epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.171,Thu 15 Aug 2019

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする

「EPOねっと九州」vol.171

◇EPO九州より
夏休み、真っ盛り。お出かけ先に迷っている方も多いのでは?
「国立公園」は日本を代表する自然の風景地として、環境省の指定を受け管理されています。
日本で初めて昭和9年(1934年)に指定された国立公園は、瀬戸内海、雲仙、霧島の3つ。九州・沖縄地域から、当時2つの国立公園が指定されました。
2017年までに34の国立公園が指定され、自然を守るだけなく、自然についての知識を深めたり、健康やレクリエーションとして、自然と触れ合う場所となっています。
みなさんも、お近くの「国立公園」に足を運んで、自然とのふれあいから大きな感動ややすらぎを体感してみませんか?
環境省による国立公園の紹介はこちら
https://www.env.go.jp/park/index.html


【もくじ】

■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

□【開催レポート】ともに暮らすみなまたフォーラム
□【新規追加】地域ESD拠点にNPO法人 おきなわ環境クラブ(OEC)・宮崎県環境情報センター が登録
□【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

★EPO九州instagramアカウントを開設しました。

■ビジターセンター等からのお知らせ
<やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館>
<漫湖水鳥・湿地センター>
<西表野生生物保護センター>
<阿蘇草原保全活動センター>
<九十九島ビジターセンター>
<雲仙諏訪の池ビジターセンター>
<南阿蘇ビジターセンター>

■九州地方環境事務所からのご案内
□SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について(内閣府地方創生推進事務局)
□環境省_ENVIRONMENT NEWSの発行
□第5回全国ユース環境活動発表大会のお知らせ
□環境省_令和元年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書の閣議決定について
□環境教育体験活動の優良事例について
□ アクティブ・レンジャー日記

■九州・沖縄地域の環境政策情報(8月上旬)

■関連情報
□【三井物産環境基金】2019年度助成の募集開始・個別相談会
□生きものの名前がわからないときは「いきものログ」の『種名調べ支援』!
□【9/30締切】TOYO TIRE グループ環境保護基金 募集
□【8/31締切】瀬戸内オリーブ基金 募集開始
□【8/31締切】パタゴニア環境助成金プログラム募集

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□【開催レポート】ともに暮らすみなまたフォーラム
令和元年7月27日、水俣市において「ともに暮らすみなまたフォーラム〜優しくて強いまちに育てよう〜」を開催しました。
SDGs(持続可能な開発目標)の普及啓発のためのワークショップの場として、SDGsの理解を深めながら、達成に向けたプロセスをどのように創っていくのかを、多様な参加者のもと語り合いました。
水俣市内にて、各分野で活躍されている6名の方を発表者としてお招きし、具体的な活動内容と地域の持続可能性との関連について、発表をいただいた後、ワークショップやフィールドワークを交えた多彩な内容となりました。
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/1335-2019-07-30-06-30-31.html

________________________________________________________

□【新規追加】地域ESD拠点にNPO法人 おきなわ環境クラブ(OEC)・宮崎県環境情報センター が登録
現場のESDを支援・推進する組織・団体等に登録いただく「地域ESD活動推進拠点」の取り組み。
その拠点として、新たに二つの拠点にご登録いただきました。

NPO法人 おきなわ環境クラブ(OEC)
https://kyushu.esdcenter.jp/2019/07/26/kyoten_join_oec/

宮崎県環境情報センター
https://kyushu.esdcenter.jp/2019/07/26/kyoten_join_miyazkikenkankyojohocenter/

________________________________________________________

□【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。
ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
E-mail
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )

________________________________________________________

★EPO九州instagramアカウントを開設しました。

少しずつ投稿をしています。ぜひフォローをお願いします。
https://www.instagram.com/epo_kyushu/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ビジターセンター等からのお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館>━━━━━━━━

□森のお散歩観察会(8月)〜夏真っ盛りのやんばるの森〜
やんばるの森をゆっくり歩きながら鳥の声や生きものの様子を観察します。

■開催日時:令和元年8月25日(日)8:30〜11:00
■開催場所:国頭村森林公園または大国林道(国頭村内、長尾橋付近)
■集合場所:やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
■主催:環境省やんばる自然保護官事務所
■定員:25人(先着順)
■費用:100円(保険料として)
■持 ち 物:帽子、飲み物、ウィンドブレーカー、虫除け対策、靴または長靴(サンダ
ル不可)、雨具(小雨決行)、(あれば双眼鏡、ルーペ)
■参加申込・問合せ先:
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
tel  0980-50-1025
※本件の詳細については、以下のウェブサイトを御参照願います。
http://www.ufugi-yambaru.com/

