epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.53

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
EPO
九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.53

2013
111日発行
発行:九州環境パートナーシップオフィスEPO九州
URL:http://epo-kyushu.jp
  E-mail:
協力:環境省九州地方環境事務所http://kyushu.env.go.jp/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

本メールマガジンはEPO九州と情報交換等をさせて頂いた方々に送ら
 せて頂いております。
本メールマガジンはBCCにて配信いたしております。
今後、EPO九州からの配信が不要の方は、本メールの末尾のご案内を
 お読みください。

-------------------------------------------------------------
EPO九州より】
きょうから11月。「WARM BIZ」(ウォームビズ)のスタートです!暖房時の
室温20℃設定で心地良く過ごすことのできるライフスタイルを進め、エネルギ
ーの使い方をあらためて考えてみませんか?今年は「WARM BIZ+ONE」と
いうテーマで今までの取組をさらに楽しく、温かく、快適に過ごすためのアイ
デアを募集中です。ぜひサイトをチェックしてみてください!
http://www.challenge25.go.jp/practice/warmbiz/warmbiz2013/index.html

全国の環境情報が掲載されているサイト「環境らしんばん」
http://www.geoc.jp/rashinban/)イベントや助成金、公募情報etc...
こちらもぜひチェックしてみてください!

□Facebook
EPO九州ページにて情報発信中!
EPO
九州のFacebookページ(http://www.facebook.com/epokyushu
では、EPO九州の日々のできごとやみなさまからのお知らせを発信
しています。



【もくじ】
■EPO
九州からのご案内
再生可能エネルギー交流会~震災の経験から伝えるエネルギーシステム
 のあり方と再生可能エネルギーの役割~
電車deトークするモン!
環境市民活動助成金セミナーin熊本・佐賀

九州地方環境事務所からのご案内
【参加者募集】
カーボン・オフセットのプロバイダー講座の開催について
平成25年度 全国・自然歩道を歩こう月間行事 「秋の九州自然歩道を歩こう!」のお知らせ
地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る自治体職員向け研修会の開催について
ESD KIDS FES!!!」の開催に向けた参加者募集について

【公募案内】
平成26年度「公益信託地球環境保全フロン対策基金」募集開始について
「第四次環境基本計画の進捗状況・今後の課題について(案)」に対する意見の募集について

【お知らせ】
□2013
年度「ウォームビズ」について

関連情報
第73回エコ塾(11月7日 17:00~@福岡合同庁舎)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO
九州からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
再生可能エネルギー交流会~震災の経験から伝えるエネルギーシステムの
 あり方と再生可能エネルギーの役割~

2011
311日に発生した東日本大震災で、私たちはライフラインが断たれる
という社会的混乱を経験しました。そんな中、地域で自活できる再生可能エネ
ルギーが非常時に機能したことで、東北地方ではその認識が、環境面から社
会的リスク軽減へと趣を変えつつあります。EPO東北ではこの流れを受けて、
平成23年度より再生可能エネルギーを実践する各団体と、「災害時にエネル
ギーシステムの何が機能し、何が機能しなかったのか」の検証や「東北地方
におけるエネルギーシステムのあり方」について議論を重ねてきました。

これからのエネルギー政策は、「環境対策」「経済性」「エネルギーセキュリティ」
のバランスを取りながら推進していくことが課題であり、それらを達成して持続
可能な地域を構築するうえで、再生可能エネルギーの活用は重要です。加えて、
全国の各地域で再生可能エネルギー・省エネルギーを推進し、分散型・自立的
なエネルギー供給体制を構築するにあたり、社会的リスクの軽減を含めた視点を
持って取り組んでいくことが大切だと考えます。

今後発生が予想される南海・東南海地震等に対する備えとして、3.11を教訓とした
東北地方の経験とメッセージを中国地方の方々に伝えたいと思っています。そして
再生可能エネルギーを推進している各主体が、それぞれの経験や知恵を交換する
ことを通じて、各地で東日本大震災の教訓を活かした持続可能な地域づくりを促進
することを目的として、再生可能エネルギー交流会を開催します。

日時:2013114日(月・祝)13:0016:30
場所:EPOちゅうごく(広島市中区八丁堀16-11 日本生命広島第二ビル2F
対象:再生可能エネルギーを推進している、持続可能な地域づくりに取り組んで
いるNPO・事業者・行政・研究者など
定員:20名(先着順)
参加費:無料
主催:EPOちゅうごく、EPO東北、EPO九州

