epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.105

ESDあるある#
同じものでも、いろんな見方があるから面白い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                「EPOねっと九州」vol.105

◇今月の施設情報
◆南阿蘇ビジターセンター(施設紹介)
◆九十九島ビジターセンター
◆雲仙諏訪の池ビジターセンター
◆長者原ビジターセンター
◆阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
◆重富干潟自然ふれあい館 なぎさミュージアム
◆やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館

◇EPO九州より
国立公園の公式Instagram(インスタグラム)が先月、開設されました。
環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」の一環として、
国立公園の「感動」をアクティブレンジャーが中心となり配信しています。
現在は、秋の紅葉から冬の雪化粧、タンチョウの舞う姿などの優美な姿が
投稿されています。ぜひご覧ください。

■公式ページはこちら https://www.instagram.com/nationalpark_japan/
■報道発表資料 http://www.env.go.jp/press/103024.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行日:平成28年11月15日発行
発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
    環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
-------------------------------------------------------------
【お詫びと訂正】
10月末発行のvol.104にて、一部正しくリンクできていない記事がございましたので、
修正してお詫びいたします。

□平成28年度 白書を読む会 開催報告
正しいリンク先は、こちらです
http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/868-28.html


【もくじ】
■EPO九州からのご案内
□ 平成29年度地球環境基金助成金説明会(熊本会場)開催のお知らせ
□ 平成28年度「環境教育・ESD カリキュラムデザイン研修会」のご案内
□「自主簡易アセスde持続可能な地域づくり」のご案内

■ビジターセンターのご紹介
□ 南阿蘇ビジターセンター

■ビジターセンターからのお知らせ
<九十九島ビジターセンター>
□ 平戸・歴史ウォーク
□ 九十九島サロン5『西海に浮かぶ小さな島 小値賀』

<雲仙諏訪の池ビジターセンター>
□ 天体イベント情報
□ 見つけよう!探そう!諏訪の池の野鳥たち~お手軽バードウォッチング~

<長者原ビジターセンター>
□ タデ原の自然観察会のお知らせ
□ 九重町主催 生物多様性シンポジウムのお知らせ

<阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>
□ 日本野鳥の会写真展@草原学習館
□ 水辺の鳥観察会@内牧遊水池

<重富干潟自然ふれあい館 なぎさミュージアム>
□ 錦江湾学習会 第6回 錦江湾の地魚を食べる
□ 錦江湾学習会 第7回 津波と火山噴火に備える

<やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館>
□ 森のお散歩観察会(12月) ~冬の森の彩りを探そう!~

■九州地方環境事務所からのご案内
□ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 平成29年度地球環境基金助成金説明会(熊本会場)開催のお知らせ

独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部では、環境保全活動を行う
環境NGO・NPOへ、資金の助成などの支援を行っています。
九州・沖縄地域では熊本で説明会を開催し、平成29年度の地球環境基金助成金
の説明や要望書作成のポイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
NPOの資金獲得に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

■日 時 平成28年12月 9日(金) 18:30~20:30
■会 場 熊本市国際交流会館 第3会議室(熊本県熊本市、花畑町駅より徒歩1分)
■定 員 40名(参加無料)
■対 象 NPOの資金獲得に関心のある方ならどなたでも。
■主 催 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部
■協 力 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)、(一社)九州環境地域づくり

■内容
◆地球環境基金助成金について:
平成29年度地球環境基金助成金について説明。要望書作成のポイントも紹介します。
(特徴、スケジュール、申請のポイントなど)
◆プロジェクトの立て方について:
活動計画の立て方について例を交えながら紹介。
◆質疑応答:事例などの質疑応答も行います。

地球環境基金についてはこちら https://www.erca.go.jp/jfge/

参加人数把握のため、事前の参加お申込みをお願いします。
お申込みはこちら https://goo.gl/forms/GnwZWkO9PorL4YdQ2

■お問合せ
EPO九州   メール:
TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894


_________________________________

□ 平成28年度「環境教育・ESD カリキュラムデザイン研修会」のご案内

本研修会は、学校の教員等、学校や地域において環境教育に関わる方を対象として、
学校の授業や地域の活動において相互が連携し、ESDの視点を踏まえた環境教育の
カリキュラムデザイン力・実践力を向上させることを目的とするものです。

