epohedimg001

【6/30締切】第41回 緑の都市賞の募集

樹木や花、水辺などの「みどり」を用いた環境の改善、景観の向上、地域社会の活性化、青少年の育成等に取組み、環境や社会に対する貢献の実績と成果をあげている市民団体、企業、公共団体等の団体を顕彰する「緑の都市賞」の募集が行われています。

 

九州、沖縄地域の過去の受賞事例については下記よりご確認ください。

受賞一覧(受賞回別) | 公益財団法人都市緑化機構
https://urbangreen.or.jp/grant/3hyosho/green-plan/greendesign_list

 


toshi 41 flyer

 

第41回 緑の都市賞 募集案内

緑の都市賞は、明日の緑豊かな都市づくり・まちづくりを目指し、緑の保全・創出活動に卓越した成果を上げている市民活動団体及び企業等、並びに公共団体を顕彰し、これにより広く都市の緑化推進、緑の保全による快適で地球にやさしい生活環境を創出することを目的とし、1981年に創設されました。

第33回より第一生命保険株式会社を特別協賛に迎え実施しております。

 

目 的

緑の保全と緑化の推進は、地球温暖化の抑制や生物多様性の保全等、持続的な環境の改善につながるとともに、人々の暮らしに潤いと安らぎを与え、健康の増進や次世代を担う子供達の育成など様々な効果をもたらします。

緑の都市賞は、樹木や花、水辺などの「みどり」を用いた環境の改善、景観の向上、地域社会の活性化、青少年の育成等に取組み、環境や社会に対する貢献の実績と成果をあげている市民団体、企業、公共団体等の団体を顕彰し、快適で地球に優しい生活環境の創出を推進することを目的とします。

緑を増やし守る取組みの実績を表彰します

毎年、内閣総理大臣賞(1点)、国土交通大臣賞(3点以内)、都市緑化機構会長賞(3点以内)、奨励賞(若干)を選出し表彰を行っています。

「緑の市民協働部門」の受賞団体には、副賞として活動助成金(5~20万円)を贈呈いたします。

 

募集概要

 

募集内容

募集部門は、緑の市民協働部門、緑の事業活動部門、緑のまちづくり部門 の3部門です。

 

◇緑の市民協働部門

応募対象
主に市民団体(町内会・自治会等の地縁団体、NPO法人、学校・病院等での活動を展開している団体等)
(行政や民間事業者と協働で実施している場合を含むが、応募の主体が市民団体であること)
応募内容
ボランティアを基本とした緑化活動で、地域の社会や環境へ貢献するものとします。

 

◇緑の事業活動部門

応募対象
主に民間事業者
(市民団体や行政と協働で実施している場合を含むが、応募の主体が民間事業者であること)
応募内容
民間、公共の空間を問わず事業活動またはその一環として取組んでいる緑の保全や創出活動で、地域の社会や環境に貢献するものとします。(例:オフィスビル・学校・マンション・工場の緑化等)
NPO法人等で、公園の指定管理者などとして活動の大半を事業活動として取組んでいるものも含みます。
学校や病院等で、業者委託での緑地の整備や管理に取組んでいるものなどもの含みます。

 

◇緑のまちづくり部門

応募対象
主に市区町村
(市民団体や民間事業者と協働で実施している場合を含むが、応募の主体が行政であること)
応募内容
都市や地域の緑地の保全や緑化の推進について、緑の基本計画の策定や地域の個性を活かした施策を展開し、その成果をあげているものとします。
(例:地方公共団体の緑化施策、面的開発事業における緑地の保全・創出等)

 

表彰

内閣総理大臣賞 1点 全部門を通じて最も優秀なもの
国土交通大臣賞 3点以内 原則として各部門から優秀なもの1点
都市緑化機構会長賞 3点以内 原則として各部門から優れているもの1点
奨励賞 若干数 審査委員会において必要と認められた場合

 

主催等

主催
公益財団法人都市緑化機構
 
後援
(予定) 国土交通省、総務省、環境省、全国知事会、全国市長会、全国町村会
特別協賛 第一生命保険株式会社
 
協力
日本商工会議所
公益社団法人日本青年会議所
一般社団法人日本公園緑地協会
一般財団法人公園財団
一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会
一般財団法人日本造園修景協会 一般財団法人日本緑化センター
公益財団法人河川財団
一般財団法人日本建設連合会

 

応募・選考スケジュール

◇募集から表彰までの流れ

応募受付期間
(4月~6月末) 「緑の市民協働部門」「緑の事業活動部門」「緑のまちづくり部門」の3部門のいずれかにご応募ください。
 
審査
(7月上旬~9月中旬) 審査は、学識経験者等で構成する審査委員会において書類選考にて行います。
※現地の確認とヒアリングを実施させていただく場合があります。
 
入選発表
(10月中旬) 選考結果は、すべての応募者に対して文書にて通知します。
選考理由等に関する個別のお問い合わせには応じかねますのでご了承ください。
 
表彰
(11月~12月) 内閣総理大臣賞(1点)、国土交通大臣賞(3点以内)、都市緑化機構会長賞(3点以内)、奨励賞(若干)の表彰を行います。表彰式は東京で行う予定です。
*新型コロナウイルス感染症への対策を十分考慮し開催方法を検討します。

 

 

募集・応募概要 | 公益財団法人都市緑化機構
https://urbangreen.or.jp/grant/3hyosho/green-city/guideline-toshisho

 

foodloss award r04
2022年07月02日

【8/12締切】令和4年度食品ロス削減推…

食品ロスの削減については「持続可能な開発目標」(SDGs)のターゲットの一つとされているなど、国際的にも重要な課題となっています。そのなかで、環境省及び消費者庁が連携して、食品ロス削減の取組を広く国民…
2022年07月02日

令和3年度における家電リサイク…

環境省は、令和3年度の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル実績について公表しました。令和3年度の廃…
2022年07月01日

【7/21締切】令和4年度ロー…

環境省は、海洋ごみ対策について自治体と企業が連携したモデル事業の二次募集を開始しました。令和3年度の…
2022年07月01日

【7/13締切】令和4年度「令…

環境省は、閉鎖性海域での里海づくりを推進するモデル事業を実施する団体の公募を行っています。閉鎖性海域…
2022年06月30日

【参加募集】地球緑化センター…

特定非営利活動法人地球緑化センターは、4泊5日の短期農山村ボランティアプログラム「若葉のふるさと協力…