ゲ ス ト
・新妻弘明氏(東北大学名誉教授、日本EIMY研究所 所長)
・菊池満氏(社会福祉法人盛岡アビリティセンター)
・金子幸次氏(いわて生活協同組合)
・武内賢二氏(株式会社ソーラーワールド)

プログラム
13:00
~ 開会、あいさつ、オリエンテーション
13:15
~ 東北ゲストからのメッセージ(情報提供)
15:00
~ 意見交換
16:00
~ まとめ
16:30
  閉会

お申し込み方法
氏名・所属・住所・電話番号(あればFAX・メールアドレス)を明記の上、電話・FAX
メールのいずれかでお申し込みください。
<申込締切>111日(金)まで

参加申込(必要事項)
 1.氏名、ふりがな
 2.所属
 3.住所
 4.連絡先(TELFAX、メールアドレス)
 5.参加動機

お問い合わせ・お申し込み先
環境省中国環境パートナーシップオフィス (EPOちゅうごく)
 〒730-0013 広島市中区八丁堀16-11 日本生命広島第二ビル2
TEL082-511-0720
FAX082-511-0723
E-mail



電車deトークするモン!
地球温暖化防止及び低炭素の都市づくりを目指す活動の一環として、アースウィーク
くまもと実行委員会団体等とともに、熊本市内を走る路面電車「熊本市電」を貸切り、
車窓から沿線の街並みを眺めながら、くまもとのまちづくりや公共交通利用等について、
スマートムーブライフをテーマに、公開討論会「電車deトーク」を開催します。みなさまの
ご参加をお待ちしております!
※EPO
九州はアースウィークくまもと実行委員会に参画しています。

「電車deトークするモン!」
日時:2013年11月9日(土)13:0017:00
名称:第1部 セッション 第2部 電車deトーク!
場所:熊本YMCA

内容:第1部のセッションでは、アースウィークくまもとの趣旨説明やスマート
ムーブやカーフリーについての情報提供を行い、第2部では熊本YMCA
最寄りの電停である蔚山町から貸し切りの市電に乗車し、意見交換会を行います。
熊本市営電車:蔚山町上熊本交通局にてトイレ休憩健軍蔚山町の行程。
途中乗車は不可、途中下車は可能ですが、その場合は事前にお知らせ下さい。
事前に必ず申し込んでください、定員に達した場合お断りさせていただく場合があります。

主催:NPO法人環境ネットワークくまもと
共催:アースウィークくまもと実行委員会
申込み・問い合わせ
NPO
法人環境ネットワークくまもと
TEL/FAX
096-362-3776E-mail



環境市民活動助成金セミナーin熊本・佐賀
資金調達に関するセミナー、助成団体の担当者による助成制度と申請時の
ポイント説明、気軽にお話ができるグループ相談会、相談できる個別
相談会と、とても濃い内容となっております。みなさまのご参加をお待ちしております。

〇熊本会場
HP→http://www.q-support.org/link-kumamoto.html
facebook→https://www.facebook.com/events/394950900633935/
日時:平成251130日(土)13001700受付1230
場所:熊本市国際交流会館4F3会議室
セミナー:「私流、助成金獲得までと、その後にすべきこと」
講師:次世代のためにがんばろ会 代表 松浦 ゆかり 氏

〇佐賀会場
HP→http://www.q-support.org/link-saga.html
facebook→https://www.facebook.com/events/1419934924889766/
日時:平成25121日(日)13001700受付1230
場所:鳥栖商工センター2F大会議室
セミナー:「意志ある『お金』の循環が地域を創る!」
講師:一般財団法人 佐賀未来創造基金(公益申請中)
専務理事兼事務局長 吉村 興太郎 氏

参加費:一般1,000円/会員無料

〇参加助成団体
 ・三井物産株式会社「三井物産環境基金」
 ・NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド
 ・TOTO株式会社「TOTO水環境基金」
 ・一般財団法人セブン-イレブン記念財団「2014年度公募助成」
<熊本会場のみ>
 ・公益財団法人 再春館「一本の木」財団
 ・熊本市市民公益活動支援基金
<佐賀会場のみ>
 ・エコさが基金
 ・一般財団法人佐賀未来創造基金(公益申請中)