□企画展「おきなわのアリから見る生物の多様性」

■開催期間:令和元年7月16日(火)〜8月31日(土)
■開催場所:やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
■主催:やんばる自然体験活動協議会
■費用:無料
■参加申込・問合せ先:
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
tel  0980-50-1025
※本件の詳細については、以下のウェブサイトを御参照願います。
http://www.ufugi-yambaru.com/

<漫湖水鳥・湿地センター>━━━━━━━━
□特別企画展「漫湖ミニ水族館2019」
今年も漫湖水族館がやってきました!! 今回は昨年より規模を縮小してミニ水族館として
開催。漫湖に棲むハゼ類を中心に展示します。普段はなかなか見ることが出来ない水の中
の生きものたちを見に来ませんか。

■開催期間:令和元年8月26日(月)〜9月8日(日)開館時間内は自由に見学できます。
■開催場所:漫湖水鳥・湿地センター
■主催:漫湖水鳥・湿地センター
■費用:無料
■お問合せ 漫湖水鳥・湿地センター
Tel:098-840-5121
http://www.manko-mizudori.net/
※イベント日時や内容は天候や講師の都合等により一部変更や中止になる場合があります。

<西表野生生物保護センター>━━━━━━━━

□西表島の昆虫展
西表野生生物保護センターに所蔵されている昆虫標本を、夏休み期間中に館内で特別展
示いたします。西表島でほとんど見ることのできなくなってしまった昆虫やヤエヤマツダ
ナナフシ、クロカタゾウムシの生体展示も行っています。
■開催日時:令和元年7月30日(火)〜9月1日(日)
■開催場所:西表野生生物保護センター視聴覚室
※以下のウェブサイトでも参照できます。
https://iwcc.jp/

<阿蘇草原保全活動センター>━━━━━━━━
□横田整一郎 『昆虫写真展』
■日 程 2019年7月20日(金)〜9月30日(月)
■時 間 9時〜17時
■入場料 無料
■場 所
阿蘇草原保全活動センター『草原学習館』
〒869-2307 阿蘇市小里656
電話0967-32-4193
■問合せ先 阿蘇草原保全活動センター『草原学習館』
□2019年夏 野焼き支援ボランティア初心者研修会
■日 程 2019年8月25日(日)
■時 間 10時〜15時30分
■場 所
阿蘇草原保全活動センター『草原学習館』
〒869-2307 阿蘇市小里656
電話0967-32-4193
■参加資格 高校生以上で春の野焼き作業や輪地切りの参加可能な方(山歩きなどが可能な方)
■参加費 1000円
※当日のスケジュール、申し込み方法、準備品等の詳細については、添付のチラシ及び(公財)阿蘇グリーンストック のホームページでご確認ください。
ホームページのお申込みフォームからも申し込みができます。
なお、研修会の前日、8月24日(土)に国立阿蘇青少年交流の家にて、研修会参加者とボランティア・リーダーとの宿泊交流会を予定しています。
交流会参加の希望についてもお知らせください。

■申込・問合せ先
公益財団法人 阿蘇グリーンストック
〒869-2307  阿蘇市小里656
電話0967-32-3500
FAX0967-32-3355
http://www.asogreenstock.com/

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1339-2019-08-15-06-50-00.html

<九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━

□九十九島なんでもクイズ
ビジターセンター館内やパールシーリゾートをセルフガイドでまわり、
レベル別クイズを解いていこう。全レベル制覇できるかな?

■日程 7月13日(土)〜8月31日(土)
■時間 9:00〜16:00 (随時受付)
■参加費 無料
■申込方法 不要
■対象 どなたでも

□九十九島の日制定20周年記念イベント「九十九島サロン 〜あの日の九十九島〜」
九十九島の日が制定されて今年で20年。制定やそれにまつわる調査に関わった方々を講師にお呼びし、
当時のお話をしていただきます。

■日程 9月14日(土)
■時間 14:00〜16:00
■参加費 無料
■申込方法 不要
■対象 どなたでも
■場所 九十九島ビジターセンター2階
■申込・問い合わせ先
施設名  西海国立公園 九十九島ビジターセンター
Tel・Fax Tel0956-28-7919 Fax0956-28-7351
URL   http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1340-2019-08-15-07-07-53.html

