epohedimg001

2050年カーボンニュートラルの実現に向けた住宅・建築物の対策をとりまとめ~「脱炭素社会に向けた住宅・建築物における省エネ対策等のあり方・進め方」の公表 ~

環境省は、国土交通省・経済産業省と連携して、「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」を開催してきました。
過去6回の検討会の内容について、国土交通省がとりまとめ、発表しましたのでお知らせいたします。
以下のリンク先より各回の資料をご覧いただけます。

【情報公開】
国土交通省  脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000188.html

 


 

国土交通省と経済産業省、環境省では、令和3年4月より「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」において、6回の議論を重ねてきました。
この度、「脱炭素社会に向けた住宅・建築物における省エネ対策等のあり方・進め方」を取りまとめましたので、公表します。今後、各省において、本取りまとめに位置づけられた各取組の具体化に取り組んでまいります。

 

<取りまとめのポイント>

●2050年及び2030年に目指すべき住宅・建築物の姿(あり方)

■2050年
ストック平均でZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能が確保され、導入が合理的な住宅・建築物において太陽光発電設備等の再生可能エネルギーの導入が一般的となること

■2030年
新築される住宅・建築物についてZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能が確保され、新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備が導入されていること
 

 

〇 省エネ対策等の取組の進め方

・ 2025年度に住宅を含めた省エネ基準への適合義務化
・ 遅くとも2030年までに省エネ基準をZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能に引き上げ・適合義務化
・ 将来における設置義務化も選択肢の1つとしてあらゆる手段を検討し、太陽光発電設備の設置促進の取組を進める

注)「ZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能」とは再生可能エネルギーを除いた省エネ性能

<添付資料>
・(別添1)取りまとめ(概要)
・(別添2)取りまとめ(本文)
・(参考1)検討会概要
・(参考2)ロードマップ

※ 関連資料及び過去の会議資料は、下記URLから御覧ください。
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000188.html

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課脱炭素ライフスタイル推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8341

 

2050 juutaku kenchikubutsu

 

環境省  2050年カーボンニュートラルの実現に向けた住宅・建築物の対策をとりまとめ~「脱炭素社会に向けた住宅・建築物における省エネ対策等のあり方・進め方」の公表 ~
https://www.env.go.jp/press/109915.html

kumamoto jumoku
2021年11月25日

【12/8締切】熊本県「ふるさと熊本の樹…

熊本県は、故郷の自然を大切にする意識の醸成や自然保護意識の普及啓発のため、県民を対象とした熊本県の樹木に関する出前講座を開催します。今回は八代市鏡の「印にゃく神社の楠」を取り上げ、現地での講座開催とな…
2021年11月25日

【12/17締切】「瀬戸内海環…

環境省は、「瀬戸内海環境保全基本計画(案)」についてパブリックコメントを実施します。九州の一部地域も…
2021年11月25日

【12/8締切】沖縄県・軽石の…

沖縄県は、現在県内沿岸に漂着している軽石の利活用方法について、民間団体や企業から意見を募集しています…
2021年11月24日

「第9回グッドライフアワード」…

グッドライフアワードは、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮…
2021年11月24日

【12/6開催】宮崎県「地球温…

宮崎県は、12月6日にイオンモール宮崎にて「地球温暖化防止パネル展2021」を開催します。このイベン…