主催:NPO法人九州環境サポートセンター
     一般財団法人セブンイレブン記念財団
共催:熊本市市民活動支援センター・あいぽーと 熊本開催
     NPO法人とす市民活動ネットワーク 佐賀開催
     九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
後援:環境省
お申込・お問い合わせ
NPO
法人九州環境サポートセンター
TEL
096-277-9660FAX096-277-9655MAIL
チラシ裏面の申込用紙(HP掲載)又は、「氏名所属電話番号
メールかFAX参加会場参加助成団体のうち興味のある団体」を
 メール又はFAXでお送り下さい。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参加者募集】
カーボン・オフセットのプロバイダー講座の開催について
環境省ではカーボン・オフセットを行おうとする事業者等が、クレジットの取得など
の取組を実施するためにオフセット・プロバイダーの支援を受けるに際して、当該
オフセット・プロバイダーの信頼性と透明性を識別できるようオフセット・プロバイダ
ープログラムを開始しました。

今般、オフセット・プロバイダーを目指す企業やNPO法人等の方々を対象に、環境
省のカーボン・オフセット制度に準拠した適切なカーボン・オフセットの実施方法や
オフセット・プロバイダーとしてのビジネスの基礎について習得できる講座を開催
いたしますので、お知らせします。今年度からスタートしたJ-クレジット制度を活
用したカーボン・オフセットに関心をお持ちの方々の御参加もお待ちしております。
なお、九州では、福岡県での開催を予定しております。
日時:1125()13:00-17:00
場所:TKPカンファレンスシティ博多  TKPホール(132名収容)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17262



平成25年度 全国・自然歩道を歩こう月間行事 「秋の九州自然歩道を歩こう!」のお知らせ
環境省では、多くの人々が、長距離自然歩道をはじめ自然や文化に恵まれた
自然歩道を歩くことによって自然への理解を深めることを目的に、標記取組を行っています。
 皿倉山は九州自然歩道の出発地点です。紅葉を愛でながら、山の案内人と
共に九州自然歩道を歩きませんか?

日時:平成25127日(土)9:30集合~15:00解散(予定)小雨決行
対象:山歩きができ、坂道登山にも耐えられる人(小学生以下は保護者同伴)
募集人員:30
集合場所:北九州市八幡東区帆柱ケーブル山麓駅前集合・解散
コース:周遊コースは、やや体力に自信のない方向き 約10
      縦走コースは、体力に自信のある方向き   約15
参加費用:300円(保険料含む)
申込締切:平成251129日(金)必着
申込先:メール、ハガキまたはファックスで氏名住所・電話番号等連絡先
性別年齢をご記入の上、下記宛にお送りください。
九州地方環境事務所福岡事務所 担当:蒲池(カマチ)
812-0013 福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎本館1
TEL092-437-8851(FAX)092-481-6465(E-Mail)
詳細は、後日、九州地方環境事務所ホームページ上でお知らせします
http://kyushu.env.go.jp/holding.html



地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る自治体職員向け研修会の開催について
再生可能エネルギーは、導入する地域・地点による適合性が大きく異なることから、
事業化に当たっては、地域・地点の実情を十分考慮する必要があり、地域の様々
な関係者との合意形成を図る上で地方公共団体の関わりは重要性を増しています。

この度環境省では、地域主導による再生可能エネルギー事業の企画立案・導入を
促進するために、市町村(ただし、政令指定都市、中核市、特例市及びこれらが加入
する特別地方公共団体を除く)の職員を対象とした研修会を全国7地域において実施し、
地方公共団体における人材育成を支援致します。
詳細は下記リンク先をご覧ください。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17231&mode=print

日時:122日(月)13:0018:00
     123日(火)  9:3016:00
場所:九州地区:福岡TKPガーデンシティ博多アネックス(ウラナス)
http://gc-hakata-annex.net/access.shtml
福岡県福岡市博多区博多駅前4-11-18ホテルサンライン福岡博多駅前  2F



ESD KIDS FES!!!」の開催に向けた参加者募集について
環境省では、全国における「持続可能な開発のための教育」(Education for Sustainable
Development
:以下、ESD)の活性化を図り、201411月に開催される「持続可能な開発
のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」を盛り上げるため、子どもたちから大人
たちへ伝える環境保全活動に対するアイデアやメッセージをテーマに「ESDKIDSFES!!!
を開催します。

 「ESDKIDSFES!!!」では、子どもたちが体験した全国の企業やNPO等の環境保全活動
等の取組について、実際に取り組んだ小中学生のみなさんにその内容を発表してもらい、
その中から優秀事例を表彰します。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17239



【公募案内】
平成26年度「公益信託地球環境保全フロン対策基金」募集開始について
 環境省では、人類が健康で豊かな生活を継続できる地球環境の保全に寄与することを目的
とした、「公益信託地球環境保全フロン対策基金」を行っております。本基金は、オゾン層保護、
地球温暖化防止等を目的とする、フロン類の大気排出抑制等に関する活動(市民への情報・
知識の普及・啓発活動等)を行う国内の民間団体に助成を行うものです。