<重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム>━━━━━━━━

□錦江湾学習会第3回「謎の寄生生物カイアシ類を探そう」
■日 程 8月17日(土)
■時 間 19:00~21:00
■参加費 1,000円
■申込方法 電話またはメール
■準備物 特にありません
■備 考
■申込・問合せ先
施設名 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
TEL・FAX 0995-73-3146
URL等 http://www.nagisa-museum.com/795-2/

□夏休み(ほぼ)毎日プログラム 干潟のいきものツアー
■日 程 9月1日(日)まで
■時 間 干潮時間
■参加費 1時間大人1,000円、子ども500円
■申込方法 電話またはメール
■準備物 長靴又はかかとが固定できるサンダル、帽子、タオル、飲み物、着替え
■申込・問合せ先
施設名 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
TEL・FAX 0995-73-3146

■URL等
http://www.nagisa-museum.com/%e5%a4%8f%e4%bc%91%e3%81%bf%ef%bc%88%e3%81%bb%e3%81%bc%ef%bc%89%e6%af%8e%e6%97%a5%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%80%80%e5%b9%b2%e6%bd%9f%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1341-2019-08-15-07-16-51.html

<雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━

□星空観察会
■日 程 毎週金〜日曜日の晴天時
■時間 19:30~21:00
■参加費 無料
■申込方法 当日の20:30までにセンターに直接お越しください。
■準備物 特になし
■備 考 雨天・曇天・雷の場合は中止 夏休み期間は休館日をのぞく 当日の開催状況はブログにてお知らせします。
■申込・問合せ先
施設名 雲仙諏訪の池ビジターセンター
TEL:0957-76-5010
URL:http://suwanoikevc.web.fc2/com/

□諏訪の池で散歩
■日 程  9月1日(日)7日(土)8日(日)15日(日)16日(月)21日(土)〜23日(月)29日(土)30日(日)
※雨天中止
■時 間  10:00^15:00の好きな時間 15:00までの受付
■コース  30分60分の好きなコースをお選びください
■参加費  無料
■申し込み方法
スタッフ駐在中は、随時開催しています。カウンターで直接お申し込み下さい。
■備考
定員  1回1グループ 2名より実施
(10名以上は、事前申し込み)
団体が入っている場合は、お断りすることがあります。

■申込・問合せ先
施設名 雲仙諏訪の池ビジターセンター
TEL:0957-76-5010
URL:http://suwanoikevc.web.fc2/com/

□太陽観察会
■日 程 9月14日(土)10月12日(土)
■時間 13:30〜15:00 ※10月12日は10:00〜11:30
■参加費 無料
■申込方法 当日の14:45までにセンターに直接お越しください。
■準備物 特になし
■備考 雨天・曇天・雷の場合は中止
■申込・問合せ先
施設名 雲仙諏訪の池ビジターセンター
TEL:0957-76-5010
URL:http://suwanoikevc.web.fc2/com/

<南阿蘇ビジターセンター>━━━━━━━━

□「阿蘇くじゅうに生きる鳥たち Part2」写真展
長谷部和宏氏他5名の鳥の写真展です。
■日 時 8月1日(木)〜8月31日(土) 9:00~17:00:
■入場料 無料

□「中野孝一氏写真展」
以前好評を博した、故中野孝一氏の風景写真展です
■日 時 9月1日(日)〜9月30日(月)
■お問い合わせ
南阿蘇ビジターセンター
〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町大字高森3219
TEL/FAX : 0967-62-0911
URL : http://www.minamiaso-vc.go.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃九州地方環境事務所からのご案内

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について(内閣府地方創生推進事務局)
内閣府による「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」の選定結果が発表され、全国で31都市、10事業が選ばれました。
九州・沖縄地域では下記の6自治体、3事業が選定されています。

○SDGs未来都市選定都市(6市町村)
福岡県大牟田市
福岡県福津市
熊本県熊本市
鹿児島県大崎町
鹿児島県徳之島町
沖縄県恩納村

○自治体SDGsモデル事業選定都市(3市町村)
熊本県熊本市
鹿児島県大崎町
沖縄県恩納村
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kankyo/teian/sdgs_2019sentei.html

___________________________________________________________

□環境省_ENVIRONMENT NEWSの発行
環境行政のトピックを紹介するニュースレター最新号が公開されました。
https://www.env.go.jp/guide/newsletter/

