epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

昨年11月立命館アジア太平洋大学で開催されたアジア太平洋国際学会の並行プログラムとして

シンポジウム「今後のカーボンクレジットの行方」を開催しました。他県からも参加を頂き、

行政、学識経験者との熱い議論を交わすことが出来ました。

いよいよ新クレジット制度に向け、今年4月から環境省、経済産業省、農林水産省の3省による

有識者等10名からなる「新クレジット制度の在り方に関する検討会」が設置しました。これは、

2013年度から新たな国内クレジット制度を発足させるためです。これにより、2008年10〜11月に

スタートした2つの制度(国内クレジット制度、オフセット・クレジット制度(J-VER制度))は

2013年度に1本化されます。3回の検討会(4/16、5/14、6/18)を経て一定の方向性が示される

見込みです。本話題提供では、この「新クレジット制度〜検討会」の内容を解説するとともに、現状の

国内クレジット制度、J-VER制度、及びカーボンニュートラル認証制度等の最新状況や制度上の比較に

ついても3回に分けて解説します。排出量取引の活用や実施を検討中の自治体・事業者様はもとより、

排出権の創出を検討中の事業者・メーカー様にもお勧めの話題内容です。
ぜひ、ご参加頂ければと思います。

 


日 時:2012年5月23日(水) 18:00〜19:00
場 所:ライフパル (大分市市民活動・消費生活センター) 2階会議室 (府内町3-7-39)
定 員:20名(FAX or E-mail申し込み期限5月22日24時 先着順)
参加費:無料
時 刻:18:00〜18:50
講 師:大分県国内クレジット等利用促進協議会事務局 三浦逸朗

なお、基本からお聞きしたい方↓
基礎講座:『国内クレジットとは』
時  刻:17:20〜17:50
講  師:地域カーボンカウンセラー秋吉公子(大分県国内クレジット等利用促進協議会 専門員)

 

 

<問い合わせ先>
事務局:NPO法人 地域環境ネットワーク 〒870-0901 大分市西新地1-3-5 サンビル1F
<担当>横田、秋吉(☎050-7548-6795) E-mail:

<申し込みの仕方>
所属、氏名、メールアドレス、連絡先(電話等)を記載の上、
メールは→ E-mail:
FAXは  → 050-7548-6795 



 

植物の生育や分布は、気温や降水量ばかりではなく、土壌特性からも強い影響を 受けていることがわかってきました。日本にはさまざまな特性を持った土壌が分布 していますが、阿蘇にはどんな土壌が分布していて、阿蘇の植物はどんな土壌とともに生きているのか、これまでの研究成果をわかりやすくご紹介いたします。

日時:平成24年6月2日(土曜日)、13:00~17:00

場所:熊本県阿蘇市国立阿蘇青少年交流の家(120席を予定)
(〒869-2692 熊本県阿蘇市一の宮町宮地6029-1、http://aso.niye.go.jp/about/index.html、

Tel: 0967-22-0811、駐車場が狭いため自家用車ご利用の際は乗り合わせをお願いします)

対象:どなたでもご来聴大歓迎(入場無料)。一般の方、植物愛好家の方、農家のみなさん、 小中高校生や大学生のみなさん、その他、どなたでもお気軽にご参加下さい。席に限りがありますので、下記の電子メール、ファックス、またはお電話にて、事前受付をお願いいたします。

申込:電子メール:、Fax:029-838-8199、電話:029-838-8246、受付:森田沙綾香

プログラム

ご挨拶(独立行政法人農業環境技術研究所)