助成の対象となる活動
 オゾン層保護、地球温暖化防止等を目的とする、フロン類の大気排出抑制等に関する活動
(内外市民への情報・知識の普及・啓発活動、およびその他の各種活動)で、別途定めるものに
該当するものとします。
助成の対象となる活動の実施期間 平成2641日から平成27331
申請締切日 平成26120日(月)(当日消印有効)
詳細は以下の募集要項をご参照ください。
http://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/pdf/protection-03a.pdf



「第四次環境基本計画の進捗状況・今後の課題について(案)」に対する意見の募集について
 中央環境審議会総合政策部会は、「第四次環境基本計画の進捗状況・今後の課題について(案)」
について、広く国民の皆様のご意見を募集するため、1022日(火)から1115日(金)までの間、
意見募集を実施します。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17280



【お知らせ】
□2013
年度「ウォームビズ」について
 環境省では、冬の地球温暖化対策の一つとして、暖房時の室温20℃設定で心地良く
過ごすことのできるライフスタイル「WARM BIZ」(ウォームビズ)を推進しています。今年
度も111日から331日までをウォームビズ期間とし、エネルギー全般の使い方を見直
しながら、各主体が低炭素社会の構築に向けたビジネススタイル・ライフスタイルに変革
することを目指し、オフィスや家庭でできる「ウォームビズ」の普及啓発を予定しています。

今年度は、これまでの「ウォームビズ」の取組に更にもう一つ、楽しく、温かく、快適に過ご
すためのアイテムやアイディア、アクション等をプラスして訴求する「WARMBIZONE
(ウォームビズ・プラス・ワン)というテーマを設定し、ライフスタイル全般で「ウォームビズ」
の取組が更に拡大するよう、呼び掛けていきます。

また、「ウォームビズ」の中で、一人ひとりが暖房を使うのではなく、みんなで暖かいところに
集まることでエネルギー消費の削減につなげる「ウォームシェア」を昨年に引き続き呼び掛けます。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17196



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第73回エコ塾(11月7日 17:00~@福岡合同庁舎)
九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)及び九州経済産業局では
環境ビジネスの創出、ビジネスマッチング、人脈形成を目的として、毎月1
環境ビジネスに特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。
先進的取り組みを行っている企業が自慢の製品・サービスを紹介します。
皆様ふるってご参加ください。
 
日時:平成25117日(木)
  
講演会:17時00分~18時20分
 交流会:18時30分~19時30分
場所:福岡合同庁舎本館 6階 第2・3会議室
参加費:無料(交流会出席の方は500円/人) 

内容 
〇プレゼン1:2次電池の再生を高周波誘電損加熱で100%再生する技術と応用製品
講演者:株式会社JSV 社長 立野 洋人氏

〇プレゼン2:土壌地下水汚染に対する技術の紹介
講演者:一般社団法人ECO技術協会 技術部会技術委員 新宮原 秀和 氏

施策紹介 :『支援ポータルサイトミラサポがオープン!経営の悩みに対する先輩経営者や
専門家との情報交換の場を提供します!』
発表者:九州経済産業局 中小企業課 

お申し込み
下記URLから「ご案内&申込書」をダウンロードし、に必要事項をご記入の上FAX及び
メールにてお申し込み下さい。
http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=3314
  
お申し込み・お問合せ先
九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ  担当:嶋田・松尾  
TEL
092-474-0042  FAX092-472-6609  
九州経済産業局 環境対策課  担当:宇野・鬼丸TEL092-482-5499



----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録は、
http://www.epo-kyushu.jp/pc/content/view/13/28/
のフォーム(リンク)からどうぞ。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
配信停止・配信先変更をご希望の方はまでご連絡
下さい。
----------------------------------------------------------------

【発行】
九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
8600806 熊本市中央区花畑町4-8 熊本市国際交流会館2F
http://epo-kyushu.jp
E-mail

TEL
096-312-1884FAX096-312-1894
開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

九州環境パートナーシップオフィスEPO九州は、平成23年度環境省
請負業務に基づき、NPO法人環境ネットワークくまもと
http://www.kankuma.jp)が運営しています。


【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/ ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
EPO
九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.53

2013
111日発行
発行:九州環境パートナーシップオフィスEPO九州
URL:http://epo-kyushu.jp
  E-mail:
協力:環境省九州地方環境事務所http://kyushu.env.go.jp/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

