epohedimg001

第4回「生物多様性 日本アワード」公募開始について

「生物多様性 日本アワード」は、2010年に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されるのに先立ち、2009年に公益財団法人イオン環境財団が環境省との共催で創設したものです。本アワードは、2010年に創設した国際賞「The MIDORI Prize for Biodiversity(生物多様性みどり賞)」と交互に隔年で開催しています。第4回を迎える今回も、日本国内の団体・組織・企業・個人を対象に、「生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取り組み」を広く公募し、優秀な事例を顕彰します。
現在、緑豊かな環境が、人々のくらしの発展に伴う原材料調達や乱獲によりおびやかされ、世界で約2万種以上の生物が絶滅の危機に瀕しています。このような状況の中、生物多様性の保全と持続可能な利用の主流化を目指し、さまざまな人々が知恵を出し合い、改善に向けて取り組んでいくことが求められています。日本においても、全国で維持されてきたローカルな価値や知見を守り、日本独自の方法論を展開、実践していくことが必要とされています。
COP10において採択された「愛知ターゲット」や2011年からスタートした「国連生物多様性の10年」から折り返し地点を迎える今年、本賞の公募において、よりフィールドに根ざした多様な取り組みが全国から寄せられることを期待しています。

第4回 生物多様性日本アワード 応募要項

公募期間:2015年3月2日(月)~5月29日(金)
応募資格:日本国内の団体・組織・企業・個人であること。

※複数の団体・組織による共同の取り組みも対象となります。

対象の取り組み:
◆生物多様性の保全
◆生物多様性の持続可能な利用
◆生物多様性の普及・啓発

以上3点に貢献する取り組み

結果発表等:

グランプリ1件 表彰状、副賞200万円
優秀賞4件 表彰状、副賞100万円

スケジュール:9月に選考結果を発表し、10月に授賞式を実施する予定です。

主催:公益財団法人イオン環境財団
後援:環境省、国連生物多様性の10年日本委員会

株式会社共同通信社、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社

※その他詳細は、生物多様性オンラインマガジン「The MIDORI Press」
http://www.midoripress-aeon.net/jp/をご参照ください。

Default Image
2021年03月04日

【結果公表】第6回全国ユース環境活動発表…

環境活動を行っている全国の高校生を対象とする「第6回全国ユース環境活動発表大会」全国大会の審査結果が公表されました。全国8地区の地方大会から審査委員による選考等を経た、高校生等の発表動画を審査する全国…
2021年03月03日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和3年2月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2021年02月19日

【3/5締切】熊本連携中枢都市…

熊本市環境政策課は熊本連携中枢都市圏地球温暖化対策実行計画(素案)に関するパブリックコメントを募集し…
2021年02月19日

【3/13開催】第27期…

特定非営利活動法人…
2021年02月17日

【3/13開催】「令和2年度ロ…

環境省が実施しているローカルSDGs実現に取り組むリーダー育成プログラム"migakiba(ミガキバ…