epohedimg001

令和3年度脱炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務(2次)採択結果について

環境省は、日本の都市が途上国の脱炭素化を推進するための都市間連携事業を実施しており、アジアを中心に13カ国41都市・地域と、日本の17自治体が参画しています。
今般、令和3年度に採択された事業では、九州からは北九州の公益財団法人地球環境戦略研究機関が採択され、ベトナムのハイフォン市の脱炭素化に向けた都市間連携事業が実施されます。

 


 

環境省では、日本の都市が有する脱炭素・低炭素社会形成に関わる経験やノウハウ等を活用して、途上国における脱炭素化を推進するための「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」を実施しています。今般、本事業の公募をしたところ、3件の応募があり、審査の結果、2件を採択することといたしましたのでお知らせします。平成25年度の開始以降、本採択結果を含め、アジアを中心に13カ国41都市・地域と、日本の17自治体が参画しています。

 

1.事業の概要

本事業では、脱炭素・低炭素社会形成に関する経験やノウハウ等を有する本邦自治体と海外都市による、脱炭素社会形成への取組を効果的・効率的に支援するための事業を行います。日本の自治体が、日本の研究機関、民間企業、大学と連携し、海外都市に適した脱炭素・低炭素技術やサービスの活用、その他脱炭素化に向けた取組をより効率的に推進します。
また、海外都市でのマスタープランの策定支援や技術の評価・選定プロセスの共有等、日本の自治体による脱炭素・低炭素化に向けた能力開発についても推進します。
本事業を通じて、脱炭素ドミノ創出を強力に後押しします。

2.審査方法

 専門家で構成する外部評価委員会においてヒアリングを行った上で、次の観点等から採否について審査を実施しました。

・ 応募事業の実現性
・ 応募事業の先進性
・ 都市間連携による裨益
・ 出口戦略の具体性 ほか

3.審査の結果

公募期間:令和3年8月6日(金)~同年8月31日(火)
応募件数:3件
採択案件:2件
※ 採択した案件の概要については、添付資料を御参照ください。

添付資料

 

連絡先
環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室

  • 代表03-5521-8248
  • 直通03-5521-8248

 

toshikan renkei

 

環境省 令和3年度脱炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務(2次)採択結果について
https://www.env.go.jp/press/109993.html

Default Image
2021年10月28日

九州・沖縄各県の環境政策情報(10月下旬…

令和2年8月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2021年10月28日

【11/19開催】熊本連携中枢…

熊本連携中枢都市圏は、18市町村共同で『熊本から起こす「脱炭素ドミノ」~2050年温室効果ガス排出量…
2021年10月28日

【11/19締切】大分県・国民…

大分県は、来年開催の第45回全国育樹祭の記念行事として、日田市にて表題のシンポジウムを開催します。パ…
2021年10月28日

【環境省】令和4年度概算要求時…

環境省は、令和4年度の環境保全経費の概算要求額をとりまとめ、公表しました。環境保全経費とは、政府の経…
2021年10月28日

気候変動適応計画の閣議決定及び…

環境省は、令和3年10 月22…