本メールマガジンはEPO九州と情報交換等をさせて頂いた方々に送ら
 せて頂いております。
本メールマガジンはBCCにて配信いたしております。
今後、EPO九州からの配信が不要の方は、本メールの末尾のご案内を
 お読みください。

-------------------------------------------------------------
EPO九州より】
きょうから11月。「WARM BIZ」(ウォームビズ)のスタートです!暖房時の
室温20℃設定で心地良く過ごすことのできるライフスタイルを進め、エネルギ
ーの使い方をあらためて考えてみませんか?今年は「WARM BIZ+ONE」と
いうテーマで今までの取組をさらに楽しく、温かく、快適に過ごすためのアイ
デアを募集中です。ぜひサイトをチェックしてみてください!
http://www.challenge25.go.jp/practice/warmbiz/warmbiz2013/index.html

全国の環境情報が掲載されているサイト「環境らしんばん」
http://www.geoc.jp/rashinban/)イベントや助成金、公募情報etc...
こちらもぜひチェックしてみてください!

□Facebook
EPO九州ページにて情報発信中!
EPO
九州のFacebookページ(http://www.facebook.com/epokyushu
では、EPO九州の日々のできごとやみなさまからのお知らせを発信
しています。



【もくじ】
■EPO
九州からのご案内
再生可能エネルギー交流会~震災の経験から伝えるエネルギーシステム
 のあり方と再生可能エネルギーの役割~
電車deトークするモン!
環境市民活動助成金セミナーin熊本・佐賀

九州地方環境事務所からのご案内
【参加者募集】
カーボン・オフセットのプロバイダー講座の開催について
平成25年度 全国・自然歩道を歩こう月間行事 「秋の九州自然歩道を歩こう!」のお知らせ
地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る自治体職員向け研修会の開催について
ESD KIDS FES!!!」の開催に向けた参加者募集について

【公募案内】
平成26年度「公益信託地球環境保全フロン対策基金」募集開始について
「第四次環境基本計画の進捗状況・今後の課題について(案)」に対する意見の募集について

【お知らせ】
□2013
年度「ウォームビズ」について

関連情報
第73回エコ塾(11月7日 17:00~@福岡合同庁舎)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO
九州からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
再生可能エネルギー交流会~震災の経験から伝えるエネルギーシステムの
 あり方と再生可能エネルギーの役割~

2011
311日に発生した東日本大震災で、私たちはライフラインが断たれる
という社会的混乱を経験しました。そんな中、地域で自活できる再生可能エネ
ルギーが非常時に機能したことで、東北地方ではその認識が、環境面から社
会的リスク軽減へと趣を変えつつあります。EPO東北ではこの流れを受けて、
平成23年度より再生可能エネルギーを実践する各団体と、「災害時にエネル
ギーシステムの何が機能し、何が機能しなかったのか」の検証や「東北地方
におけるエネルギーシステムのあり方」について議論を重ねてきました。

これからのエネルギー政策は、「環境対策」「経済性」「エネルギーセキュリティ」
のバランスを取りながら推進していくことが課題であり、それらを達成して持続
可能な地域を構築するうえで、再生可能エネルギーの活用は重要です。加えて、
全国の各地域で再生可能エネルギー・省エネルギーを推進し、分散型・自立的
なエネルギー供給体制を構築するにあたり、社会的リスクの軽減を含めた視点を
持って取り組んでいくことが大切だと考えます。

今後発生が予想される南海・東南海地震等に対する備えとして、3.11を教訓とした
東北地方の経験とメッセージを中国地方の方々に伝えたいと思っています。そして
再生可能エネルギーを推進している各主体が、それぞれの経験や知恵を交換する
ことを通じて、各地で東日本大震災の教訓を活かした持続可能な地域づくりを促進
することを目的として、再生可能エネルギー交流会を開催します。

日時:2013114日(月・祝)13:0016:30
場所:EPOちゅうごく(広島市中区八丁堀16-11 日本生命広島第二ビル2F
対象:再生可能エネルギーを推進している、持続可能な地域づくりに取り組んで
いるNPO・事業者・行政・研究者など
定員:20名(先着順)
参加費:無料
主催:EPOちゅうごく、EPO東北、EPO九州

ゲ ス ト
・新妻弘明氏(東北大学名誉教授、日本EIMY研究所 所長)
・菊池満氏(社会福祉法人盛岡アビリティセンター)
・金子幸次氏(いわて生活協同組合)
・武内賢二氏(株式会社ソーラーワールド)

