epohedimg001

第7回有明海再生シンポジウム 森里川海の物語のご案内

熊本県荒尾市にて、第7回有明海再生シンポジウムが開催されます。

 

NPO法人SPERA森里海・時代を拓く及び有明海塾は,柳川市を拠点として「森里川海のつながり」と「人と人とのつながり」を意識した環境活動を行なっています。

かつて“宝の海”と呼ばれ、多様な生き物にあふれた有明海から、この海特産の貴重な生き物たちがことごとく姿を消し、今では“沈黙の海”となりつつあります。それは、私たちの暮らしの便利さや目先の経済の成長ばかりを優先させてきた生き方の「鏡に映った姿」とも言えます。

海は、私たちの遠い祖先が誕生した“ふるさと”であり、干潟などの水辺は祖先が陸に上がった通り道でもありました。その大切な究極のふるさとを、今私たちはなくそうとしています。このままでは、未来世代から“借り受けた”大切な海を再起不能なまでに潰したまま、先送りすることになりかねません。

おりしも、環境省は「『つなげよう、支えよう森里川海』プロジェクト」を立ち上げ、森里川海をつなぎ、豊かな自然と共に生きる未来への国民運動を展開し始めました。第7回有明海再生シンポジウムではこの二つの流れをつなぎ、同時に、続く次代を担う子供たちや高校・大学生と大人世代をつなぎ、生き物と子供たちにあふれる有明海への道を拓くことをねらいとして実施します。

有明海有明海を臨む風景

 

開催概要

■日 時 平成28年9月11日(日) 13時~17時
■会 場 万田炭鉱館(熊本県荒尾市原万田213-31)
■参加費 無料


■日 程 
第1部(10時~11時30分) 親子で楽しむ「チリメンモンスター教室」

第2部前半(13時~15時) 森里川海のつながりシンポジウム

基調講演 『森は海の恋人と有明海再生』
畠山 重篤氏(NPO法人森は海の恋人理事長)

講  演 『環境省「つなげよう,支えよう森里川海プロジェクト」の展開』
鳥居 敏男氏(環境省大臣官房会計課長)

第2部後半(15時~17時) 高校生による森と海での活動報告と意見交換

大分県立日田高等学校
福岡県立伝習館高等学校  
熊本県立荒尾・岱志高等学校
有明海塾

■主催:NPO法人SPERA森里海・時代を拓く、有明海塾

詳細はページ下部のチラシをご覧ください。


連絡先

NPO法人SPERA森里海事務局 電話:0944-72-2424
 
http://morisatoumi.blog136.fc2.com/

有八シンポ2019チラシ最終 191017サイズ調整 page 0001
2019年11月21日

【熊本】シンポジウム「水環境が支える熊本…

河川流域の抱える多くの問題に取り組んでいる、熊本大学の「くまもと水循環・減災研究教育センター」。 今回、河川流域に関するシンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり」を開催されます。…
2019年11月20日

【11/24〆】生物多様性ユー…

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年九州水フォー…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…