___________________________________________________________

□環境省_令和元年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書の閣議決定について
令和元年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書は、本日6月7日(金)に閣議決定され、国会に提出されました。
本年の白書は、「持続可能な未来のための地域循環共生圏―気候変動影響への適応とプラスチック資源循環の取組―」をテーマとして、第5次環境基本計画(平成30年4月閣議決定)で提唱した「地域循環共生圏」の観点を交え、気候変動への適応とプラスチック資源循環について、各地域、各主体の取組や、ライフスタイルの転換に向けた取組事例等を紹介しています。
https://www.env.go.jp/press/106862.html

___________________________________________________________

□第5回全国ユース環境活動発表大会のお知らせ
「全国ユース環境ネットワーク促進事業」は、ユースネットワーク構築を促し、そこで相互研鑽や情報共有を通じ、ユースの更なる可能性を引き出し、もって持続可能な社会の担い手を育む大きな流れを作ることを目的として行っています。
今年度も全国8ヶ所で地方大会を開催します。地方大会で選ばれた高校は2020年2月に実施する全国大会へ出場となります。
(応募期間は2019年9月中旬〜10月15日(火)の予定)

全国ユース環境ネットワーク|地球環境基金の情報館|独立行政法人環境再生保全機構
https://www.erca.go.jp/jfge/youth/challenge/ear_05.html

___________________________________________________________

□環境教育体験活動の優良事例について
昨年6月に閣議決定した環境教育等促進法に基づく基本方針で、体験活動の促進が重要とされたことから、優良な事例を広く集め、公表することとしました。
平成30年度は、試行的に、関係省庁で、既存資料等を基に収集し、掲載しました。今年度も収集・公表について継続する予定です(方法等は今後検討します)。
体験の機会の場の認定事業者についても、取組事例を掲載いたしました。今後も、未掲載の事業者について、掲載していきたいと考えております。
また、体験の機会の場について、基本方針を踏まえた体験の機会の場の積極的活用についての資料を掲載しましたので、御活用ください。
【環境省_各種認定、登録、指定など | 環境教育・環境学習・環境保全活動】
https://edu.env.go.jp/system.html

___________________________________________________________

□アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!
アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃九州・沖縄地域の環境政策情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

九州・沖縄各県の環境政策情報(8月上旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1338-8-4.html

★ご注意
※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
※公開が終了している場合があります。
※表示順、日程は前後する場合があります。
※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃関連情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□【三井物産環境基金】2019年度助成の募集開始・個別相談会
三井物産環境基金は、近年、地球環境を巡る社会・経済の急速に変化している状況を捉え、長期的な社会課題の解決を実現し、持続可能な社会を作り上げる案件を積極的に助成するよう、昨年度より新たな選考基準・取り組みで助成案件の選定を開始しております。
2019年度活動助成/研究助成に関して、募集が開始されましたことをご案内申し上げます。
本年度につきましても、昨年度と同様の方針で募集を実施いたします。
また、本年度は説明会は行いませんが、助成に関する個別相談会の開催を予定しております。
環境分野の活動や研究に取り組まれているNPO法人の方や、大学・公的研究機関の先生方、研究者の方々に是非ご参加いただきたく、お待ちしております。
■応募締切
2019年9月24日(火)24時

■申請方法
申請書類は三井物産ウェブサイトからダウンロードしてください。
昨年度までと異なり、申請書類は電子メールにて提出いただくよう変更となりましたので、
募集要項をご確認ください。

■2019年度助成に関する個別相談会
以下のURLよりご確認いただき、ご希望の場合はメールにてお申込み下さい。
https://www.mitsui.com/jp/ja/sustainability/contribution/environment/fund/application/document/kikin_kobetsusoudan.pdf
https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1337-2019-4.html

________________________________________________________

□生きものの名前がわからないときは「いきものログ」の『種名調べ支援』!
環境省生物多様性センターが運用する、全国の生物情報を共有化して提供することを目的としたインターネット上のシステム「いきものログ」では、生きものの名前を調べるお手伝いをする無料サービス『種名調べ支援』を今年度も実施中!
お出かけの際などに見つけた虫や鳥、動物、植物などの名前がわからない時に、写真と見つけた場所などを『種名調べ支援』に投稿して質問するだけで、専門家から、最も近いと考えられる生きものの名前や同定のポイントなどのコメントが届きます。
例年ご好評いただいているこの『種名調べ支援』は、今年の夏休みも絶賛実施中!
見つけた生きものの名前がわからないときは「いきものログ」の『種名調べ支援』をぜひご活用下さい!
https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1333-2019-07-26-09-51-54.html

