epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.49

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.49

2013年6月29日発行
発行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
URL:http://epo-kyushu.jp  E-mail:
協力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

※ 本メールマガジンはEPO九州と情報交換等をさせて頂いた方々に送ら
せて頂いております。
※本メールマガジンはBCCにて配信いたしております。
※今後、EPO九州からの配信が不要の方は、本メールの末尾のご案内を
お読みください。

-------------------------------------------------------------
【EPO九州より】
□6月も終わり、いよいよ夏目前!楽しいイベントが続きうれしい季節ですが、
心配なのが熱中症です。事前に情報をチェックし、予防するだけで、身体の
負担がやわらぎます。下記サイトをチェックしてみてくださいね。
環境省熱中症予防情報 http://www.wbgt.env.go.jp/

□全国の環境情報が掲載されているサイト「環境らしんばん」(http://www.geoc.jp/rashinban/)!
イベントや助成金、公募情報etc...こちらもぜひチェックしてみてください!

□仙台にオフィスがあるEPO東北では、「3.11 あの時」と題し、東日本大震災後、
環境活動に携わってきた方々へのインタビューを続けられています。このたび、
2012年度版冊子「3.11 あの時stage 2012~そしてこれから~」を発行されました。
あれから2年。九州に住む私たちが東北から学ぶことはたくさんあります。
EPO九州にも冊子を置かせていただいております。ぜひお問い合わせくださいませ。
EPO東北HP http://www.epo-tohoku.jp
「3.11あの時stage2012」PDFデータ
http://www.epo-tohoku.jp/3.11/index.html


□Facebook EPO九州ページにて情報発信中!
EPO九州のFacebookページ(http://www.facebook.com/epokyushu
では、EPO九州の日々のできごとやみなさまからのお知らせを発信
しています。


【もくじ】
■EPO九州からのご案内
□環境モデル都市 地域学び合いESDセミナーinみなまた

■九州地方環境事務所からのご案内
□「平成25年度 環境白書を読む会」(鹿児島会場)
□「生物多様性地域セミナー in 熊本」
□「九州エコフェア2013」
□【公募】平成25年度 特殊自動車における低炭素化促進事業
□【公募】平成25年度 小規模地方公共団体対策技術率先導入補助事業
□【公募】平成25年度 地域主導型再生可能エネルギー事業化検討委託業務


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□環境モデル都市 地域学びあいESDセミナーinみなまた
2014年に最終年を迎える「国連ESD(持続発展教育)の10年」。
来年は日本(愛知・岡山)で「ESD(持続発展教育)に関するユネスコ世界会議」
が開催されます。
持続可能な地域を担う人づくりに必要なこととはどんなことでしょうか?
昨年、環境教育等促進法が改正され、学校教育における環境教育の充実や
協働取組の促進が明記されたことも踏まえ、今回は、環境モデル都市・水俣
にて、学校と地域の連携事例に学びながら、みなさんと考えを深めます。
ご参加をお待ちしております!

■日時:平成25年8月2日(金) 15:00~17:00(予定)
■場所:水俣市公民館ホール(水俣市浜町二丁目10-26)
■定員:30名程度
■主催:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
■プログラム内容
○基調講演
「地域とつながるESD」北九州市立大学 法学部 教授 三宅 博之先生
○事例発表
保育園~小学校~中学校における 地域の団体との協働取組による環境教育事例発表
○ワークショップ&意見交換会
■申込み・問合せ先:環境省九州環境パートナーシップオフィスEPO九州
ご氏名・年齢・ご所属・ご連絡先等を明記の上、下記連絡先にお申込みください。
E-mail:  TEL:096-312-1884
※詳しくはメルマガ臨時号にて配信いたします。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□「平成25年度 環境白書を読む会」(鹿児島会場)
平成25年6月4日、「平成25年版環境・循環型社会・生物多様性白書」の
閣議決定がなされ、国会に提出されました。今回の白書は、「真に豊かな社会を
子供達へ ~震災復興の中でともに考える持続可能な未来~」をテーマとし、
グリーン復興などの東日本大震災からの復旧・復興の取組に加え、持続可能で
真に豊かな社会の構築のための低炭素社会・自然共生社会・循環型社会、グリ
ーン経済を目指した取組を記述しています。
環境省では、環境・循環型社会・生物多様性白書の内容について、広く国民の
皆様に知っていただくため、白書編集担当者が直接解説する「白書を読む会」を
毎年開催しており、本年も全国8カ所において開催します。
九州地域については、鹿児島市において以下の日程で開催します。(参加無料)
■日時:平成25年7月10日(水)18:00~20:00(受付開始 17:30~)
■会場:かごしま県民交流センター 大研修室 第1(東棟3F)
鹿児島県鹿児島市山下町14-50   TEL: 099-221-6640
■定員:60名(入場無料・先着順)
■議題・参加申し込みについて
 詳しくは、こちらをご覧下さい。
http://kyushu.env.go.jp/pre_2013/0614a.html



