epohedimg001

開催延期【福岡】令和元年度環境化学会九州支部地区部会講演会

下記講演会は、主催者より開催延期のご連絡をいただきました。

一般社団法人日本環境化学会九州支部地区部会から、福岡で開催される講演会のお知らせです。

令和元年度環境化学会九州支部地区部講演会 公害の歴史に学ぶ~九州地方の環境化学今昔~

200307 チラシ page 0001

九州地方では、熊本県水俣市の水俣病をはじめ、福岡県大牟田市のばいじん被害や北九州市の洞海湾の水質悪化など多く公害問題が発生しましたその後、公害防止を目的とした政実行されましたがそこで大きな役割を果たしたのが地方自治体の研究所で。地元の環境を監視しつつ、問題発生時には先陣を切って対応し、科学的根拠や市民の意見等を勘案して、公定法の検討や企業への働きかけ等の政策を実行した当時の自治体職員の活動内容は、令和の時代にも役立つ知恵やノウハウが数多く凝縮されていると思われます。このたび、日本環境化学会九州地区部会では、長年地方自治体大学環境研究の最前線でご活躍されてきた元北九州市職員である3名の先生方をお招きした講演会を企画しまし。自治体職員当時の苦労話や、大学での教育研究活動、SDGsやプラスチック問題等の講演とパネルディスカッションを通して、参加者には今後の環境化学分野に求められるものをともにお考えいただく機会をご提供できればと思います。

 

日時:令和237日(土)1330分~1730
場所TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-hakataekimae/access/
主催:一般社団法人日本環境化学会九州支部地区部会
参加費:無料


講演
熊本県環境センター館長(熊本県立大学名誉教授)篠原 亮太
水俣環境アカデミア所長(熊本県立大学名誉教授)古賀
北九州市立大学国際環境工学部特命教授 門上 希和夫

パネルディスカッション

上記講演者3名と学生を含む来場者との意見交換を含む。
講演会後に博多駅周辺で懇親会を開催する予定です。
※時間:1820時を予定※会費及び出欠については、参加者向けに後日アナウンスいたします講演会・懇親会についてお気づきの点、ご不明な点等は以下までご連絡のほどお願いいたします。また、参加を希望される方は尾末担当までご連絡のほどよろしくお願いいたします

200307 チラシ page 0002

【参加申し込みお問い合わせ】

環境化学会九州支部地区部会講演会担当責任者宮崎康平(熊本県環境センター)(
阿草哲郎(熊本県立大学)(te-agusa@pu-kumamoto.ac.jp

seibutsutayosei center
2020年07月01日

生きものの名前がわからないときは「いきも…

環境省生物多様性センターでは、インターネットを通じて全国の生きものの観察情報を収集・提供するウェブサイト「いきものログ」を運営しています。…
2020年07月01日

【9/30締切】TOYO…

1992年に設置され、環境保護活動を行うNPOを支援してきたTOYO…
2020年07月01日

【8/7締切】ブリヂストン…

株式会社ブリヂストンによる助成事業が下記のとおり募集されています。…
2020年07月01日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

6月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…
2020年07月01日

環境省…

環境省では、環境教育の指導者に向けたガイドブック「『学びあう場』をデザインする~環境教育から学ぶ10…