epohedimg001

【熊本】第25回くまもと自然保護講演会

~第25回くまもと自然保護講演会『ジオパークとしての大地の遺産の保全・保護』~

第25回くまもと自然保護講演会熊本県自然保護関係団体協議会では、熊本の豊かな自然を護り育むため、毎年自然保護に関する講演会を開催しています。
今回は、天草市立御所浦白亜紀資料館館長 長谷義隆先生をお招きして、『ジオパークとしての大地の遺産の保全・保護』の題目でお話していただきます。
「ジオパーク」の基本理念の主旨は大地の遺産の保全と活用です。大地の遺産のうち、地層や化石を主要テーマにして活動しているジオパークにとって、地層から化石を採集する行為は、大地の遺産を保全するという観点からみると受け入れ難いことのようにも考えられますが、大地の姿を知り、生命の変遷を語るにはなくてはならない教育プログラムであると言えましょう。「天草ジオパーク」の拠点である御所浦白亜紀資料館として、白亜紀の地層から産出する豊富な化石(恐竜や軟体動物)を対象にした子供たちの化石採集体験は、教育プログラムとして重要で。その際に採集される化石は、大地の遺産の保全というジオパークの理念とどのように関わるのかについて、旧御所浦町が取り組んできた保全・保護に対する実践と現在の生態系を含めて大地の保全・保護を継続、発展させている資料館の現状と考え方について紹介します。


日 時:令和2年(2020年)1月13日(月・成人の日)
   (受付)午後1時30分~
   (講演)午後2時~4時
会 場:熊本県民交流会館パレア9階 会議室1
演 題:「ジオパークとしての大地の遺産の保全・保護」
講 師:天草市立御所浦白亜紀資料館館長 長谷 義隆 氏
対象者:自然保護に興味のある方
定 員:120名
申込み:不要
参加費:無料
主 催:熊本県自然保護関係団体協議会
    熊本県
    公益財団法人再春館「一本の木」財団 (※地域ESD活動推進拠点)

★詳細は下記ページをご覧ください。
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_30103.html

【問合わせ先】
熊本県環境生活部 環境局 自然保護課
電話:096-333-2274

Tags: ,
taisei shizen rekishi2021
2021年05月06日

【7/30必着】公益信託…

公益信託 大成建設自然・歴史環境基金は、自然・歴史環境の保全活動や研究を行う非営利団体への助成を行っています。 今年度の募集は令和3年5月11日に要項が基金のWebサイトへ情報掲載予定です。…
2021年05月01日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和3年4月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2021年05月01日

【8/31締切】環境生活文化機…

公益社団法人…
2021年05月01日

【結果公表】環境省…

環境省では、エコツーリズムを活用した地域活性化を推進する活動に対して「エコツーリズム地域活性化支援事…
2021年05月01日

【資料公表】環境省…

農林水産省と環境省は、令和2年度の「コロナ後の経済社会の再設計(Redesign)に向けた「農林水産…