epohedimg001

体験の機会の場の認定に係る申請について

■体験の機会の場の認定制度とは

 体験の機会の場の認定制度とは、所有又は賃貸借契約等を結んで使用している土地又は建物を、自然体験活動等の体験の機会の場として提供する場合、申請を受けて、都道府県知事が認定する制度です(申請方法等については、各都道府県等にお問合せください。)。
 認定した体験の機会の場をインターネットを通じて公表することにより、自然体験活動等へ参加しようとする人による、ニーズに合った場へのアクセスを円滑化することなどを目的としています。
 また、2つ以上の都府県にまたがる土地又は建物について申請する場合は、国へ申請し、主務大臣が認定することとなります。
 ここでは、2つ以上の都府県にまたがる土地又は建物について、国への申請方法等を説明します。

■認定申請方法

 認定の申請については、申請書及び必要な書類を下記の各省窓口まで提出してください。
提出書類については、下記HPより申請要領の中にあるフォーマットを利用してください。
 申請された事業について、主務省において認定基準に適合しているか等を確認します。

■申請窓口一覧

 申請内容と最も関係が深いと考えられる省に提出してください。

環境省(総合環境政策局環境経済課環境教育推進室)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL:03-5521-8231 FAX:03-3580-9568
文部科学省(生涯学習政策局社会教育課)
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL:03-5253-4111内線(3080)  FAX:03-6734-3718
農林水産省(農村振興局農村計画課農村政策推進室)
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
TEL:03-6744-2203 FAX:03-3506-9580
経済産業省(産業技術環境局環境政策課環境調和産業推進室)
〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-9271 FAX:03-3501-7697
国土交通省(総合政策局環境政策課)
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL:03- 5253-8111内線(24-332) FAX:03-5253-1550

詳細はこちら:

https://edu.env.go.jp/system/opportunity.html

有八シンポ2019チラシ最終 191017サイズ調整 page 0001
2019年11月21日

【熊本】シンポジウム「水環境が支える熊本…

河川流域の抱える多くの問題に取り組んでいる、熊本大学の「くまもと水循環・減災研究教育センター」。 今回、河川流域に関するシンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり」を開催されます。…
2019年11月20日

【11/24〆】生物多様性ユー…

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年九州水フォー…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…