1.阿蘇の草原が持つ価値とその危機

横川昌史(京都大学大学院農学研究科)・・・・・・・・・・・13:00~13:30

2.植物と土壌の間の切っても切れない関係

平舘俊太郎(独立行政法人農業環境技術研究所)・・・13:30~14:00

3.阿蘇の植物の分布と土壌特性の関係 
~とくに盆花やセイタカアワダチソウについて~

小柳知代(早稲田大学)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:00~14:30

・・・・・・・・・・・・・・ 休  憩 ・・・・・・・・・・・・・・・14:30~14:45

4.阿蘇の植物が必要とする栄養分について
~とくに盆花やセイタカアワダチソウについて~

森田沙綾香(独立行政法人農業環境技術研究所)・・・14:45~15:15

5.草原の管理に向けて
~刈取りや野焼きがなどの伝統的管理が阿蘇の野草を守る~

楠本良延(独立行政法人農業環境技術研究所)・・・・・15:15~15:55

6.総合討論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15:55~16:30



司会&総合コーディネーター

高橋佳孝(独立行政法人農業食品産業技術総合研究機構近畿中国四国農業研究センター)

平舘俊太郎(独立行政法人農業環境技術研究所)



主催:独立行政法人農業環境技術研究所

共催:阿蘇草原再生協議会、公益財団法人阿蘇グリーンストック

お問い合わせ先:独立行政法人農業環境技術研究所 生物多様性研究領域 平舘俊太郎

〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3

Tel:029-838-8246、Fax:029-838-8199、e-mail:

チラシver05.doc チラシ
35K   表示   ダウンロード  




森林は人間にとってここちよい場所であるばかりでなく、多くの生きもののすみかでもあります。

そしていろいろな虫をえさにしているスズメバチにとっても、森林は巣を作るのに絶好の環境なのです。

森を訪れる人は、いつスズメバチに出会ってもふしぎではありません。スズメバチのことをもっとよく知って、

森林浴を楽しみましょう。

スズメバチによるハチ刺されは、働きバチによって起こります。働きバチが羽化する6月上旬を前に

皆様にお知らせしたい森のセミナーです。

○内容:スズメバチに刺されないために

○日時:平成24年6月2日(土) 10:00~12:00 (9:50集合)

○場所:森林総合研究所九州支所(熊本市中央区黒髪4丁目11-16)


○募集人数:20名(先着順)

○申込み連絡先:連絡調整室

 参加者の氏名、年齢、住所、連絡先を明記の上、FAXまたはEメールにて申し込み願います。

 FAX: 096(344)5054

 Eメール:kyswebmaster★ml.affrc.go.jp


 ★を@に変えて、お送りください。

 

○申込期限:平成24年5月30日(水)

注意)天候など諸般の事情により、延期・中止となる場合があります。


【ホームページアドレス】

http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/semina/semina.html

この事業は県が示したテーマに対して,NPO等(地域の自治会,ボランティア団 体,NPO法人,その他の営利を目的としない団体)から企画案を公募し、県事業として実施することにより、効率的な公共サービスの提供や、新たな分野に おける協働事業の実施など、今後の県の協働事業のモデル的取組として実施するものです。NPO等から提案された事業提案の中から、選定された事業について,県の関係部局等から事業を提案したNPO等へ事業を委託して実施するものです。(当事業は、平成24年度限りの事業です。)

【締切】 平成24年5月2日(水曜日)午後5時まで(当日消印有効)

詳細は下記リンク先をご覧ください。

http://goo.gl/YfYjl

九州経済産業局及び九州地域環境・ リサイクル産業交流プラザでは①環境ビジネスの
創出、②ビジネスマッチング、③人脈形成を目的として、毎月第1水曜午後5時から
福岡合同庁舎(博多区)において「エコ塾」を開催しております。
「エコ塾」は、環境関連の2企業によるプレゼンテーションと、講演者を交えた立食
形式の交流会による2部構成になっております。皆様、奮ってご参加下さい!