□「生物多様性地域セミナー in 熊本」
国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)と環境省は、熊本県阿蘇市に
おいて、市民、企業、NPO/NGO及び自治体の方々を対象に、「生物多様性地
域セミナー」を開催します。
■日時:平成25年7月15日(月・祝) 14:00~17:00(開場13:30)
■場所:国立阿蘇青少年交流の家 中研修室
(熊本県阿蘇市一の宮町宮地6029-1)
■主催:国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省
■共催:熊本県、阿蘇市、生物多様性自治体ネットワーク
■申込については、下記ウェブサイトをご参照下さい。
 http://undb.jp/event/seminar/20130715_pre.html



□「九州エコフェア2013」
九州エコフェアでは、産官学の連携による低炭素社会・新しいエネルギー社会の
実現を目指して、CO2排出削減の最新技術・製品をはじめ、再生エネルギーや
省エネルギーの技術、製品、サービスなどを一堂に展示・実演いたします。
九州地方環境事務所は、J-COFと共同で、以下の事例紹介等を行います。
・カーボン・オフセットについての説明(10分程度のプレゼンテーション)
・九州・沖縄地域のカーボン・オフセット取り組み事例紹介
・浮体式洋上風力発電事業(長崎県五島市)
・地域の再生可能エネルギー等を活用した自立分散型地域づくりモデル事業(長崎県五島市)
・チャレンジ25地域づくり事業(小浜温泉バイナリー発電・雲仙市/燃料電池バス・
福岡市/電気自動者等を活用した一括集約型配送システム・福岡市)
・ICTを活用した環境配慮型製品の購入促進等
また、カンファレンスとしてビジネスシヨウとの合同開催記念講演会をはじめ、多彩な
セミナーなどを同時開催し、環境ビジネスの最新情報と産業界の対応策などを
ご提供します。新しい発見が生まれる「九州エコフェア2013」を是非ご参観ください。
■日時:平成25年7月10日(水)~11日(木)10時~17時
■場所:福岡国際センター(福岡市博多区築港本町2-2)
■公式ウェブサイト http://www.noma.or.jp/show/eco_kyushu/



□【公募】平成25年度 特殊自動車における低炭素化促進事業の公募について
環境省では、平成25年度特殊自動車における低炭素化促進事業の公募を開始します。
本事業は、低炭素化・低公害化が遅れており、1台当たりのCO2排出量が多いオフロード
車について、大幅な燃料消費量の削減が見込めるハイブリッドオフロード車等を新規導入
する事業に対して支援を行うものです。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16739



□平成25年度 小規模地方公共団体対策技術率先導入補助事業の公募について
環境省では、市町村(政令指定都市、中核市、特例市及びこれらが加入する特別地方公共
団体を除く)等の施設へ先進的な低炭素技術を導入する取組に対し、必要な費用の一部を
補助する「小規模地方公共団体対策技術率先導入補助事業」を実施することとしております。
この度、平成25年度補助事業の公募を開始することとなりましたので、お知らせします。
【対象となる事業】
(1)地方公共団体向け
小規模な地方公共団体が所有する業務用施設に、先端的な再生可能エネルギー・省エネル
ギー設備を率先的に導入する取組のうち、先進性やCO2削減率、波及効果に優れた設備の
設置等に必要な費用の一部を補助します。
(2)地方公共団体の施設へシェアード・セイビングス・エスコ事業を用いて省エネ化を行う民
間事業者向け小規模な地方公共団体が、シェアード・セイビングス・エスコ事業を活用し、高
効率設備の導入により自らの施設に高いレベルでの省エネ化を行う場合に、事業を行う民間
事業者に対して、設備の導入等に必要な費用の一部を補助します。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16821



□平成25年度 地域主導型再生可能エネルギー事業化検討委託業務の公募について
環境省では、地域の特性に適した地域主導型の再生可能エネルギー導入事業の事業化計画
策定手法を確立することを目的とし、事業化計画の策定に向けた検討等を行う協議会活動を
支援することとしております。
この度、この支援対象として再生可能エネルギー導入事業の検討を行う地域の様々な関係者
(地方公共団体を含む。)が参画する協議会等を公募することとしましたのでお知らせします。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16794


----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録は、
http://www.epo-kyushu.jp/pc/content/view/13/28/
のフォーム(リンク)からどうぞ。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
配信停止・配信先変更をご希望の方はまでご連絡
下さい。
----------------------------------------------------------------

【発行】
九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-8 熊本市国際交流会館2F
http://epo-kyushu.jp
E-mail:
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

※九州環境パートナーシップオフィス EPO九州は、平成23年度環境省
請負業務に基づき、NPO法人環境ネットワークくまもと
http://www.kankuma.jp)が運営しています。


【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

Default Image
2020年07月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

令和2年7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年07月31日

環境省…

環境省による、使用済製品や有用金属等を国内で効率良く回収、リユース・リサイクルするための情報プラット…
2020年07月31日

環境省…

環境省による「気候変動×デジタル」プロジェクト検討結果が取りまとめられ公表されました。…
2020年07月31日

【8/26開催】環境省…

環境省は、「新・湯治」に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する取組を行ってい…
2020年07月31日

【後日資料公開】第13回 国立…

環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」にあたり、有識者会議が予定されています。…