epohedimg001

【資料公表】環境省 グリーン・バリューチェーンプラットフォームを公開中

環境省は、脱炭素経営に関する情報プラットフォームを開設し、温室効果ガスのサプライチェーン排出量算定(Scope1,Scope2,Scope3)、またSBT(Sience Based Targets)、RE100(Renewable Energy 100%)、WMB(We Mean Business)に関する情報提供を行っています。

公式サイトでは、脱炭素経営促進ネットワークとして、パリ協定に整合する目標設定を検討する企業、目標設定を行った企業、目標達成のためのソリューションを提供する事業者が、会員として紹介されています。※2021年1月22日現在131社

 

moe gvc pf

環境省 グリーン・バリューチェーンプラットフォーム
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/index.html

 

kumamoto pc20210219
2021年02月19日

【3/5締切】熊本連携中枢都市圏地球温暖…

熊本市環境政策課は熊本連携中枢都市圏地球温暖化対策実行計画(素案)に関するパブリックコメントを募集しています。…
2021年02月19日

【3/13開催】第27期…

特定非営利活動法人…
2021年02月17日

【3/13開催】「令和2年度ロ…

環境省が実施しているローカルSDGs実現に取り組むリーダー育成プログラム"migakiba(ミガキバ…
2021年02月17日

【3/11開催】サプライチェー…

環境省は脱炭素に向けた社会的機運を受け、サプライチェーン全体でのネットゼロを求める動きに対応した企業…
2021年02月17日

【3/9開催】CDP水セキュリ…

環境省は、環境分野に取り組む国際NGOであるCDPと「CDP水セキュリティレポート2020報告会×W…