【 開 催 日 時 】 平成24年5月9日(水)
講演会:17時00分~18時10分
交流会:18時15分~19時30分

【 開 催 場 所 】
講演会&交流会:福岡合同庁舎本館6階 九州経済産業局 第2・3会議室
アクセスマップ: http://www.kyushu.meti.go.jp/aboutmeti/access.htm

【交流会会費】 一般:500円  、学生:無料(講演会のみ出席の方は無料です)

【プログラム】

1.冒頭挨拶およびK-RIPの活動紹介         担当:K-RIP

2.K-RIPの新しいHPの活用方法について
担当:日本トータルテレマーケティング㈱熊本センター
運用第3グループ スーパーバイサー 松永創 氏

3.第1プレゼンテーション

講演者:株式会社トワード エコドライブ事業本部 本部長 友田 昭二 氏
テーマ: 『“運転を見える化”~燃費向上と事故削減を実現~』
~概要~
弊社が自社開発いたしましたローコスト小型GPS車載システム「 ECO-SAM(エコサム)」をご紹介いたします。「ECO-SAM」はドライバー個々の

運転状況を数値化(波状運転指数)し、“安全運転とエコドライブの実践度合い”を

数値で“見える化”するシステムです。
波状運転指数は特許を取得しており、「ECO-SAM」は、環境保全(燃費向上に伴う
CO2排出量削減)、事故防止(事故予備軍の早期発見)、運転品質の向上に大いに貢献
致します。これまでに160社程ご購入いただいているお客様の声として、「ドライバーの運
転意識が変わった!」、「安全運転により事故が大幅に削減できた!」、「実現!燃費
平均20%向上」等大変ご好評を頂いております。
日々、急騰する燃料費は深刻な問題です。費用対効果に優れた「ECO-SAM」にご関心
をお持ちの皆様の多数のご参加をお待ちしております。
また、ただいま「ECO-SAM」のモニター募集中です。
まずは、お試しいただいて実感してみて下さい!!

4.第2プレゼンテーション
講演者:株式会社 マリン技研 代表取締役社長 吉永 勝利 氏
テーマ:『蘇れ、美しい水!!
~水環境に優しい浄化装置「ジェットストリーマー」の紹介~』

~概要~
弊社は、長崎を拠点に水域浄化装置等の製造・販売・施工及び設置後のメンテナンス
業務を主体として事業を行っています。長年の漁撈の経験から水に対する拘りが強
くダム湖や貯水池、ため池、養殖場といった閉鎖水域の富栄養化現象(窒素、リンの
増加)に対し、「自然に逆らわず、水の習性をうまく利用した独自の技術で、水を本
来の自然の状態に戻す」いわゆる自然浄化をモットーに赤潮、アオコ、水質汚濁、悪
臭対策等に熱い情熱を燃やしています。
弊社の開発した「ジェット・ストリーマー」は、国内だけでなく、中国、韓国、台湾
東南アジア、アメリカ、メキシコ等海外においても実績があり、好評を得ています。
また、弊社は下水道のマンホール工事(地下管路)における酸欠等の事故を防止する
ための安全で効率の良い送風設備を開発し、東京都下水道局から高い支持を得ており
ます。
弊社の取り組みにご関心のある皆様の参加を心よりお持ち申し上げます。

【申込み方法】5月8日(火)〆切 (当日飛び込み参加も可)
 http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=961

◆FAXにてお申込み:URL内の申込書に必要事項をご記載の上、
FAX:092(472)6609 までお送り下さい。
◇メールにてお申込み:「会社名/ 連絡先/ 分野/ 所属/氏名 /交流会参加の有無」
を記入し下記アドレスまで。
アドレス: 

【問い合わせ先】
◆九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP) 担当者:金房、村田
TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609

◆九州経済産業局 環境対策課 担当者:久保山、鬼丸
TEL:092-482-5499





 




Default Image
2021年10月28日

九州・沖縄各県の環境政策情報(10月下旬…

令和2年8月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2021年10月28日

【11/19開催】熊本連携中枢…

熊本連携中枢都市圏は、18市町村共同で『熊本から起こす「脱炭素ドミノ」~2050年温室効果ガス排出量…
2021年10月28日

【11/19締切】大分県・国民…

大分県は、来年開催の第45回全国育樹祭の記念行事として、日田市にて表題のシンポジウムを開催します。パ…
2021年10月28日

【環境省】令和4年度概算要求時…

環境省は、令和4年度の環境保全経費の概算要求額をとりまとめ、公表しました。環境保全経費とは、政府の経…
2021年10月28日

気候変動適応計画の閣議決定及び…

環境省は、令和3年10 月22…