________________________________________________________

□【9/30締切】TOYO TIRE グループ環境保護基金 募集
TOYO TIRE グループ環境保護基金は、環境保護活動を行う非営利団体を資金面で支援することを目的として1992年に設置され、これまで延べ889団体に対し、累計5億4,500万円(2019年4月末現在)の助成を行ってきました。
本基金は TOYO TIRE グループ従業員有志からの寄付金に会社が同額を上乗せして拠出するマッチングギフト方式をとっています。
助成対象とする団体・事業と助成枠
01)公益に資する事業を計画している団体。
02)環境保護・環境保全関連の事業活動。
(1)里山・森林・緑化整備運動
(2)生態系保護活動
(3)水・河川環境保全活動
(4)地域環境整備活動
(5)リサイクル活動
(6)環境教育・体験学習活動
(7)啓発活動・イベント活動
(8)研究・開発活動
(9)その他

03)2020年4月1日から2021年3月31日までの間における1年間の事業活動。
04)助成金額上限:150万円

その他詳細は下記から
https://www.philanthropy.or.jp/toyotires/
https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1334-9-30-toyo-tire.html

________________________________________________________

□【8/31締切】瀬戸内オリーブ基金 募集開始
今年度の瀬戸内オリーブ基金の募集が始まりました。
今年度は募集分野が「川と海」分野、「島と森」分野、「環境を守る意識の醸成」分野に変更になり、また海洋ごみ問題に関する助成も強化されています。
瀬戸内オリーブ基金の助成制度は、全国のみなさまからのご寄付を、瀬戸内海一帯で活 動している環境活動団体に届け、その活動成果を瀬戸内海地域に還元するものです。 瀬戸内海は、世界でも有数な閉鎖性海域であり、日本一広大な国立公園です。この土地 が本来もつ、海と森との絶妙な関係や自然が共存できる環境は、日本を象徴する美しいふるさとです。瀬戸内海の豊かな自然、ふるさとを子どもたちに残すために活動している環 境活動、環境教育活動を支援しています。

■2019 年度助成金額
助成金総額は 1 千万円を上限とします。1 件あたりの助成金額は 200 万円を上限としま す。助成件数は助成総額内で決定します。

■助成の対象となる団体
NPO 法人、一般社団法人、任意団体(環境をテーマにした公益的な活動をする場合)に 対して助成します。

■助成対象の活動分野
瀬戸内海周辺一帯で、ゆたかなふるさとを守り・育て・次世代に引き継ぐ活動に必要な 経費を支援します。

その他詳細は下記から
https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1332-8-32.html
________________________________________________________

□【8/31締切】パタゴニア環境助成金プログラム募集
アウトドア企業のパタゴニア社は、毎年売り上げの1%以上を草の根の環境保護団体に寄付しており、2018年4月まで累計1億400万ドルを助成し、昨年1年間では世界の1082の環境団体に助成しました。
私たちは直接行動する課題を持った、草の根で活動する小規模なグループや、自然環境を保護/回復させようとするキャンペーンに取り組んでいるようなグループを支援しています。
また、パタゴニアは株式を公開しておりませんので、株主に縛られることなく支援することができます。
リンクの申請のためのガイドラインをよくお読みいただき、みなさまのご応募をお待ちしております。
https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1331-8-31.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発 行】

九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
https://epo-kyushu.jp    E-mail:

九州地方ESD活動支援センター
http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
https://www.facebook.com/EPOkyushu
〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

【リンク】

九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

----------------------------------------------------------------

当メルマガへの登録・退会は、
http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
のフォームからお願いいたします。

----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
---------------------------------------------------------------- Add attachment

midorinobokin joseiguide2020 page 0001
2020年01月22日

【募集】国土緑化推進機構「緑の募金」「緑…

公益社団法人国土緑化推進機構から2つの助成金情報のお知らせです。また、助成プログラム紹介と個別相談会等の助成セミナーも大阪で開催されます。皆様、ぜひこの機会に、応募&ご参加をご検討ください。…
2020年01月21日

令和2年度期間業務職員の募集に…

九州地方環境事務所では、令和2年度の期間業務職員の募集を行っております。…
2020年01月18日

【鹿児島】パーク&ライド出水ツ…

九州地方環境事務所では、ツルの渡来地である鹿児島県出水市において、関係機関と協力の下、ツルとの共生に…
2020年01月17日

【福岡】SDGsへの取組みにつ…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2020年01月17日

【長崎】西海国立公園九十九島ビ…

長崎県の西海国立公園九十九島ビジターセンターからのお知らせです。九十九島の冬の自然を感じながら、散策…