プログラム
13:00
~ 開会、あいさつ、オリエンテーション
13:15
~ 東北ゲストからのメッセージ(情報提供)
15:00
~ 意見交換
16:00
~ まとめ
16:30
  閉会

お申し込み方法
氏名・所属・住所・電話番号(あればFAX・メールアドレス)を明記の上、電話・FAX
メールのいずれかでお申し込みください。
<申込締切>111日(金)まで

参加申込(必要事項)
 1.氏名、ふりがな
 2.所属
 3.住所
 4.連絡先(TELFAX、メールアドレス)
 5.参加動機

お問い合わせ・お申し込み先
環境省中国環境パートナーシップオフィス (EPOちゅうごく)
 〒730-0013 広島市中区八丁堀16-11 日本生命広島第二ビル2
TEL082-511-0720
FAX082-511-0723
E-mail



電車deトークするモン!
地球温暖化防止及び低炭素の都市づくりを目指す活動の一環として、アースウィーク
くまもと実行委員会団体等とともに、熊本市内を走る路面電車「熊本市電」を貸切り、
車窓から沿線の街並みを眺めながら、くまもとのまちづくりや公共交通利用等について、
スマートムーブライフをテーマに、公開討論会「電車deトーク」を開催します。みなさまの
ご参加をお待ちしております!
※EPO
九州はアースウィークくまもと実行委員会に参画しています。

「電車deトークするモン!」
日時:2013年11月9日(土)13:0017:00
名称:第1部 セッション 第2部 電車deトーク!
場所:熊本YMCA

内容:第1部のセッションでは、アースウィークくまもとの趣旨説明やスマート
ムーブやカーフリーについての情報提供を行い、第2部では熊本YMCA
最寄りの電停である蔚山町から貸し切りの市電に乗車し、意見交換会を行います。
熊本市営電車:蔚山町上熊本交通局にてトイレ休憩健軍蔚山町の行程。
途中乗車は不可、途中下車は可能ですが、その場合は事前にお知らせ下さい。
事前に必ず申し込んでください、定員に達した場合お断りさせていただく場合があります。

主催:NPO法人環境ネットワークくまもと
共催:アースウィークくまもと実行委員会
申込み・問い合わせ
NPO
法人環境ネットワークくまもと
TEL/FAX
096-362-3776E-mail



環境市民活動助成金セミナーin熊本・佐賀
資金調達に関するセミナー、助成団体の担当者による助成制度と申請時の
ポイント説明、気軽にお話ができるグループ相談会、相談できる個別
相談会と、とても濃い内容となっております。みなさまのご参加をお待ちしております。

〇熊本会場
HP→http://www.q-support.org/link-kumamoto.html
facebook→https://www.facebook.com/events/394950900633935/
日時:平成251130日(土)13001700受付1230
場所:熊本市国際交流会館4F3会議室
セミナー:「私流、助成金獲得までと、その後にすべきこと」
講師:次世代のためにがんばろ会 代表 松浦 ゆかり 氏

〇佐賀会場
HP→http://www.q-support.org/link-saga.html
facebook→https://www.facebook.com/events/1419934924889766/
日時:平成25121日(日)13001700受付1230
場所:鳥栖商工センター2F大会議室
セミナー:「意志ある『お金』の循環が地域を創る!」
講師:一般財団法人 佐賀未来創造基金(公益申請中)
専務理事兼事務局長 吉村 興太郎 氏

参加費:一般1,000円/会員無料

〇参加助成団体
 ・三井物産株式会社「三井物産環境基金」
 ・NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド
 ・TOTO株式会社「TOTO水環境基金」
 ・一般財団法人セブン-イレブン記念財団「2014年度公募助成」
<熊本会場のみ>
 ・公益財団法人 再春館「一本の木」財団
 ・熊本市市民公益活動支援基金
<佐賀会場のみ>
 ・エコさが基金
 ・一般財団法人佐賀未来創造基金(公益申請中)

主催:NPO法人九州環境サポートセンター
     一般財団法人セブンイレブン記念財団
共催:熊本市市民活動支援センター・あいぽーと 熊本開催
     NPO法人とす市民活動ネットワーク 佐賀開催
     九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
後援:環境省
お申込・お問い合わせ
NPO
法人九州環境サポートセンター
TEL
096-277-9660FAX096-277-9655MAIL
チラシ裏面の申込用紙(HP掲載)又は、「氏名所属電話番号
メールかFAX参加会場参加助成団体のうち興味のある団体」を
 メール又はFAXでお送り下さい。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参加者募集】
カーボン・オフセットのプロバイダー講座の開催について
環境省ではカーボン・オフセットを行おうとする事業者等が、クレジットの取得など
の取組を実施するためにオフセット・プロバイダーの支援を受けるに際して、当該
オフセット・プロバイダーの信頼性と透明性を識別できるようオフセット・プロバイダ
ープログラムを開始しました。

