epohedimg001

【参加報告】H29年度 熊本県自然環境講座

H29年度 熊本県自然環境講座「生物多様性くまもとセミナー」講座5
 ~ ラムサール条約登録干潟の野鳥と熊本県の現状 ~



H30年1月20日(土)、熊本県荒尾市で行われた熊本県自然環境講座「生物多様性くまもとセミナー」に参加しました。
集合は、ラムサール条約登録の荒尾干潟。日本野鳥の会の方々のご協力で、飛来している鳥たちを細かく観察でき、資料を基に名前の判定ができるようになりました。
冬季で飛来が少ない時期だそうですが、シロチドリ、メダイチドリ、ダイセンをはじめ、カワウ、スグロカモメなども観察できました。

後半は、荒尾市中央公民館へ移動して、熊本県希少野生動植物検討委員の坂梨仁彦氏による「ラムサール条約登録干潟の野鳥と熊本県の現状」を受講。
鳥の定義や渡りの調査結果・分析を聞き、普段何気なく見ている鳥たちの身体能力に驚き、浜辺にいるのは休息時間にあたるので、そっと見守るべきと学びました。
また、荒尾干潟をはじめ熊本県内には、世界でも希少な鳥が飛来している状況をデータを交え紹介していただき、熊本の豊かな自然環境を再認識しました。

荒尾干潟の特徴は、登録湿地と生活圏が近いこと。多様な生物の生息と共に、住民の生活が営まれていることは素晴らしいことです。
地域の方々の理解や自然愛護の表れであり、共存の知恵が育まれてきた賜物でしょう。

干潟は、世界的に護岸工事や埋立てにより減っているとのことです。
動植物のためだけでなく私たちのためにも、このような環境を大切にしていきたいと講座を通して感じました。


P1200023

P1200023

P1200023

P1200023

P1200023

P1200023

Default Image
2019年07月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月29日

地域創生×SDGsセミナー「地…

「持続可能な開発目標(SDGs)」は「誰一人取り残さない」を理念に掲げ、日本を含む全ての国が対象とな…
2019年06月29日

令和元年度地球温暖化防止活動環…

環境省では、平成10年度から、地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止月間であ…
2019年06月29日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

6月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月14日

【ピックアップ】重富海岸自然ふ…

重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムは、干潟が広がる重富海岸を中心に錦江湾奥部の自然環境について…