epohedimg001

【結果公表】環境省 中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業に係る対象事業者の二次採択

環境省はSBT(Science Based Targets)、または準じた中長期目標を設定する中小企業の支援事業について、追加募集の審査を行い、採択結果を公表しました。

 

【SBTについてのご参考】

環境省 グリーン・バリューチェーンプラットフォーム:SBT取組事例
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/case_smpl_sbt.html

 

【採択事例についてご参考】

環境省_中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業に係る対象事業者の採択について
https://www.env.go.jp/press/108596.html

 


 

中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業に係る対象事業者の二次採択について

 環境省は、既にScience Based Targets(以下「SBT」という。) やSBTに準じた中長期目標(RE100等)を設定している、もしくは、今後設定を検討している中小企業を支援する「令和2年度中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業」の追加募集に応募があった企業について審査を行い、下記の通り採択しましたのでお知らせいたします。

1.支援対象企業等の募集と採択について


「令和2年度中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業」について令和2年10月26日(月)から同年11月10日(火)まで追加募集を行い、応募案件の審査を行った結果、以下の参加企業を決定しました。

  • 恩田金属工業株式会社
  • 株式会社ジェネックス
  • 株式会社艶金
  • リマテックホールディングス株式会社

2.事業実施の趣旨・背景について


 パリ協定において企業等の非政府主体における排出削減が求められたことから、グローバルに活動を行う大企業を中心にSBT等の脱炭素経営の取組が広がっております。一方、その目標達成のためには、大企業のみならず、サプライヤーである中小企業の脱炭素経営の推進が必要です。

 このため、本事業はSBT等の目標を設定している中小企業において、2025~30年頃の削減目標に向けた中長期の削減ポテンシャルの診断を実施し、取組可能な対策行動の可視化を促進するため、「令和2年度中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業」を実施することといたしました。

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8249

 

r2 sbt lc kashika kekka

環境省_中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業に係る対象事業者の二次採択について https://www.env.go.jp/press/108640.html

ipponnoki r3 josei kamiki
2020年12月01日

【1/31締切】公益財団法人再春館「一本…

地域ESD活動推進拠点にご登録をいただいております、熊本県の公益財団法人再春館「一本の木」財団では、熊本の自然環境保全等に取り組む団体等を対象に、令和3年度上期分の助成公募を実施しています。受付期間は…
2020年11月28日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和2年11月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2020年11月28日

【12/27締切】「生物多様性…

環境省は、「生物多様性国家戦略2012-2020」に基づく施策等の実施状況について点検結果(案)を取…
2020年11月28日

【結果公表】UNEP…

国連環境計画(UNEP)は、「第4回海洋プラスチックごみ及びマイクロプラスチックに関する専門家会合」…
2020年11月28日

【12/5-6】GTF…

環境省は「つなげよう、支えよう森里川海」をテーマに、企業、自治体及び団体の環境保全の取組を応援、市民…