今般、オフセット・プロバイダーを目指す企業やNPO法人等の方々を対象に、環境
省のカーボン・オフセット制度に準拠した適切なカーボン・オフセットの実施方法や
オフセット・プロバイダーとしてのビジネスの基礎について習得できる講座を開催
いたしますので、お知らせします。今年度からスタートしたJ-クレジット制度を活
用したカーボン・オフセットに関心をお持ちの方々の御参加もお待ちしております。
なお、九州では、福岡県での開催を予定しております。
日時:1125()13:00-17:00
場所:TKPカンファレンスシティ博多  TKPホール(132名収容)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17262



平成25年度 全国・自然歩道を歩こう月間行事 「秋の九州自然歩道を歩こう!」のお知らせ
環境省では、多くの人々が、長距離自然歩道をはじめ自然や文化に恵まれた
自然歩道を歩くことによって自然への理解を深めることを目的に、標記取組を行っています。
 皿倉山は九州自然歩道の出発地点です。紅葉を愛でながら、山の案内人と
共に九州自然歩道を歩きませんか?

日時:平成25127日(土)9:30集合~15:00解散(予定)小雨決行
対象:山歩きができ、坂道登山にも耐えられる人(小学生以下は保護者同伴)
募集人員:30
集合場所:北九州市八幡東区帆柱ケーブル山麓駅前集合・解散
コース:周遊コースは、やや体力に自信のない方向き 約10
      縦走コースは、体力に自信のある方向き   約15
参加費用:300円(保険料含む)
申込締切:平成251129日(金)必着
申込先:メール、ハガキまたはファックスで氏名住所・電話番号等連絡先
性別年齢をご記入の上、下記宛にお送りください。
九州地方環境事務所福岡事務所 担当:蒲池(カマチ)
812-0013 福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎本館1
TEL092-437-8851(FAX)092-481-6465(E-Mail)
詳細は、後日、九州地方環境事務所ホームページ上でお知らせします
http://kyushu.env.go.jp/holding.html



地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る自治体職員向け研修会の開催について
再生可能エネルギーは、導入する地域・地点による適合性が大きく異なることから、
事業化に当たっては、地域・地点の実情を十分考慮する必要があり、地域の様々
な関係者との合意形成を図る上で地方公共団体の関わりは重要性を増しています。

この度環境省では、地域主導による再生可能エネルギー事業の企画立案・導入を
促進するために、市町村(ただし、政令指定都市、中核市、特例市及びこれらが加入
する特別地方公共団体を除く)の職員を対象とした研修会を全国7地域において実施し、
地方公共団体における人材育成を支援致します。
詳細は下記リンク先をご覧ください。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17231&mode=print

日時:122日(月)13:0018:00
     123日(火)  9:3016:00
場所:九州地区:福岡TKPガーデンシティ博多アネックス(ウラナス)
http://gc-hakata-annex.net/access.shtml
福岡県福岡市博多区博多駅前4-11-18ホテルサンライン福岡博多駅前  2F



ESD KIDS FES!!!」の開催に向けた参加者募集について
環境省では、全国における「持続可能な開発のための教育」(Education for Sustainable
Development
:以下、ESD)の活性化を図り、201411月に開催される「持続可能な開発
のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」を盛り上げるため、子どもたちから大人
たちへ伝える環境保全活動に対するアイデアやメッセージをテーマに「ESDKIDSFES!!!
を開催します。

 「ESDKIDSFES!!!」では、子どもたちが体験した全国の企業やNPO等の環境保全活動
等の取組について、実際に取り組んだ小中学生のみなさんにその内容を発表してもらい、
その中から優秀事例を表彰します。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17239



【公募案内】
平成26年度「公益信託地球環境保全フロン対策基金」募集開始について
 環境省では、人類が健康で豊かな生活を継続できる地球環境の保全に寄与することを目的
とした、「公益信託地球環境保全フロン対策基金」を行っております。本基金は、オゾン層保護、
地球温暖化防止等を目的とする、フロン類の大気排出抑制等に関する活動(市民への情報・
知識の普及・啓発活動等)を行う国内の民間団体に助成を行うものです。

