epohedimg001

国際ボランティアワークキャンプ 環境分科会

EPO九州が入居する熊本市国際交流会館には、様々なNGOやボランティアの方々が関わっています。

現在、施設管理団体である熊本市国際交流振興事業団が毎年開催している国際ボランティアワークキャンプ の企画が進められています。

8月の3日間、九州各地のボランティア活動に関心のある高校生たちが集い、様々な分野で意見交換するプログラムです。

EPO九州では、そんな企画づくりのなかで、環境をテーマに分科会を担当する高校生グループのお手伝いをしています。

ivwc.jpg

 

 

 

 

 

 

今年は「水」をテーマにした分科会を持ちたいとの企画アイディアをもとに、水の飲み比べや水源池めぐりなど

を織り込んだプログラムが検討されています。

水がなぜ大切なのか、どう守っていくか、という問題意識と、実際にプログラムに参加してもらう高校生たちに

感じ取ってもらうことなど、工夫が必要な企画です。 7月2日の打合せでは、プログラムの流れを一緒に考えました。


あと1ヶ月の準備期間、水の都、熊本で水を考える禅問答が続きます。

tsushima action plan
2022年05月20日

対馬市SDGsアクションプランの策定につ…

SDGs未来都市である対馬市は、市民に対してSDGsの具体的な取り組みの方向性や行動などを示すロードマップとして、SDGsアクションプラン案を取りまとめました。今般、対馬市ウェブサイトにて公開され、ま…
2022年05月20日

【6/3締切】令和4年度ローカ…

環境省は、海洋ごみ問題について一層の対策を進めていくにあたり、自治体と企業等が連携した海洋ごみ対策の…
2022年05月14日

九州・沖縄地域SDGs未来都市…

内閣府地方創生推進室は、…
2022年05月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和4年5月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。ぜひ御覧ください。★ご注意※…
2022年05月14日

【5/25開催】第139回エコ…

九州環境エネルギー産業推進機構は、環境ビジネスの創出・ビジネスマッチング・人脈形成を目的に、九州経済…