epohedimg001

■体験の機会の場の認定制度とは

 体験の機会の場の認定制度とは、所有又は賃貸借契約等を結んで使用している土地又は建物を、自然体験活動等の体験の機会の場として提供する場合、申請を受けて、都道府県知事が認定する制度です(申請方法等については、各都道府県等にお問合せください。)。
 認定した体験の機会の場をインターネットを通じて公表することにより、自然体験活動等へ参加しようとする人による、ニーズに合った場へのアクセスを円滑化することなどを目的としています。
 また、2つ以上の都府県にまたがる土地又は建物について申請する場合は、国へ申請し、主務大臣が認定することとなります。
 ここでは、2つ以上の都府県にまたがる土地又は建物について、国への申請方法等を説明します。

■認定申請方法

 認定の申請については、申請書及び必要な書類を下記の各省窓口まで提出してください。
提出書類については、下記HPより申請要領の中にあるフォーマットを利用してください。
 申請された事業について、主務省において認定基準に適合しているか等を確認します。

■申請窓口一覧

 申請内容と最も関係が深いと考えられる省に提出してください。

環境省(総合環境政策局環境経済課環境教育推進室)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL:03-5521-8231 FAX:03-3580-9568
文部科学省(生涯学習政策局社会教育課)
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL:03-5253-4111内線(3080)  FAX:03-6734-3718
農林水産省(農村振興局農村計画課農村政策推進室)
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
TEL:03-6744-2203 FAX:03-3506-9580
経済産業省(産業技術環境局環境政策課環境調和産業推進室)
〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-9271 FAX:03-3501-7697
国土交通省(総合政策局環境政策課)
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL:03- 5253-8111内線(24-332) FAX:03-5253-1550

詳細はこちら:

https://edu.env.go.jp/system/opportunity.html

「エコジン」は、最近の環境行政情報や、企業や個人の方々の環境問題に対する先導的な取組を紹介し、国民一人ひとりが環境のことを考え、地球のためにできることを見つけ出すために役立つ情報をお伝えします。

現在発行中の2・3月号の内容をご紹介します。
~特集~ 地球温暖化 WORLD NEWS
■エコジン・インタビュー 田中圭さん
 「自然を守る努力をする人がいなければ、あっという間に環境は崩れる気がします。」
■エコロ塾 福島の今とこれから
■CAUTION! 温暖化注意報 Vol.04
 温暖化と感染症は無関係ではない!?
■しりあがり寿の「エコい毎日」
 COP21に向けて"ガンバレCOP!"
■さかなクンのお魚eco講座
 お魚と水の汚染

■最新号、バックナンバーは、こちら
http://www.env.go.jp/guide/info/ecojin/

フロン類の地球温暖化への影響度は、CO2の数千倍あるとされており、その排出抑制対策は、地球温暖化対策の重要な柱のひとつです。
 最近では、スーパーやコンビニなど身近な場所でも、フロンを使わない、
更に省エネにも役立つ「省エネ型自然冷媒」を使った冷凍冷蔵機器が導入されつつあるのをご存知でしょうか?

 環境省は、省エネ型自然冷媒機器(=優れた冷やすワザ)の導入を一層進めるためのプロジェクト「冷やすワザでおいしいを未来に!」を立ち上げています。
■プロジェクト動画は、こちら(YouTube環境省動画チャンネル)


 近所のスーパーやコンビニでも、ショーケースなどが省エネ型自然冷媒機器になっているかもしれません。

環境省では、水銀に関する水俣条約の発効に向け、ボタン形電池が使用されている可能性のある製品の流通事態を把握する調査を実施しています。
 これは、ボタン形電池には水銀が使用されているものがまだ流通している可能性があり、これが組み込まれた製品が不適切に処理されてしまうと電池中の水銀が環境中に排出されてしまうためです。
 環境省でも直接調査を行っていますが、より幅広く、効果的に把握するためには、広く市民・事業者の皆様のご協力が必要です。
 この度、情報を提供いただくための調査票をウェブサイト上に設けました。
 ボタン形電池が使用されている可能性のある製品に関する情報を幅広くお寄せいただけますよう、ご協力をお願いいたします。

■詳細、調査票はこちら
http://www.env.go.jp/press/100771.html
(回答目安時間は、1製品につき5分程度です。)

モーグル元日本代表の上村愛子さんからのメッセージです。
「次の世代、その次の世代もスキーを楽しめる世の中であってほしい。
 そのため、自身の行動を変えて地球温暖化の防止に取り組みたい」という決意を語っておられます。
 世界を転戦する中、雪が少なくなってきている現状を肌で感じた経験から地球温暖化の防止を訴える上村さんのメッセージを、聴いてみませんか?

■上村愛子さんのメッセージ(環境省動画チャンネル)
sogen yokota photo
2020年07月07日

【熊本県】阿蘇草原学習館 「横田整一郎…

熊本県阿蘇市の阿蘇草原保全センター「草原学習館」にて、昆虫に関する写真展が開催されます。 期間中、ぜひご観覧ください。 期間 7月1日(水)〜8月31日(月) 午前9時〜午後5時 場所…
2020年07月07日

【7/20締切】2020年度「…

一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)は、真如苑より、「環境保全・生物保護…
2020年07月07日

【7/16開催】独立行政法人環…

環境省では、独立行政法人環境再生保全機構の年度評価(事業年度:令和元年度)を行うためヒアリングを下記…
2020年07月07日

【7/31締切】環境省…

この度、「令和2年度地域脱炭素化推進事業体設置モデル事業」の二次公募を開始しましたので、お知らせいた…
2020年07月07日

【11/30締切】環境省…

中小事業者の環境経営システム構築を支援する「中小事業者による排出量算定・排出量削減のための環境経営体…