■主催 環境省、協力 文部科学省

■福岡会場
 日 時 平成28年12月17日(土) 9:30~17:00
 会 場 福岡県立社会教育総合センター(福岡県糟屋郡篠栗町大字金出3350-2)
東京、大阪会場もあります。

■定  員  各会場、最大100名
■申込期限   研修会開催日の1週間前まで  ※定員に達し次第、募集を締め切り
■受  講  料   無料
■募集の対象
学校や地域において環境教育を実践している・実践しようとしている方


■お問合せ
研修会運営事務局(担当:清水(しみず)、小堀(こぼり))
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
公益社団法人日本環境教育フォーラム内
TEL 03-5834-2897  FAX 03-5834-2898
E-mail 

詳細はこちら http://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/


_________________________________

□「自主簡易アセスde持続可能な地域づくり」のご案内

地域の持続的な発展・開発はどのように進めたらよいでしょうか? 環境アセス
メント(環境影響評価)はどのように行われているでしょうか。
本セミナーでは、国や自治体の環境影響評価(アセス)制度の対象とならない
中小規模の開発事業においても、自ら評価できるように、自主簡易アセスメント
の手法や事例、支援ツールをご紹介し、地域で実践する仲間を広げます。

■日 時 平成28年12月22日(木)17時30分~19時30分
※セミナー終了後、講師を交えた交流会を開催いたします(会費制)
■会 場  熊本市国際交流会館2F国際交流ラウンジ
■参加費  無料
■対 象 地域に根ざして活動する環境NGO・NPO、環境系コンサルタント事業
者、地方自治体の環境対策またはまちづくり等の担当者、環境政策に関する研究
者・学生

1)話題提供「自主簡易アセスの実践と支援ツールの開発」(60分)
  講師:傘木宏夫(NPO地域づくり工房代表理事、環境アセスメント学会常務理事)
2)意見交換 協力団体等の活動紹介、質疑応答など(45分)

■主催:NPO地域づくり工房、一般社団法人九州環境地域づくり
■共催:一般財団法人国際交流振興事業団
■協力:九州環境パートナーシップオフィス、一般社団法人環境パートナーシップ会議

■お申込・問合せ https://goo.gl/4uRy22
 
 お名前・ご所属・E-mailをお知らせ下さい。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ビジターセンターのご紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<南阿蘇ビジターセンター>

南阿蘇ビジターセンターは、阿蘇の火山の成り立ちや草原と人との営み、阿蘇
の生き物について楽しみながら学べる施設です。
ガイドウォークやクイズラリー、火山実験、クラフト体験等、わくわくいっぱいの
阿蘇を体験できるプログラムを提供しています。
隣接する阿蘇野草園は、阿蘇の自然をぎゅぎゅっと凝縮した生き物たちの宝庫!
四季折々の野の花や野鳥、昆虫などにふれあえるおすすめのフィールドです。
この時期遠見塚展望所からみる、らくだ山のススキは絶景ですよ。阿蘇地区
パークボランティアの拠点施設でもあり、阿蘇野草園の自然情報の提供やガイド、
清掃活動など多方面で活躍しています。是非気軽に声をかけてみてくださいね。


■南阿蘇ビジターセンター
〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町高森3219 TEL/FAX 0967-62-0911
http://www.minamiaso-vc.go.jp/

     <次回は、えびのエコミュージアムセンターをご紹介します>



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ビジターセンターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 平戸・歴史ウォーク

西海国立公園特別保護地区で国指定天然記念物になっている黒子島
をながめつつ、歴史の町・平戸を奥深く散策します。

■日  程 平成28年12月4日(日)
■時  間 10:00~12:00
■開催場所 平戸港交流広場(観光案内所前)集合
■参 加 費 無料
■対  象 小学3年生以上(小学3年生は保護者も参加)
■定  員 20名

■募集締切 平成28年11月21日(月)必着

________________________________

□ 九十九島サロン5『西海に浮かぶ小さな島 小値賀』

五島列島の北部に位置する小値賀諸島の歴史や文化についての話を聞き、
語り合います。

■日  程 平成28年12月11日(日)
■時  間 13:00~15:00
■開催場所 九十九島ビジターセンター
■参 加 費 無料
■対  象 どなたでもお気軽にご参加ください
■講  師 平田賢明 氏(小値賀町歴史民俗資料館 学芸員)

