epohedimg001

【3/6開催】シンポジウム「生物多様性とライフスタイル ~新しい日常に向けてわたしたちができること~」の開催

環境省は、生物多様性保全のための意識の向上や、行動変容につながるヒントとなる取組・実践事例から、わたしたち一人ひとりに何ができるのかを考えるシンポジウムを開催します。

令和3年3月4日(木)までのお申し込みが必要です。

 


 

シンポジウム「生物多様性とライフスタイル ~新しい日常に向けてわたしたちができること~」の開催について

 2019年5月に承認されたIPBES地球規模評価報告書は、生物多様性の状況を改善するためには社会変革(transformative change)が必要と指摘しました。また、愛知目標の最終評価として2020年9月に公表された地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)においても、2050ビジョン「自然との共生」の達成には、「今まで通り」(business as usual)から脱却し、「社会変革」が必要と指摘しています。
 本シンポジウムでは、生物多様性保全のための意識の向上や、行動変容につながるヒントとなる取組・実践事例を専門家からご紹介いただき、わたしたち一人ひとりに何ができるのかを考えます。

1.開催概要

日 時:令和3年3月6日(土)14:00~16:30

会 場:WEB開催(Zoom)

定 員:200名(事前登録制)

参加費:無料

主 催:環境省

共 催:IGES(公益財団法人 地球環境戦略研究機関)

2.プログラム(予定)

○開会挨拶 環境省 

○基調講演 『「自然と共生する世界」の実現に向けた社会変革』 武内和彦 IGES理事長

○取組紹介

・「ゆっくり、いそげ~一つ一つのいのちを大事にする地域づくり~」
影山知明 クルミドコーヒー/胡桃堂喫茶店 店主

・「生き物の豊かな環境が育む健康~明らかになりつつある自然との関わりと健康の科学的な関係~」
曽我昌史 東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授

・「行動経済学とナッジを生物多様性保全に活かす」
佐々木周作 東北学院大学 経済学部 准教授

・「みんなでつくる自然共生社会~行動変容に向けたNGOやユースの取り組み~」
矢動丸琴子 Change Our Next Decade 代表

・「誰でもいきもの調査隊員~AIを使った生物同定アプリとその活用~」
藤木庄五郎 株式会社バイオーム 代表取締役

・「小さな自然再生とオープンなデータと緩やかな環境自治区」
三橋弘宗 兵庫県立人と自然の博物館 主任研究員

○パネルディスカッション

・テーマ「意識と行動の変化を後押しするために」

・ファシリテーター 山口真奈美 一般社団法人 日本サステナブル・ラベル協会 代表理事

○閉会挨拶 環境省自然環境局長 鳥居敏男

3.参加申込み

令和3年3月4日(木)までに、以下のURLからお申し込みください(IGESウェブサイト)。

(定員に達し次第締め切らせていただきます。)

 https://www.iges.or.jp/jp/events/202103006

4.その他

取材対応はありません。傍聴希望の場合、上記手続きに従ってお申し込み下さい。

参考

IPBES

 IPBES(Intergovernmental science-policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Service:生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム)は生物多様性と生態系サービスに関する動向を科学的に評価し、科学と政策のつながりを強化する政府間のプラットフォームとして、2012年4月に設立された政府間組織です。

 2021年2月1日現在、IPBESには137カ国が参加しており、事務局はドイツのボンに置かれています。科学的評価、能力開発、知見生成、政策立案支援の4つの機能を柱とし、気候変動分野で同様の活動を進めるIPCCの例から、生物多様性版のIPCCと呼ばれることもあります。

 IPBES ウェブサイト http://www.ipbes.net/

 環境省ウェブサイトhttp://www.biodic.go.jp/biodiversity/activity/policy/ipbes/index.html

地球規模生物多様性概況第5版

 地球規模生物多様性概況第5版(Global Biodiversity Outlook5:GBO5)は、生物多様性戦略計画2011-2020及び愛知目標の達成状況についての評価や、2050年ビジョンの達成に向けて必要な行動等をまとめた報告書で、生物多様性条約事務局が2020年9月15日に公表しました。報告書によれば、愛知目標の20項目のうち6項目は一部達成と評価したものの、完全に達成したものはありませんでした。

 生物多様性条約事務局ウェブサイト https://www.cbd.int/gbo5

 環境省ウェブサイト https://www.env.go.jp/press/108447.html

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性戦略推進室
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8275

 

 

moe bd lifestyle

環境省_シンポジウム「生物多様性とライフスタイル ~新しい日常に向けてわたしたちができること~」の開催について
https://www.env.go.jp/press/109108.html

 

Default Image
2021年06月19日

九州・沖縄地域SDGs未来都市情報(6月…

内閣府地方創生推進室は、…
2021年06月19日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和3年6月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2021年06月19日

【結果公表】環境省…

環境省は令和3年5月3日(月)~6月13日(日)に、オンラインで開催された第24回科学技術助言補助機…
2021年06月19日

【公募開始】環境省…

環境省は、再生可能エネルギー熱利用設備や、自家消費型又は災害時の自立機能付きの再生可能エネルギー発電…
2021年06月19日

【8/18締切】環境省…

環境省は、重要里地里山、都道府県立自然公園、都道府県指定鳥獣保護区等の生物多様性保全上重要な地域おけ…