epohedimg001

【資料公表】環境省 ラムサール条約の国別報告書のとりまとめ

環境省は、ラムサール条約締約国会議の勧告に基づき、同条約関係省庁が取りまとめたラムサール条約国別報告書を条約事務局に提出しました。併せて実施されたパブリックコメントの結果も公表されています。

提出された報告書は、同条約のホームページ上で公開、取りまとめと分析を経て第14回締約国会議の場で報告される予定です。

 

【ご参考】環境省_ラムサール条約と条約湿地_ラムサール条約とは
https://www.env.go.jp/nature/ramsar/conv/About_RamarConvention.html

 


 

ラムサール条約の国別報告書のとりまとめについて

 環境省では、ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)締約国会議の勧告2.1に基づき、湿地保全に関する我が国の取組の状況について、同条約関係省庁が取りまとめたラムサール条約国別報告書を条約事務局に提出しましたのでお知らせします。

1.国別報告書の位置付け  


 令和3年11月ごろ、武漢(中国)において開催が予定されているラムサール条約第14回締約国会議に向けて、各国が同条約勧告2.1に基づく政府の報告書として、同条約事務局へ提出することを要請されているものです。

2.報告項目


 第14回締約国会議に提出する国別報告書は、以下の5つのセクションにより構成されています。

(1)条約の管理当局及び中央連絡先等の連絡先

(2)国内実施に係る進展及び課題の概要

(3)「ラムサール条約戦略計画2016-2024」(決議Ⅻ.2付属書)に定められた各実施目標の進捗状況に係る指標質問及び追加情報

(4)国家目標に関する情報(回答任意の附属書類)

(5)ラムサール条約湿地に関する追加情報

3.国民の皆様からの意見の募集結果について


 別紙のとおり。

4.今後の報告書の取扱い


 各国から提出された報告書は、同条約のホームページ上で公開されるほか、同条約事務局において取りまとめと分析が行われ、その結果は第14回締約国会議の場で報告される予定です。

添付資料

連絡先

環境省自然環境局野生生物課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8282

 

moe ramarconvention

環境省_ラムサール条約の国別報告書のとりまとめについて
https://www.env.go.jp/press/108979.html

 

 

kumamoto jumoku
2021年11月25日

【12/8締切】熊本県「ふるさと熊本の樹…

熊本県は、故郷の自然を大切にする意識の醸成や自然保護意識の普及啓発のため、県民を対象とした熊本県の樹木に関する出前講座を開催します。今回は八代市鏡の「印にゃく神社の楠」を取り上げ、現地での講座開催とな…
2021年11月25日

【12/17締切】「瀬戸内海環…

環境省は、「瀬戸内海環境保全基本計画(案)」についてパブリックコメントを実施します。九州の一部地域も…
2021年11月25日

【12/8締切】沖縄県・軽石の…

沖縄県は、現在県内沿岸に漂着している軽石の利活用方法について、民間団体や企業から意見を募集しています…
2021年11月24日

「第9回グッドライフアワード」…

グッドライフアワードは、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮…
2021年11月24日

【12/6開催】宮崎県「地球温…

宮崎県は、12月6日にイオンモール宮崎にて「地球温暖化防止パネル展2021」を開催します。このイベン…