----------------------------------------------------------------
■お問合せ 九十九島ビジターセンター
http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
TEL 0956-28-7919

<雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 天体イベント情報

■星空観察会
 日  程 毎週土曜日及び12月23日(金)
      12月30日(金)31日(土)~1月3日(火)晴天時
 時  間 19:30~21:30
      ※雨天・曇天・雪・積雪の場合中止
 参 加 費  無料
 対  象 どなたでも
 予  約 不要(21:00までに受付をすませてください)

■太陽観察会
 日  程 平成28年12月17日(土)平成29年 1月 1日(日)
 時  間 14:00~15:30
       ※雨天・曇天・雪・積雪の場合中止
 参 加 費  無料
 対  象 どなたでも
 予  約 不要(15:15までに受付をすませてください)


________________________________

□ 見つけよう!探そう!諏訪の池の野鳥たち~お手軽バードウォッチング~

ビジターセンター周辺の林や諏訪の池周辺でスタッフと一緒に、いろいろな野鳥
を探しませんか?
 双眼鏡が無くても大丈夫!初心者や親子連れにピッタリの内容です。
諏訪の池 観察
■日  程 平成28年12月3日(土)4日(日)10日(土)18日(日)
      23日(金)~27日(火)30日(金)31日(土)
      平成29年 1月2日(月)3日(火)5日(木)~8日(日)
      ※雨天中止
■時  間 10:00~15:00の好きな時間
■コ ー ス 60分、90分、120分の好きなコースをお選びください
■参 加 費 無料
■定    員 1回1グループ 2名より(10名以上は、事前申し込み)
■お申込み 前日までにお電話、カウンターにてお申し込み下さい。


-------------------------------------------------------------------
■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
http://suwanoikevc.web.fc2.com/
TEL 0957-76-5010


<長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ タデ原の自然観察会のお知らせ

いよいよ冬本番。雪が降ったタデ原湿原には、動物の足跡がいっぱい。
冬芽を観察しながら、動物たちの息遣いを感じてみませんか?

■日時 平成28年12月4日(日)、18日(日)、23日(祝)
■時間 10:00~12:00
■場所 タデ原湿原~長者原自然研究路 約2.5?
■申込方法 個人は事前予約不要。当日朝10時までに、
 長者原ビジターセンターで受付をお願いします。
■参加費 無料
■お問合せ 長者原ビジターセンター TEL:0973-79-2154

________________________________

□ 九重町主催 生物多様性シンポジウムのお知らせ

九重町では、現在、生物多様性戦略の策定中ですが、生物多様性について、
普及啓発をすすめるために、作家のCW.ニコルさんを招き、シンポジウムを
行います。シンポジウムでは、「人と自然との共生~自然が育むもの」と
題して、基調講演を行っていただき、続けてニコルさんや九重町長、九重町
生物多様性保全対策協議会のメンバーによるパネルディスカッションで、
生物多様性でつくる理想の20年後について、議論します。

■日時 平成28年12月18日(日) 9:30~12:30
■場所 大分県玖珠郡九重町 九重文化センター
(大分県玖珠郡九重町後野上17-4)
■内容
■参加費 無料、事前予約不要
■参加対象者:「生物多様性ってなんだろう?」という方から、「生物
多様性に寄り添った教育やまちづくりを行っていくにはどうしたらよい
のか」という方まで、興味のある方は、市町村問わず、どなたでもご
参加いただけます。

■主催 九重町
■共催 九重町生物多様性保全対策協議会
長者原ビジターセンターも開催に協力しています。


■お問合せ
九重町役場商工観光・自然環境課 TEL0973-76-3150
MAIL:

詳細は、下記九重町役場ホームページをご覧ください
http://www.town.kokonoe.oita.jp/?contentid=1006


<阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>━━━━━━━━━━━━━━

□ 日本野鳥の会写真展@草原学習館

日本野鳥の会熊本県支部の巡回写真展が開催されます。
熊本県内で見られる野鳥たちを対象に、いきいきとした採食のようす
を写した写真52枚を展示します。ぜひ、ご覧ください。


