epohedimg001

【7/7締切】令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業の二次公募について

環境省は、カーボンニュートラルに向けた技術開発・実証事業の公募を行っています。
この事業では、地域循環共生圏の構築と早期の脱炭素社会実現に向けて、CO2排出削減効果の高い技術の開発・実証を支援するものです。

 


この度、令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業の新規課題の二次公募を開始することとなりましたので、お知らせします。

1.事業の概要

 脱炭素社会の実現に向けては、あらゆる分野で更なるCO2削減が可能なイノベーションを創出し、早期に社会実装することが必要不可欠です。特に、各地域の特性をいかした、脱炭素かつ持続可能で強靱な活力ある地域社会を構築することが重要です。本事業では、CO2排出量大幅削減及び地域活性化の同時達成、これらを通じた第5次環境基本計画に掲げる「地域循環共生圏」の構築と「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」で掲げる早期の脱炭素社会の実現に向け、将来的な気候変動対策の強化につながるCO2排出削減効果の高い技術の開発・実証を公募します

2.公募実施期間

 令和4年5月27日(金) ~ 同年7月7日(木)17:00

3.対象等

 対象:民間企業等
 内容:委託又は補助(補助率最大1/2)

4.対象枠及び分野

(1)地域共創・セクター横断型テーマ設定枠
(「気候変動×建築」、「気候変動×農業」、「気候変動×地域交通」)
 国の政策を踏まえつつ、地域社会におけるニーズ及び各省庁における取組について、相互に連動した課題をテーマとして設定し、様々なステークホルダがイノベーションのパートナーとして参画する地域共創・セクター横断型の取組を実施します。

(2)ボトムアップ型分野別技術開発・実証枠
 将来的な地球温暖化対策の強化につながり、各分野におけるCO2削減効果が相対的に大きいものの、開発リスク等の問題から、民間の自主的な取組だけでは十分に進まない技術開発・実証を対象として公募を行います。

5.予算

 1課題当たりの単年度の予算額は3千万円~5億円程度(補助金は総事業費ベースになりますので、補助率1/2以内で1.5千万円~2.5億円程度)とします。
 提案内容に応じて、委託又は補助の区分を選択して御応募ください。

6.実施期間

 原則として3年以内とします。

7.応募方法

 以下の環境省ウェブサイトから本事業の応募様式等をダウンロードし、公募要領・作成要領に従って必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

 「令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業の二次公募について」
 http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local/04_a01_3/r4co2_2.html

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339

 

kyoso kc technical

 

環境省 令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業の二次公募について
https://www.env.go.jp/press/111097.html

foodloss award r04
2022年07月02日

【8/12締切】令和4年度食品ロス削減推…

食品ロスの削減については「持続可能な開発目標」(SDGs)のターゲットの一つとされているなど、国際的にも重要な課題となっています。そのなかで、環境省及び消費者庁が連携して、食品ロス削減の取組を広く国民…
2022年07月02日

令和3年度における家電リサイク…

環境省は、令和3年度の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル実績について公表しました。令和3年度の廃…
2022年07月01日

【7/21締切】令和4年度ロー…

環境省は、海洋ごみ対策について自治体と企業が連携したモデル事業の二次募集を開始しました。令和3年度の…
2022年07月01日

【7/13締切】令和4年度「令…

環境省は、閉鎖性海域での里海づくりを推進するモデル事業を実施する団体の公募を行っています。閉鎖性海域…
2022年06月30日

【参加募集】地球緑化センター…

特定非営利活動法人地球緑化センターは、4泊5日の短期農山村ボランティアプログラム「若葉のふるさと協力…