情報発信等の新たな取組を行う予定です。また、環境の保全に関する普及・啓発のため、関係府省庁、地方公共団体等に、各種行事の開催を呼びかけています。

※ 1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたもの。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めています。

① 「#環境の日はグリーン」

 「環境の日」における新しい取組の一つとして、環境の日の認知度向上及び環境問題への更なる意識向上を目的に、「#環境の日はグリーン」を6月5日に日本全国で展開します。

(1) 特別ライティング
 環境の日において、日本全国のライトアップを実施しているランドマーク約260施設に協力いただき、環境について想起させる「グリーン」の特別ライティングを実施いただきます。
 実施予定施設は以下のURL又は別添1をご参照ください。  
 https://www.env.go.jp/guide/envmonth/green/

(2) ハッシュタグ企画
 SNS上で活動されているフォトグラファーにも協力いただき、ハッシュタグ「#環境の日はグリーン」と付けて日本各地の参画施設の写真をSNS(Twitter、Instagram)に投稿いただくことで、本企画の趣旨・目的を知っていただく契機とします。

②  メディアとの連携による情報発信

 環境月間の1か月間を通して、各種メディアによる情報発信を行い、地球環境の大切さや環境問題への理解を深め、環境に対する行動の促進・継続につなげるための情報発信を実施します。
 ※ 「環境月間」の詳細は以下のURLから御参照ください。
 https://www.env.go.jp/guide/envmonth/

(1) 【ラジオ】TOKYO FM/JFN38局ネット「SCHOOL OF LOCK!」
 メイン聴取層の10代~20代に向け、プラゴミ問題等の環境課題について理解を深めてもらい、未来の環境を背負う若者に対し、自分たちができることについて意識の醸成を図ります。

(2) 【インターネット配信番組】News Picks「NEW DOOR」
 次世代のビジネスリーダー層に向け、ファッションの持続可能性について議論を展開し、環境を考慮した服作りやファッションについて啓蒙。持続可能なファッションの実現に向け、業界の課題解決に向けたビジネスの新たな価値、クリエイティビティ、可能性について発信します。

(3) 【雑誌】Hanako
 SDGs特集号での誌面タイアップ。読者が実践しやすい食のサステナブルをテーマとして取り上げます。

(4) 【ウェブ記事広告】東洋経済オンライン
 中小企業の脱炭素経営の取組やメリット等を紹介し、脱炭素社会の実現に資する企業経営の促進を図ります。

③  「#環境月間」ハッシュタグ企画

 日頃の生活の中での環境問題に関する発見、環境に関するニュース等にハッシュタグ「#環境月間」を付けてSNSに投稿してもらい、環境に対する意識向上を促進します。

添付資料

 

連絡先
環境省大臣官房総務課広報室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8213

 

green day r04

 

環境省 令和4年度「環境の日」及び「環境月間」の取組について
https://www.env.go.jp/press/111071.html

foodloss award r04
2022年07月02日

【8/12締切】令和4年度食品ロス削減推…

食品ロスの削減については「持続可能な開発目標」(SDGs)のターゲットの一つとされているなど、国際的にも重要な課題となっています。そのなかで、環境省及び消費者庁が連携して、食品ロス削減の取組を広く国民…
2022年07月02日

令和3年度における家電リサイク…

環境省は、令和3年度の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル実績について公表しました。令和3年度の廃…
2022年07月01日

【7/21締切】令和4年度ロー…

環境省は、海洋ごみ対策について自治体と企業が連携したモデル事業の二次募集を開始しました。令和3年度の…
2022年07月01日

【7/13締切】令和4年度「令…

環境省は、閉鎖性海域での里海づくりを推進するモデル事業を実施する団体の公募を行っています。閉鎖性海域…
2022年06月30日

【参加募集】地球緑化センター…

特定非営利活動法人地球緑化センターは、4泊5日の短期農山村ボランティアプログラム「若葉のふるさと協力…