助成の対象となる活動
 オゾン層保護、地球温暖化防止等を目的とする、フロン類の大気排出抑制等に関する活動
(内外市民への情報・知識の普及・啓発活動、およびその他の各種活動)で、別途定めるものに
該当するものとします。
助成の対象となる活動の実施期間 平成2641日から平成27331
申請締切日 平成26120日(月)(当日消印有効)
詳細は以下の募集要項をご参照ください。
http://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/pdf/protection-03a.pdf



「第四次環境基本計画の進捗状況・今後の課題について(案)」に対する意見の募集について
 中央環境審議会総合政策部会は、「第四次環境基本計画の進捗状況・今後の課題について(案)」
について、広く国民の皆様のご意見を募集するため、1022日(火)から1115日(金)までの間、
意見募集を実施します。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17280



【お知らせ】
□2013
年度「ウォームビズ」について
 環境省では、冬の地球温暖化対策の一つとして、暖房時の室温20℃設定で心地良く
過ごすことのできるライフスタイル「WARM BIZ」(ウォームビズ)を推進しています。今年
度も111日から331日までをウォームビズ期間とし、エネルギー全般の使い方を見直
しながら、各主体が低炭素社会の構築に向けたビジネススタイル・ライフスタイルに変革
することを目指し、オフィスや家庭でできる「ウォームビズ」の普及啓発を予定しています。

今年度は、これまでの「ウォームビズ」の取組に更にもう一つ、楽しく、温かく、快適に過ご
すためのアイテムやアイディア、アクション等をプラスして訴求する「WARMBIZONE
(ウォームビズ・プラス・ワン)というテーマを設定し、ライフスタイル全般で「ウォームビズ」
の取組が更に拡大するよう、呼び掛けていきます。

また、「ウォームビズ」の中で、一人ひとりが暖房を使うのではなく、みんなで暖かいところに
集まることでエネルギー消費の削減につなげる「ウォームシェア」を昨年に引き続き呼び掛けます。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17196



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第73回エコ塾(11月7日 17:00~@福岡合同庁舎)
九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)及び九州経済産業局では
環境ビジネスの創出、ビジネスマッチング、人脈形成を目的として、毎月1
環境ビジネスに特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。
先進的取り組みを行っている企業が自慢の製品・サービスを紹介します。
皆様ふるってご参加ください。
 
日時:平成25117日(木)
  
講演会:17時00分~18時20分
 交流会:18時30分~19時30分
場所:福岡合同庁舎本館 6階 第2・3会議室
参加費:無料(交流会出席の方は500円/人) 

内容 
〇プレゼン1:2次電池の再生を高周波誘電損加熱で100%再生する技術と応用製品
講演者:株式会社JSV 社長 立野 洋人氏

〇プレゼン2:土壌地下水汚染に対する技術の紹介
講演者:一般社団法人ECO技術協会 技術部会技術委員 新宮原 秀和 氏

施策紹介 :『支援ポータルサイトミラサポがオープン!経営の悩みに対する先輩経営者や
専門家との情報交換の場を提供します!』
発表者:九州経済産業局 中小企業課 

お申し込み
下記URLから「ご案内&申込書」をダウンロードし、に必要事項をご記入の上FAX及び
メールにてお申し込み下さい。
http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=3314
  
お申し込み・お問合せ先
九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ  担当:嶋田・松尾  
TEL
092-474-0042  FAX092-472-6609  
九州経済産業局 環境対策課  担当:宇野・鬼丸TEL092-482-5499



----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録は、
http://www.epo-kyushu.jp/pc/content/view/13/28/
のフォーム(リンク)からどうぞ。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
配信停止・配信先変更をご希望の方はまでご連絡
下さい。
----------------------------------------------------------------

【発行】
九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
8600806 熊本市中央区花畑町4-8 熊本市国際交流会館2F
http://epo-kyushu.jp
E-mail

TEL
096-312-1884FAX096-312-1894
開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

九州環境パートナーシップオフィスEPO九州は、平成23年度環境省
請負業務に基づき、NPO法人環境ネットワークくまもと
http://www.kankuma.jp)が運営しています。


【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/
Default Image
2020年07月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

令和2年7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年07月31日

環境省…

環境省による、使用済製品や有用金属等を国内で効率良く回収、リユース・リサイクルするための情報プラット…
2020年07月31日

環境省…

環境省による「気候変動×デジタル」プロジェクト検討結果が取りまとめられ公表されました。…
2020年07月31日

【8/26開催】環境省…

環境省は、「新・湯治」に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する取組を行ってい…
2020年07月31日

【後日資料公開】第13回 国立…

環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」にあたり、有識者会議が予定されています。…