epohedimg001

【意見提出】(仮称)串間南部風力発電所に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出

令和2年10月15日、環境省は、「(仮称)串間南部風力発電所計画段階環境配慮書」(有限会社ウィンディ)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、宮崎県串間市において、最大で出力21,000kWの風力発電所を設置するものである。
 環境大臣意見では、(1)風力発電設備を住居から離隔すること等により、騒音及び風車の影による生活環境への影響を回避又は極力低減すること、(2)風力発電設備への衝突事故及び移動の阻害等による鳥類への影響を回避又は極力低減すること、(3)自然度の高い植生等の改変を回避又は極力低減すること等を求めている。

1.背景

   環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を第一種事業
  として対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された計画段階環境配慮書について、経済産業
  大臣からの照会に対して意見を述べることができる。
   今後、経済産業大臣から事業者である有限会社ウィンディに対して、環境大臣意見を勘案した意見が述
  べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評
  価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

  ※ 計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回
    避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要

  ・事業者   有限会社ウィンディ

  ・事業位置  宮崎県串間市 (事業実施想定区域面積 約253ha)

  ・出力    最大21,000kW(単機出力2,500~3,000kW×6~8基)

3.環境大臣意見

  別紙のとおり。

  (参考)環境影響評価に係る手続

   ・令和2年8月31日 経済産業大臣から環境大臣に意見照会

   ・令和2年10月15日 環境大臣から経済産業大臣に意見提出

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8237
ipponnoki r3 josei kamiki
2020年12月01日

【1/31締切】公益財団法人再春館「一本…

地域ESD活動推進拠点にご登録をいただいております、熊本県の公益財団法人再春館「一本の木」財団では、熊本の自然環境保全等に取り組む団体等を対象に、令和3年度上期分の助成公募を実施しています。受付期間は…
2020年11月28日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和2年11月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2020年11月28日

【12/27締切】「生物多様性…

環境省は、「生物多様性国家戦略2012-2020」に基づく施策等の実施状況について点検結果(案)を取…
2020年11月28日

【結果公表】UNEP…

国連環境計画(UNEP)は、「第4回海洋プラスチックごみ及びマイクロプラスチックに関する専門家会合」…
2020年11月28日

【12/5-6】GTF…

環境省は「つなげよう、支えよう森里川海」をテーマに、企業、自治体及び団体の環境保全の取組を応援、市民…