epohedimg001

【結果公表】国立公園オフィシャルパートナーシップ締結式(第6回)の開催

環境省では、民間と協力して国立公園の魅力を世界に向けて発信、利用者の拡大を図る、パートナーシッププログラムを推進しています。
今回新たに12社と締結されたことで、パートナー企業等は全87社となる予定で、九州沖縄地域から新たに大分銀行、宮崎銀行がパートナーとして加わりました。

 


国立公園オフィシャルパートナーシップ締結式(第6回)の開催について

 環境省では、民間企業・団体と相互に協力して、国立公園の魅力を世界に向けて発信し、国内外の利用者の拡大を図るため、国立公園オフィシャルパートナーシッププログラムを推進しています。
 令和2年10月15日(木)に第6回目となる本パートナーシップの締結式を開催します。
 本パートナーシッププログラムは平成28年11月に設立し、令和元年7月の第5回の締結式時点で75社の企業等と締結を行ってきました。今回新たに12社と締結し、パートナー企業等は全87社となる予定です。
 今回締結式は、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、「3つの密」が発生しない等、基本的な感染防止対策を講じた上で、報道機関に公開で行います。

1.国立公園オフィシャルパートナーシップ 第6回締結式

(1)日時  令和2年10月15日(木)15:00~16:00

(2)場所  中央合同庁舎5号館22階 環境省第1会議室

       ※新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点からWEBシステムによる参加も併せて実施

(3)締結パートナー企業等(12社) 五十音順

  ・IHG・ANA・ホテルズグループジャパン

  ・アルピコ交通株式会社

  ・株式会社AirX

  ・株式会社大分銀行

  ・株式会社ゴールドウイン

  ・スターバックス コーヒー ジャパン株式会社

  ・住友林業株式会社

  ・有限会社ニーハイメディア・ジャパン

  ・濃飛乗合自動車株式会社

  ・株式会社宮崎銀行

  ・株式会社やまとごころ

  ・株式会社ROSY

2.国立公園オフィシャルパートナーシッププログラムの概要

(1)趣旨

 「国立公園オフィシャルパートナーシッププログラム」は、環境省と民間企業・団体が相互に協力し、日本が世界に誇る国立公園の美しい景観と、国立公園に滞在する魅力を世界に向けて発信し、国内外からの国立公園利用者の拡大を図ることで、国内外の人々の自然環境保全への理解を深めるとともに、国立公園の所在する地域の活性化につなげるためのパートナーシッププログラムです。

(2)期間

  締結日から令和2年12月31日まで

3.締結式の取材について

 ・締結式は報道機関に公開で行います。

 ・締結式終了後、会場にて事務方が質疑対応をいたします。

 ・取材希望の方は、10月14日(水)正午までに、国立公園利用推進室メールアドレス宛

 ()までご連絡ください。その際、メールタイトルに「国立公園オフィシャルパート 

  ナーシップ第6回締結式取材希望」と記載の上、「所属、氏名、連絡先(電話番号及びメールアドレス)、 

  ムービー・スチール・ペンの別、何名の参加希望か」を明記ください。

 ・当日は、記者証又は腕章を携帯いただくとともに、環境省担当者の指示に従っていただけますようお願いい

  たします。

 ・新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、マスクの着用をお願いいたします。

連絡先

環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8271

 

環境省_国立公園オフィシャルパートナーシップ締結式(第6回)の開催について
https://www.env.go.jp/press/108490.html

 

Default Image
2021年07月31日

九州・沖縄地域SDGs未来都市情報(7月…

内閣府地方創生推進室は、…
2021年07月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和3年7月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2021年07月31日

【8/29締切】環境省…

環境省は、自然公園法の一部を改正する法律の施行に向け、自然公園法施行令の一部を改正することを検討して…
2021年07月31日

【資料公表】環境省…

環境省では、科学的・計画的な鳥獣の保護及び管理についての専門的な知見を有する職員の都道府県ごとの配置…
2021年07月31日

【結果公表】環境省…

環境省は、地域の持続可能性の向上や地域循環共生圏の創出に資するESG金融促進を図るため「令和3年度地…