epohedimg001

【熊本】シンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり ー地域と熊本大学の協働・実践-」

 河川流域の抱える多くの問題に取り組んでいる、熊本大学の「くまもと水循環・減災研究教育センター」。
今回、河川流域に関するシンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり」を開催されます。
皆様、ぜひご参加ください。

~シンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり ー地域と熊本大学の協働・実践」~
有明海・八代海の自然環境・社会環境の再生・創生を目的とするシンポジウム



有八シンポ2019チラシ最終 191017サイズ調整 page 0001

「火の国」熊本は、「水の国」でもあります。白川、緑川、菊池川、球磨川の4つの河川流域が存在し、それぞれが豊かな自然環境と地域社会を形成しています。良質な地下水に恵まれ、水道水の大部分を地下水で賄う、世界的にもまれな都市でもあります。また、海に目を転ずると、そこには広大な干潟を誇る有明海・八代海があります。しかし、一方で、水害や高潮、地下水の減少・水質悪化、魚介類の減少など、水に関連する多くの問題が熊本には存在しています。
熊本大学の「くまもと水循環・減災研究教育センター」は、このような流域の抱える多くの問題に取り組んでいます。今回、河川流域に関するシンポジウムを企画しました。皆様の身近な地域の環境改善、社会づくりにおいて、熊本大学との協働の可能性を探しに、ご来場いただければ幸いです。

 

日時:2020年1月11日(土)14:00~16:30
場所:くまもと森都心プラザ 6F 大会議室AB
   熊本市西区春日1丁目14-1

参加費:無料 ※当日参加可


■プログラム 
 13:30 会場、受付開始
 14:00 挨拶

 第1部 話題提供
   ■2012年九州北部豪雨災害後の防災教育事例  
    竹内 裕希子(熊本大学 大学院先端科学研究部)
   ■熊本の地下水保全における土地改良区の役割 
    大田黒 輝幸(おおきく土地改良区)
   ■まちづくりから見る水辺の可能性 
    ジェイソン モーガン(白川バンクス)
   ■日本一のハマグリ生産県・熊本
    逸見 泰久(熊本大学 くまもと水循環・減災研究教育センター)

 第2部 パネルディスカッション
   「地域との協働・実践における大学の役割」
   研究分野間の協働、行政や市民団体との協働について、会場からの質問も交えて話し合います。
   モデレーター:田中 尚人(熊本大学 熊本創生推進機構)
   討論者:話題提供者および参加者
   

主催
熊本大学文科省特別経費プロジェクトグループ「有明海・八代海の自然環境の再生・創生を目的とする総合的・実践的研究」
熊本大学くまもと水循環・減災研究教育センター


■申込方法
お名前・参加人数・ご連絡先を明記の上、下記メールまたはFAXでお申込ください。
お申込期限 2020年1月6日(月) 17時まで

★詳細は、こちらのページをご確認ください。

問い合わせ
熊本大学 くまもと水循環・減災研究教育センター 沿岸環境部門
TEL:096-342-3498 FAX:096-342-3510
MAIL:

地域循環共生圏公募
2020年01月28日

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラット…

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の公募について…
2020年01月28日

【佐賀】唐津市版脱炭素イノベー…

唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏を考える地域エネルギーセミナー…
2020年01月22日

【募集】国土緑化推進機構「緑の…

公益社団法人国土緑化推進機構から2つの助成金情報のお知らせです。また、助成プログラム紹介と個別相談会…
2020年01月21日

令和2年度期間業務職員の募集に…

九州地方環境事務所では、令和2年度の期間業務職員の募集を行っております。…
2020年01月18日

【鹿児島】パーク&ライド出水ツ…

九州地方環境事務所では、ツルの渡来地である鹿児島県出水市において、関係機関と協力の下、ツルとの共生に…