epohedimg001

環境省 遺伝子組換えカイコの第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集

 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平成15年法律第97号。以下「カルタヘナ法」という。)に基づき、遺伝子組換えカイコ2件について、第一種使用規程の承認を受けるための申請がありました。この承認に先立って国民の皆さまからの御意見を募集するため、令和2年6月18日(木)から令和2年7月17日(金)までの間、パブリックコメントを実施します。

1 カルタヘナ法に基づく第一種使用規程の承認について

 遺伝子組換えカイコの飼育等に当たっては、カルタヘナ法に基づき、野生動植物に影響を与えないかどうかを事前に評価することとなっています。具体的には、遺伝子組換えカイコを環境中への拡散を防止せずに使用等をする場合(第一種使用等)、使用等をする者は、使用方法などに関する規程(第一種使用規程)を定め、これを農林水産省及び環境省に申請し、事前に承認を受ける必要があります。

 

 

2 意見の募集について

 今般、カルタヘナ法に基づき、以下の遺伝子組換え生物等の第一種使用規程の承認申請があり、生物多様性影響に関して学識経験者から意見を聴取しました。この結果、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一種使用規程に従って使用した場合には、生物多様性影響が生ずるおそれがないと認められたことから、主務大臣である農林水産大臣及び環境大臣が承認することを予定しています。つきましては、以下の申請を承認することについて、広く国民の皆さまから御意見を募集します。

 御意見のある方は、下記の「3 意見募集要領」に沿って御提出ください。

 なお、本意見募集は、農林水産省においても同時に実施されております。御意見は農林水産省又は環境省のいずれかに御提出いただければ、両省において考慮されることとなりますので、同じ御意見を両省に提出していただく必要はありません。

 農林水産省及び環境省では、当該申請の承認について、皆さまから頂いた御意見を考慮した上で決定し、御意見の概要とそれについての考え方を取りまとめた上で公表する予定です。

生物多様性影響評価に関する学識経験者と、その意見の詳細については、こちらから御覧ください。

令和2年3月11日総合検討会:(農林水産技術会議ウェブサイトへリンク)
https://www.affrc.maff.go.jp/docs/commitee/diversity/20200311.html

 

その他意見を募集する案件、意見の募集要領等については下記よりご確認ください。

(郵送・FAX・電子メールで提出可能です)

 

環境省_遺伝子組換えカイコの第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集について
https://www.env.go.jp/press/108101.html

silkmothpc

sogen yokota photo
2020年07月07日

【熊本県】阿蘇草原学習館 「横田整一郎…

熊本県阿蘇市の阿蘇草原保全センター「草原学習館」にて、昆虫に関する写真展が開催されます。 期間中、ぜひご観覧ください。 期間 7月1日(水)〜8月31日(月) 午前9時〜午後5時 場所…
2020年07月07日

【7/20締切】2020年度「…

一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)は、真如苑より、「環境保全・生物保護…
2020年07月07日

【7/16開催】独立行政法人環…

環境省では、独立行政法人環境再生保全機構の年度評価(事業年度:令和元年度)を行うためヒアリングを下記…
2020年07月07日

【7/31締切】環境省…

この度、「令和2年度地域脱炭素化推進事業体設置モデル事業」の二次公募を開始しましたので、お知らせいた…
2020年07月07日

【11/30締切】環境省…

中小事業者の環境経営システム構築を支援する「中小事業者による排出量算定・排出量削減のための環境経営体…