epohedimg001

【熊本】第25回くまもと自然保護講演会

~第25回くまもと自然保護講演会『ジオパークとしての大地の遺産の保全・保護』~

第25回くまもと自然保護講演会熊本県自然保護関係団体協議会では、熊本の豊かな自然を護り育むため、毎年自然保護に関する講演会を開催しています。
今回は、天草市立御所浦白亜紀資料館館長 長谷義隆先生をお招きして、『ジオパークとしての大地の遺産の保全・保護』の題目でお話していただきます。
「ジオパーク」の基本理念の主旨は大地の遺産の保全と活用です。大地の遺産のうち、地層や化石を主要テーマにして活動しているジオパークにとって、地層から化石を採集する行為は、大地の遺産を保全するという観点からみると受け入れ難いことのようにも考えられますが、大地の姿を知り、生命の変遷を語るにはなくてはならない教育プログラムであると言えましょう。「天草ジオパーク」の拠点である御所浦白亜紀資料館として、白亜紀の地層から産出する豊富な化石(恐竜や軟体動物)を対象にした子供たちの化石採集体験は、教育プログラムとして重要で。その際に採集される化石は、大地の遺産の保全というジオパークの理念とどのように関わるのかについて、旧御所浦町が取り組んできた保全・保護に対する実践と現在の生態系を含めて大地の保全・保護を継続、発展させている資料館の現状と考え方について紹介します。


日 時:令和2年(2020年)1月13日(月・成人の日)
   (受付)午後1時30分~
   (講演)午後2時~4時
会 場:熊本県民交流会館パレア9階 会議室1
演 題:「ジオパークとしての大地の遺産の保全・保護」
講 師:天草市立御所浦白亜紀資料館館長 長谷 義隆 氏
対象者:自然保護に興味のある方
定 員:120名
申込み:不要
参加費:無料
主 催:熊本県自然保護関係団体協議会
    熊本県
    公益財団法人再春館「一本の木」財団 (※地域ESD活動推進拠点)

★詳細は下記ページをご覧ください。
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_30103.html

【問合わせ先】
熊本県環境生活部 環境局 自然保護課
電話:096-333-2274

Tags: ,
bioplastic roadmap
2021年01月27日

【資料公表】環境省他「バイオプラスチック…

環境省、経済産業省、農林水産省、文部科学省は合同で「バイオプラスチック導入ロードマップ」を策定し、バイオプラスチックに関係する幅広い主体に対して、導入方針と導入に向けた国の施策を公表しました。このロー…
2021年01月27日

【2/24開催】環境省「既存イ…

環境省は、既存砂防堰堤や既存ダムを新たな視点で捉え、水力発電のより一層の普及促進を目的として「既存イ…
2021年01月27日

【2/19開催】令和2年度一般…

環境省は、市町村の廃棄物エネルギー利活用に関連する担当者、関連する民間事業者等に対し、廃棄物エネルギ…
2021年01月27日

【2/4締切】令和2年度分散型…

環境省及び経済産業省資源エネルギー庁は、官民が分散型エネルギーモデルに関する課題分析を行い、関係する…
2021年01月26日

【2/24公募】環境省…

環境省は、地域循環共生圏の創造に向け、主体として環境整備に一緒に取り組んでいただける団体の公募を開始…