epohedimg001

未来の環境はこどもたちの手で!(平成28年度おおいたこども探険団発表会)

平成28年4月から本格スタートした「おおいたうつくし作戦」。
この取組を次世代に引き継ぐためには、子どもたちが環境問題への関心や理解を深め、解決に向けて自ら考え行動する力を育むことが大事です。
大分県では、県内の子どもたちに対する自然体験活動など実体験を伴う年間を通じた環境学習を行うおおいたこども探検団推進事業を実施し、子どもたちへの環境教育の推進を図っています。

本年度「おおいたこども探険団推進事業」に参加した11団体のうち、3団体のこどもたちが自然体験や環境学習に取り組んだことなど活動発表をしました。

詳細はこちら http://www.pref.oita.jp/soshiki/13060/hapyoukai.html

Tags:
Default Image
2017年07月08日

【開催案内】第1回地球温暖化に関する九州…

九州地方環境事務所では、地球温暖化対策の取組みを更に推し進めるため、地方公共団体・事業者等の団体や、家庭等においてそれぞれの取組みを実践していただく個人の方を対象に、「地球温暖化に関する九州カンファレ…
2017年06月30日

2017「肥後の水とみどりの愛…

■表彰の目的:水とみどりの資源保全に熱心に取り組み、着実な成果をあげておられる熊本県内の団体・個人等…
2017年06月30日

「大野川水環境フェスタ」参加者…

大分県では、7月16日(日曜日)に、親子で大野川の豊かな自然にふれながら、水環境について楽しく遊んで…
2017年06月29日

「PCB処理完遂への展望」in…

(一社)廃棄物資源循環学会の主催シンポジウム「PCB処理完遂への展望」in北九州が下記のとおり開催さ…