■日 時 平成28年11月12日(土)~12月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
■場 所 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
■入館料 無料
■主 催 日本野鳥の会熊本県支部(協力:草原学習館)
■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
 電話 0967-32-4193

詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/exhibitions/


________________________________

□ 水辺の鳥観察会@内牧遊水池

草原学習館横の内牧遊水池で水辺の鳥を中心に、野鳥を観察します。
冬を過ごしに阿蘇にやってきた渡り鳥も見られます。

※雨天時は中止

■日 時 平成28年11月23日(水・祝)午前10時~正午
■集 合 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
■参加費 100円(保険料等)
■主 催 日本野鳥の会熊本県支部 (協力:草原学習館)
■お申込み 不要
■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
電話 0967-32-4193


詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/observation/


<重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>━━━━━━━━━━━━━

□ 錦江湾学習会 第6回 錦江湾の地魚を食べる

第6回は、鹿児島大学水産学部教授の大富潤氏に錦江湾にいるおいしい地魚の
お話を伺います。
錦江湾には約700種の魚がすんでいますが、私たちが食べているのはほんの
わずかな種類です。近年話題のおいしい『深海魚』もたくさんすんでいます。

■講題 「錦江湾の地魚を食べる」
■講師 鹿児島大学水産学部 教授 大富 潤氏
■日時 平成28年11月16日(水)19:00~21:00

________________________________

□ 錦江湾学習会 第7回 津波と火山噴火に備える

第7回は、鹿児島大学大学院理工学研究科 准教授の井村先生に防災の面から、
錦江湾岸で起こりうる津波と火山噴火について教えていただきます

■講題 「津波と火山噴火に備える」
■講師 鹿児島大学大学院理工学研究科 准教授 井村隆介氏
■日時 平成28年12月14日(水)19:00~21:00

-------------------------------------------------------------------
■各回共通

定員:30名
料金:1,000円
場所:重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
お申込み:0995-67-6042

特定非営利活動法人くすの木自然館  〒899-5652 姶良市平松7703



<やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館>━━━━━━━━━━━

□ 森のお散歩観察会(12月) ~冬の森の彩りを探そう!~

やんばるの森をゆっくり歩きながら鳥の声や生きもの様子を観察します。

■開催日時 平成28年12月18日(日)8:30~11:00
■開催場所 国頭村森林公園または大国林道(国頭村内、長尾橋付近)
■集合場所 やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
■主  催 環境省やんばる自然保護官事務所
■定  員 20人(先着順)
■費  用 100円(保険料として)
■持 ち 物 帽子、飲み物、ウィンドブレーカー、虫除け対策、(あれば双眼鏡、ルーペ)
     雨具(小雨決行)

■参加申込・問合せ
 やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
http://www.ufugi-yambaru.com/
 tel  0980-50-1025

※詳細はセンターへお問合せください。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、
調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、
慶良間諸島、西表石垣、やんばる国立公園があります。

アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
最新の掲載記事は次のとおりです。
http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

■第10回 ひらどツーデーウオーク2016エコトレッキング(西海)
■九州特産物リレー 10月 ~地トウキビ~【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
■九州特産物リレー 10月 ~火山のめぐみ『シラス』~(霧島錦江湾)
■秋色のくじゅう ~パトロールにいってきました!(阿蘇くじゅう)
■自然が生み出した神秘の島「嵯峨島」(西海)
■平戸市安満岳トレッキング(西海)

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html




----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録・退会は、
http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
のフォームからお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------


【発行】
九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
http://epo-kyushu.jp
E-mail:
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
Default Image
2019年07月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月29日

地域創生×SDGsセミナー「地…

「持続可能な開発目標(SDGs)」は「誰一人取り残さない」を理念に掲げ、日本を含む全ての国が対象とな…
2019年06月29日

令和元年度地球温暖化防止活動環…

環境省では、平成10年度から、地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止月間であ…
2019年06月29日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

6月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月14日

【ピックアップ】重富海岸自然ふ…

重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムは、干潟が広がる重富海岸を中心に錦江湾奥部の自然環境について…