epohedimg003

九州でESDを考える!「九州ESD推進ネットワーク会議@山田緑地(北九州)」

2005年から始まった、「ESD(持続可能な開発のための教育)」の10年も、2014年にクロージングを迎えます。

2014年には、日本(岡山)で、最終年会合が開かれることが決定し、 各地でこれまでの地域でのESDの取組みについて まとめに入る時期になってきています。



北九州市は、国連大学が定める地域拠点(RCE)に認定され、九州の中でも先進的な取組みを進められています。

2014年まで、あと2年となった今年、北九州サスティナビリティ研究所は、九州各地のESD推進に向けた取組みの

ネットワーク化を図り、国内外の情報を共有し、連携により推進していくこを目的に、「九州ESD推進ネットワーク会議」を

開催しました。

20120915.jpg 201209153.jpg

201209152.jpg 

 

 

 

 

 

山田緑地に入るとすぐに広がる芝生広場。日本最大級のログハウス。学生さん、おばあちゃん、おじいちゃんもみんな笑顔になってました。

今回会場になったのは、北九州市にある山田緑地。旧日本軍の弾薬庫だったということで、街中に手つかずの自然が

残されています。ガイドもしてもらえる他、セグウェイも多く所有し、気軽に自然を感じることができる素敵な場所です。

私も会議が始まる前、ゆるりと歩きましたが、とても気持ち良かったです。

今回はその山田緑地で毎年開催されている「もりフォーラム」に合わせ、九州ESD推進ネットワーク会議を実施しました。

もりフォーラムは、認知症の方々が、自然に触れ合い、そこに環境や福祉のボランティアの学生やスタッフが

関わる、まさにジャンルを超えたESDイベントなのです。またそこに係るステークホルダーも企業・NPO・行政・病院・

学校と多数。まさに老若男女、セクター間などあらゆる垣根を越えたイベントで、その風景を見るだけでも、感動しました。

201209156.jpg 201209154.jpg201209155.jpg

 

 

 

 

同時開催で、絵本カーニバルも! もりフォーラムの説明を聞きながらESDを考える!その後、参加者同士でワークショップも!

最初にESDの実践ということで、もりフォーラム事務局をされている「NPO法人 里山を考える会」の梶原聖さんから

話題提供があり、その後参加者の取組みについて、お話を伺いました。

今回の 「九州ESD推進ネットワーク会議」には、福岡県、佐賀県、宮崎県、熊本県から活動団体が参加し、北九州市も参画し、

情報共有をしました。これをキックオフとして、これから連携を深め、課題を共有し、九州のESDの取組みを集約する方向に

向かってくことと思います。 2014年に、九州各地の取組みをまとめ、九州地域としてどのようにまとめ、見せることが

できるのか、今から楽しみです。

midorino furusato
2021年09月22日

「緑のふるさと協力隊」参加者募集のお知ら…

地球緑化センターは、1年間農山村に居住して地域づくりに取り組む「緑のふるさと協力隊」の募集を開始しました。「緑のふるさと協力隊」は、過疎化・少子化に悩みながらも地域を元気にしたい地方自治体と、農山村で…
2021年09月22日

【10/20開催】サプライチェ…

サプライチェーンとは、事業者自らの排出だけでなく、事業活動に関係するあらゆる排出を合計した排出量を指…
2021年09月22日

【9/30締切】「第18回ふく…

福岡県は、県内の水環境・水資源や森林にかかわる活動を行う団体の交流を目的とするイベント「ふくおか水も…
2021年09月21日

【参加企業公開】金融機関向けポ…

環境省は、金融機関による脱炭素に向けた企業行動の変革促進取組について、支援事業を実施します。その対象…
2021年09月18日

【参加企業公開】TCFD提言に…

環境省は、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)への賛同を表明(または、表明を予定)している…