epohedimg001

【意見提出】(仮称)吹上浜沖洋上風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出

 令和2年9月7日、環境省は、「(仮称)吹上浜沖洋上風力発電事業計画段階環境配慮書」(吹上浜沖洋上風力発電合同会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、鹿児島県日置市、いちき串木野市及び南さつま市沖の海域において、最大で総出力969,000kWの洋上風力発電所を設置するものである。
 環境大臣意見では、(1)風力発電設備への衝突事故及び移動の阻害等による鳥類への影響を回避又は極力低減すること、(2)海生生物の生息及び生育基盤として重要な自然環境のまとまりが存在する区域を明らかにした上で、海生生物の生息及び生育環境への影響が懸念される場合は、環境保全措置を講ずること等を求めている。


1.背景

 環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を第一種事業として対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された計画段階環境配慮書について、経済産業大臣からの照会に対して意見を述べることができる。
 今後、経済産業大臣から事業者である吹上浜沖洋上風力発電合同会社に対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要

・事業者   吹上浜沖洋上風力発電合同会社

・事業位置  鹿児島県日置市、いちき串木野市及び南さつま市沖の海域
       (事業実施想定区域面積 約21,998ha)

・出力    最大969,000kW(単機出力9,500~12,000kW × 最大102基)

3.環境大臣意見

 別紙のとおり。

(参考)環境影響評価に係る手続

・令和2年7月27日 経済産業大臣から環境大臣に意見照会

・令和2年9月7日 環境大臣から経済産業大臣に意見提出

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8237

 

環境省_(仮称)吹上浜沖洋上風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
http://www.env.go.jp/press/108387.html

 

r2 yakushima shizen
2020年09月24日

【10/4開催】屋久島自然保護官事務所「…

九州地方環境事務所 屋久島自然保護官事務所では、令和2年10月4日(日)「令和2年度第一回 自然に親しむ集い ~海辺の素材でネイチャークラフト!」を開催します。…
2020年09月24日

【10/20締切】環境省…

環境省は地方自治体や民間企業を対象に、浮体式洋上風力発電の早期普及に貢献するための情報整理や、地域が…
2020年09月24日

【10/9締切】環境省…

未利用な資源を効率的に活用した低炭素型の社会システムを整備するために、エネルギー起源CO2…
2020年09月24日

【資料公表】環境省…

環境省が推進する「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」では、脱炭素・低炭素社会形成に関わる経験やノ…
2020年09月23日

【意見提出】環境省…

(仮称)出水水俣ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…